What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2016/09/28

姫路城

念願だった姫路城の観光へ出かけてきました。
修復されながら現存している日本の城の中でも、とても美しい城だと思っています。
昨年に天守の大修復が終わり、こうしてだいたいの姿を拝むことができますが、別の部位を修理していました。完全な姿を見られなかったので、プラモデルでも買おうかと多少の悩み事ができました(笑)
天守へたどり着くまでは長い道のりで、姫路城を舞台にした大きな合戦はなかったのかもしれませんが、城攻めは容易でないことが想像できます。
観光客が多く、細い通路を歩いていかなければならない都合もあり、立ち止まって撮影することもままなりません。また、城だけを撮影したくても観光客が映り込みますから、ある程度のズームレンズで切りとる方が撮影しやすかったです。
135判換算50~100mmを多用しました。

当日は雨で、晴天をバックに撮影できなかったのも心残りでした。
背景が白っぽい画像ばかりで、それはとても残念。またいつか行ってみたいです。

そうそう。出かけるなら、朝早めの時間がいいと思います。朝9時からで、10時前には入場しましたが、その時の待ち時間はゼロでしたが、天守の見学を終えて降りてくると、待ち時間は1時間以上になっていました。



 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
SIGMA 18-300mmDcMacroOsHsm/Contemporary

マウントアダプタを介して、EFマウント向けレンズを装着しています。
他の観光客が映り込む関係で、画像の端の方をカットしていたりします。



2016/07/28

オナガとポケモンGO

通勤路ですが、このシーズンはオナガが営巣しているようです。
昨年は、この場所から川を渡った反対岸でオナガを見かけていたのですが、今年はより身近になりました。

近所で見られる野鳥の中では、見た目がとても好きな鳥です。
鳴き声は、シジュウカラ、ホトトギスやイソヒヨドリの方が好きです。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300
135判換算600mm相当(望遠端) , F2.8 , 1/400s


 ■ポケモンGO

この一週間はポケモンGOが話題になりましたね。早くもやや沈静化したような雰囲気も感じますが、子どもたちはまだまだ夏休みなので、友達や家族と遊ぶ方も多いでしょう。

私もダウンロード、インストールして少しだけプレイしてみましたが、もともとポケモンをよく知らないため、数匹のキャラを捕獲しただけでお休み中です。
ポケモンより野鳥の方が気になって、結局スマホからカメラに持ち直してしまうのでした(笑)



2016/05/11

鯉のぼり

新潟県加茂市にて。
加茂川の鯉のぼりを家族で。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
PANASONIC H-F008

久しぶりに魚眼を持ち出しました。
使ってみるとやはり面白いです♪



2016/04/18

驚きの白さ

ずっと前から観に行きたかった、紫雲寺愛鳥センターへ、子どもたちを連れて出かけました。
そこは、怪我や病気の野鳥を保護・治療したりもする施設です。なので、いわゆるワケ有りな鳥たちが保護飼育されています。
お目当ては、やはり自然界では生きにくい「アルビノ」の烏(ハシボソガラス)です。

子どもたちも驚いていましたが、カラスが白いというのはインパクトが大きかったです。
白というか、色素がないのでもっと透き通ったような印象でした。
目も真っ赤、クチバシも赤っぽく、やはり白い鳥というよりは、一目で分かるアルビノ感。

他には怪我をしたクマタカ、ノスリ、トビ、チョウゲンボウ、オオハクチョウ、コハクチョウ、ダイサギ、カルカモ、カモメなど、いろいろな種類の野鳥が保護されていましたが、怪我をしていないのは、このカラスだけでした。

個体によっては片翼だったり、痛々しくも感じるので、普通の動物園のような気持では観に行きづらいですが、行ってよかったと思いました。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
SIGMA 18-300mmDcMacroOsHsm/Contemporary

GH4のアップデートで追加された4Kフォト新機能を試しています。
このカラスは「フォーカスセレクト」で撮影しました。
金網の中にいるため、普通のAFでは手前の網にピントを持ってかれる事もよくあるのですが、フォーカスセレクトモードで撮影すると、手前から奥までスキャンするように撮影してくれるので、家に帰って確認してみて、厳密にピントが合っている画像が一枚もないという大惨事は避けられます(笑)



2016/03/02

ユリカモメとSIGMA18-300mmDcMacroOsHsm/Contemporary

冬には晴天の日がとても少ない、我がまち新潟市。
貴重な好天の朝には、徒歩通勤中に野鳥観察をします。
くちばしや足の色から、ユリカモメだと思います。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
SIGMA 18-300mmDcMacroOsHsm/Contemporary

KIPONのEF-MFTマウントアダプタ(AF可)を介して、EFマウント向けレンズをμ4/3ボディに装着しています。


 ■SIGMA18-300mmDcMacroOsHsm/Contemporary 

GH4に装着すると、135判換算36~600mm相当をカバーできるため、FZ300とも似た画角をカバーできます。
しかし、FZ300の様に高速かつ正確で動きものOKなAFとはいきません。
その代わりイメージセンササイズが格段に大きいので、描写的に余裕があります。

高倍率ズームレンズとしては、望遠側の画質が健闘していて、拡大表示してもそれなりにシャープさを感じます。広角側は特段感心するところはありません。
ただ、望遠側が良い高倍率ズームレンズというのは案外希少で、私の知る限り、このレンズの他にはフォーサーズのライカ銘L-RS014150しか知りません。

L-RS014150はとても佳いレンズだと思いますが、この18-300mm/CよりAFが遅く、そして重く、難儀するレンズです。なにより望遠が短いです。

野鳥を撮りたいという事を念頭に置くと、135判換算600mm相当くらい欲しいですから、そこまで便利にカバーできるレンズの選択肢はほとんどありません。

AFはそこそこの速度ですが、やはり位相差AF向けのレンズをコントラストAFで駆動している事や、そもそもボディメーカーの想定しない使用をしているわけですから、ボディからレンズまで一体で完結するFZ300の使い易さには、越えられない壁を意識させられます。

どちらも長所短所があるため、通勤に持って行くカメラは迷います(笑)



2016/01/29

初鳥撮りとカメラ・レンズ機材整理

オナガガモ
@栃木県、鬼怒グリーンパーク
今更ですが、正月に帰省していたときの画像です。

水上アスレチックが楽しいグリーンパークですが、池でボートに乗ることもできます。
ボートで餌をまくと、遠くのカモも飛び寄ってくるので、カメラを持っているとなかなか楽しいです♪

このカモはオナガガモという種類で、尾羽が長いからそういう名前だと思います。
頭がチョコレートみたいな茶色で綺麗ですね。
僕の普段の生活圏では見たことがない種類で、あとでネットで調べました。

ガチョウかな?
というわけで、今年の初鳥撮りでした♪


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300

AF速度も精度もかなりのレベルにあると感じます。加えてEVFの応答も速いため、飛翔する野鳥を追うのにも、それほど苦労しません。


 ■カメラ・レンズ機材整理 

防湿庫に入りきっていない機材がチラホラあるので、整理をしようかと考えるようになりました。
三分の一くらい売却なりをすれば、防湿庫にも余裕ができて、また機材を導入する余裕ができるかな?と見込んでいます。
そうでないと、パナの100-400mmを欲しくなっても保管場所がありません。

μ4/3のボディやレンズばかり買っているような気がするので、大きな一眼レフのシステムはレンズの本数を絞ろうと思います。
望遠ズームは、オリのED40-150mmF2.8PROがあれば十分で、それ以上の望遠は、尚更135判やAPS-C向けの大きなレンズを購入する気持ちにはなれません。
購入可能性があるとすれば、パナの100-400mmくらいです。
というわけで、広角から中望遠くらいの数本に絞ってしまおうと思います。

μ4/3については、ボディが何個もあるので、ボディを減らしたいような。でも、意外とどのボディも使用しているので、難しいです。

コンパクト・ハイズームについては、なんだかんだ台数が増えてしまったので、これも数を減らそうと思います。
RX1、DP3MerrillとFZ300だけにしようかな。

んー。あまり減らせていないかも(笑)
1台で何でもできるし、センサーサイズの壁を越えられるような魔法のカメラが欲しいです。



2016/01/05

ブログ初めと撮り初め

明けまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。
ブログはスローペースが定着しつつありますが、上手くやっていこうと思います。

画像は年末に奥只見の雪山で遊んだときに舞ってきた、雪。
本当に結晶の形で降るのかと、ツマや子どもたちと一緒に感激しました。


 ■使用カメラ等 

SONY α900/DSLR-A900
MINOLTA AF/Macro50mmF2.8


 ■撮り初め

年末年始と出かけていました。
12月29日から連休がスタートし1月3日で終わりましたが、その間ずっとです。
休みの間に持ち歩いたカメラは
  • SONY α900/DSLR-A900
  • MINOLTA AF/Macro50mmF2.8
のセットと
  • PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300
でした。
FZ300はとてもとても便利で、これだけでいいかなと思わせるカメラなのですが、135判の余裕みたいなのはなく、時々恋しくなってしまうため、ハイズームコンデジと135判に単焦点という両極端なコンビにしました。

また、α900とマクロ50mmというのは、私にとって特別な思い入れのある組み合わせなので、新年を迎えるにあたって「これで撮り初めよう」と即決まった組み合わせでした。

サイズや性能では新しいカメラの方が使いやすいと感じることが多くなりました。ライブビュー撮影もできません。それでも手にしたくなるのは、何かあるのでしょうね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...