What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2015/10/21

FZ300で手持ち夕景テストと飛翔体テスト

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300
手持ち夕景テスト
「最高♪」

撮影したのは新潟市の八千代橋という橋上からで、県庁やNEXT21というビルを狙っています。

ISO感度はベースである100はさすがに無理でしたが、400や超望遠でも800で手持ち撮影できました。この薄暗さで手持ちできる「しかも超望遠でも」というのは、かなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。
(下の県庁のアップがISO800、135判換算400mm前後で、他はISO400、135判換算85mm前後です。)
画質的にはISO感度800までいくと、多少気になりつつも個人的にはギリギリOKと判断。各種ノイズは上手く処理されている印象です。色はイマイチになってきますけど。

ISO400なら個人的には安心して使用できる範囲です。
NEXT21というビル方面の画像では、光る街灯を入れてみましたが、嫌な写り方はしてません。
高倍率ズームレンズですが、望遠端で極端に解像感が失われたりもないので、全域安心して使用できます。ただ、SH-1みたいな寄れるレンズではありません。

ちなみにこの程度の夕暮れの明るさなら、AFも素早いです。
低照度AF性能はレンズの明るさF2.8も相まって、レンズ交換式カメラを含めても高い方だと思います。

手持ちで夕景で、望遠~超望遠が普通に使える事に感激でした。
昼間とかだと考えて撮影しないと背景が真っ白くなったり、ダイナミックレンジがコンデジなりだと感じさせられますが、今回のような場面では合っている気がしました。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300


 ■飛翔体テスト

初夏に骨折してからずっとバスや自転車での通勤でしたが、今週に入り徒歩通勤を再開しました。
徒歩30~40分の3km強なので、しっかり治るまでは多少不安もありましたが、実際に歩いてみて完治を実感できました。

というわけで、通勤野鳥観察も再開。
カメラはFZ300をぶら下げていますから、いろいろ試したくもなります。
現在ちょこちょこテスト中ですが、ふいに飛んで来るのに気がついた鳥でもAFが一瞬で喰いつくので、意外に撮れます。
AF速いだけでなく、頭いいですよ!このカメラ。

まだそんなに撮影できてないので、もっとたくさん試してから改めて書きたいと思います。



2015/10/01

グアムとFZ300

グアムに行ってきました。シルバーウィークのことです。

家族旅行です。
宿泊したのはHYATT REGENCYでした。
部屋から見たプールやビーチ。
旅行した期間の天気はイマイチで、雨が多かったのですが、そのおかげで虹を見る事ができました。

グアムを訪れるのは、個人的には実に20年ぶり。
前回の事はあまりよく覚えていなかったため、どこを歩いても初めての見るようでした。

ホテルのプール周りでは、ときどき何種類かのオウムが檻から放たれていました。
躾けられていて、近づいても動じなかったです。
でもせっかく望遠撮影もできるFZ300を持って行ったのですから、わざわざめいっぱい離れて望遠端で撮影(笑)

撮影した鳥は、このオウムたちの他は日本にもいるようなスズメと、黒いニワトリみたいな鳥くらいでした。ココバードは見に行けなかったです。

グアムは本当に日本語だらけ。
でも、ちょっと惜しいですね(笑)
会話も日本語が通じる事が多いですし、それが良いのか悪いのか。

前に来たときは未成年で、お酒は飲まなかった子ども時代ですが、今回は運転しないでバスメインだったため、好きなときにお酒を飲めました♪
どこのお店もそうなのかは知りませんが、ハイアットの売店ではアサヒのスーパードライとこの青いパシフィックブルーというお酒だけが、なぜか安かったです。(日本の価格とそう変わりません。ドライ約1.8ドル、ブルー約1.2ドル)

日本のポテトチップスなどスナック類は倍かそれ以上の価格(5ドルとか)でしたが、プリングルズは約3ドルと完全に逆転。

晩酌に選んだのは、日本でも用意できそうなこれらに(笑)
ちなみにレストランでもスーパードライとか選んでしまって、思い返すと、グアムやアメリカっぽさのあるビールなど全然飲まなかった気も。もったいなかったかもしれません(笑)


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300

グアム旅行ということで、海外旅行なんてほとんど行かない私は「もう行かないかもしれないから守備範囲の広いカメラを持っていかなければ」と思い立ち、今回の主役に抜擢です。他にはRX1と防水ケース入りのIXY3をバッグに詰め込んで補完しました。


 ■FZ300

パナソニックの最新ハイズームカメラです。
試し撮りもなしにグアムに持ち込んでたくさん撮影してきましたので感想を。
  • GH4と似たようなサイズだが軽量。
  • GH4と操作系はかなり似ている。
  • GH4と同等以上のAF性能で超高速。
  • GH4と同等に感じるファインダ。
  • 望遠端までF2.8というのは本当に便利。一般的な望遠端はF5.6より暗いことがほとんどであることを考えると、二段分以上の余裕をISO感度やシャッタースピードに振り分けられる。遠慮なく望遠端まで使いきれる。(オリンパスのSH-1では望遠端では暗くなりシャッタースピードが稼げなくなるため、日中の屋外の他は難しかった。)
  • EXズームと超解像デジタルズームもそこそこ使える。
  • 手ぶれ補正も優秀。
  • レンズフードが逆さ装着で収納できる。
  • サイレントモードもあるし、サイレントモードにしなくても撮影音は静か。
要するに、GH4を普段使用している私が「GH4ならアレができるのにー!」とイライラする場面はほぼ無かったです。上では、良い感想ですが、続いてイマイチな面を。
  • 結局コンデジかと思い知らされる高感度画質、暗所画質。
  • ダイヤルがひとつなので、普段前ダイヤルに露出補正を割り当てている人には操作性で劣る。
  • バッテリは普通だが、GH4の様ないくらでも撮れる安心感は無い。(ボディが小さくないので、GH4のバッテリでも良かったのではないかと考えてしまう。)
  • GH4やFZ1000と見比べるとチープ。
総じて大満足です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...