What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2015/12/15

モンスターストライクと師走も残り半分

モンスターストライクというスマホゲームネタです。
実はチビチビ進めていました。
始めたのは、夏の「ストリートファイター」コラボのときで、単純に子どもの頃の格闘ゲームであるストリートファイターIIが懐かしかったというのもあります。
それまではモンスターストライクは全然知らないゲームでした。見事に戦略にのせられたわけですね(笑)
それでもお金はかけず(というか課金自体他のアプリでもしたことがありません。)やっています。

周りに誰もやっている人はいないため、いわゆる「ソロ」プレイだけで、攻略法も自分で考えたり、ネット検索したり、苦戦しながらプレイしてきました。

そんなこんなではありますが、やっと難関クエストのひとつ「超絶」レベルを初クリアできたのです。地味に一人で感動しちゃいました。スマホのスクリーンショット機能を初めて使うくらいに(笑)

気持ち的にはひと段落ついた感。
クリアできた超絶レベルの阿修羅に関しては、偶然の運が重なってのことなので、他の超絶レベルには挑戦できるような状況ではありません。
このゲームは意外によく考えられていると感じることも多く、テキトーにやってもクリアできるレベルから、ステージに最適なキャラクターを揃えないと難しいレベル、更には最適キャラを揃えたうえで、作戦を練って1ミスも命取りみたいなレベルまであり、遊び方に幅があることです。
それに、課金しなくても、アイテムが少しは配布されるので、やりくりして遊べることが優しいかも。

なんだかゲームの宣伝みたくなりつつあるので、ここらへんでやめときますが、要するに
「とても難しいレベルのステージがクリアできて嬉しかった。」
それだけです(笑)


 ■師走も残り半分

12月になったと思ったら、もう残り半分です。
時の流れが加速しているのではないかと錯覚するぐらい、今年はあっという間だったような気がします。
ブログも更新が少ないですが、年末までにはまだ何回か更新したいという希望があります。

そういえば、ローカルの小さな写真コンテストなのですが、応募した写真が最優秀賞に選ばれまして、賞品も頂けるそうで、思わぬ形で自分宛のクリスマスプレゼントになりました♪
子どもが写っているため詳細は書きませんが、写真撮影も続けていると、いい事もあるもんですね。
応募を勧めてくれたツマにも感謝。



2015/12/04

通勤野鳥とスターウォーズ4DX

ブログの更新が滞ってしまいました。
元気にやっております。いつの間にやら師走ですが、本当に忙しいです。
忙しいことは好きではないですが(笑)

新潟の冬の天気は晴れが少ないのですが、通勤野鳥しております。
まずはカワウです。
泳ぐ姿は、動体が魚のようにも見えます。羽根が鱗みたいな柄に見えます。

それから、通勤圏内で見ることはとても珍しいのですが、カンムリカイツブリ(冬羽)にも会えました。
見事なハンティング♪
絶滅危惧種に指定している地域もあるそうですが、新潟では鳥屋野潟で見ることもできるため、実感がないというか、超珍しい鳥ではありません。

最近市街地では見かけにくくなってきたカワラヒワは、秋葉区の公園で会えました。
久しぶりに会えてうれしかったです。

そういえば、冬に通勤で一番見かけるのはカルガモです。
なんだか和みます♪
パタパタ


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300


 ■スターウォーズ4DX

楽しみにしている映画スターウォーズの新作が、あと2週間ほどで公開されます。
今回は久しぶりに映画館で楽しみたいと考えています。

新潟の割合近所の映画館に「4DX」というスクリーンが導入されました。
正確にはスクリーンだけを指しているのではなく、動くシートや風・水などの体感型の上映方式らしいです。
スターウォーズの新作フォースの覚醒についても、対象映画となっています。
せっかくなので、4DXで観てみたい気もしますが、映像に集中できないかもしれないなんて、余計な心配もしてしまいます(笑)

12月中に観に行きたいのですが、それまでに考えておこうと思います。


2015/11/10

ウグイスとウグイス色とホーホケキョ

毎朝、娘の幼稚園への送迎をしています。
早朝保育を頼んでいるため、幼稚園に行くと、ほとんどの子たちは登園しておらず、娘は1番目か2番目です。

「今朝も1番」

と思ったら。足元で何かが動く気配。
最初「落ち葉かな?」・・・にしては鼠色っぽいから「ネズミかな?」
足元にいたため、ほとんど真上から見降ろします。
真上からだと、顔も見えず、翼も畳んでいるとほとんどまん丸で、最初は鳥だとは思えなかったのです。
よくよく見てみると、小さな鳥。
微かに緑褐色がかったのようにも感じました。
画像では横から撮っているため、鼠色というより、イメージしたウグイスの色に近く見えます。

「この色はウグイスかも」

と直感したのですが、ウグイスというと、とても警戒心が強い印象があり、春に「ホーホケキョ」の鳴き声を聴いても、姿を見つけるのが難しいため、まさか人間の足元に来るなんて思いもよりません。ウグイスは藪の中にいることが多いため、高いところにとまる鳥みたく簡単に発見できないです。

そのとき大きなカメラは持っていなかったため、携帯電話のカメラで撮ってみたのが上の画像です。
135判換算約30mm程度の画角だと思うのですが、スズメくらいの鳥を、これだけ大きく写せるほど寄っても、全く逃げる様子がありません。

私も仕事に向かわなければならなかったため、すぐその場を離れましたが、後日幼稚園の先生に聞いたところ、しばらくして何事もなかったように飛んで行ったそうです。

本当にウグイスだったのか半信半疑のまま、後になって画像の鳥を調べてみると、やはりウグイスの様でした。不思議ですね。目を開けたまま眠っていたのでしょうか(笑)

朝から良いものが見られたと、得した気持ちでした♪


 ■使用カメラ等 

SHARP 945SH/G

ケータイのカメラです。


 ■ウグイス色とホーホケキョ

上の画像を見て頂いて分かる通り、いわゆるウグイス色と、鳥のウグイスの色は別の色です。
ウグイス色は、鳥ではメジロの色に近い色です。

また、私がよく見た花札に描かれる「梅に鶯」は、ウグイス色です。
声はしても、あまり姿を見せない鳥なので、イメージの中でメジロと混じって変わっていってしまったのかもしれません。

ただ、面白いのはメジロと混同したのなら、わざわざ「梅に鶯」の眼を「赤」にしないはずだとも考えられます。メジロはその名の通り眼の周りが白いですから、メジロとウグイスを間違えたのであれば、わざわざ眼の周りを赤い色にする必要がないためです。

とすると、花札の印刷上に、色の数等制限(昔からある遊びですし)があり、単純化というかアレンジにより、鮮やかな黄緑色のような色を当てられたのかもしれません。本当のウグイスにしたって眼は赤くないですが、「メジロではない」事をアピールするための敢えての赤ということも、考えられなくもないです。

しかし、アレンジといってしまうと、メジロだったけど、遊び心で眼を赤くしてみた。と身も蓋もない答えかもしれないので、深追いはこれくらいにしておきます(笑)

ちなみに、ウグイスといえば「ホーホケキョ」の声も有名です。
主に春に聴くことができますが、今の季節は「チャッチャッ」と鳴くそうです。
私は聴いたことがないというか、聴いても分からないかもしれません。

幼稚園で見かけたときは、ずっとだんまりでした(笑)



2015/11/02

デジスコシステム紹介

そういえば、使用しているデジスコを紹介したことがなかったので、画像を貼っておきます。
とはいえ、ハイズームカメラが好きなのもあり、ほとんど出番がありません。
スコープも月の観察に使うことの方が多いかも(笑)
スコープ側から
・ソニーのスコープZOOMEYE
・デジスコドットコムの30倍アイピース
http://www.turboadapter.com/product/30xwfa.htm
・デジスコドットコムのカプラーTA4+5
http://www.turboadapter.com/product/ta4_5.htm
・37→58ステップアップリング
・パナソニックのレンズ12-32mm(H-FS12032)
・パナソニックのカメラGM1S
といった感じです。
実用になるのは135判換算1000mm強~2000mm弱です。
土台があり合わせのツギハギなので格好悪いですが、割としっかり固定できてます。しかし、軽いことが災いして、風に弱いです。
レリーズはスマホでwifiリモートしています。

ソニーのスコープはニコンのOEMなのでニコン向けのアイテムが流用できるのですが、よりデジスコに特化しているのは、コーワのスコープかな・・・と感じるようになりました。特にアイピースは羨ましく見えるアイテムが多いです。
といっても、使用頻度が高くないですし、これで楽しもうと思っています。
ちなみに私の場合、主要な物はたまたま中古品で揃いました。
スコープ約1万円(近所のハードオフ)
アイピース約1万円(ヤフオク)
新品で買ったのは、カプラー、三脚、雲台等で、コンパクトで安価なものを選んだつもりでしたが、安上がりと言っておきましょう。

冬の間に一度くらいは、飛来した白鳥をデジスコ撮影してみたいものです。
場所によっては、デジスコの必要がないくらい眼前で撮影できるのですけどね(笑)



 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300



2015/10/21

FZ300で手持ち夕景テストと飛翔体テスト

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300
手持ち夕景テスト
「最高♪」

撮影したのは新潟市の八千代橋という橋上からで、県庁やNEXT21というビルを狙っています。

ISO感度はベースである100はさすがに無理でしたが、400や超望遠でも800で手持ち撮影できました。この薄暗さで手持ちできる「しかも超望遠でも」というのは、かなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。
(下の県庁のアップがISO800、135判換算400mm前後で、他はISO400、135判換算85mm前後です。)
画質的にはISO感度800までいくと、多少気になりつつも個人的にはギリギリOKと判断。各種ノイズは上手く処理されている印象です。色はイマイチになってきますけど。

ISO400なら個人的には安心して使用できる範囲です。
NEXT21というビル方面の画像では、光る街灯を入れてみましたが、嫌な写り方はしてません。
高倍率ズームレンズですが、望遠端で極端に解像感が失われたりもないので、全域安心して使用できます。ただ、SH-1みたいな寄れるレンズではありません。

ちなみにこの程度の夕暮れの明るさなら、AFも素早いです。
低照度AF性能はレンズの明るさF2.8も相まって、レンズ交換式カメラを含めても高い方だと思います。

手持ちで夕景で、望遠~超望遠が普通に使える事に感激でした。
昼間とかだと考えて撮影しないと背景が真っ白くなったり、ダイナミックレンジがコンデジなりだと感じさせられますが、今回のような場面では合っている気がしました。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300


 ■飛翔体テスト

初夏に骨折してからずっとバスや自転車での通勤でしたが、今週に入り徒歩通勤を再開しました。
徒歩30~40分の3km強なので、しっかり治るまでは多少不安もありましたが、実際に歩いてみて完治を実感できました。

というわけで、通勤野鳥観察も再開。
カメラはFZ300をぶら下げていますから、いろいろ試したくもなります。
現在ちょこちょこテスト中ですが、ふいに飛んで来るのに気がついた鳥でもAFが一瞬で喰いつくので、意外に撮れます。
AF速いだけでなく、頭いいですよ!このカメラ。

まだそんなに撮影できてないので、もっとたくさん試してから改めて書きたいと思います。



2015/10/01

グアムとFZ300

グアムに行ってきました。シルバーウィークのことです。

家族旅行です。
宿泊したのはHYATT REGENCYでした。
部屋から見たプールやビーチ。
旅行した期間の天気はイマイチで、雨が多かったのですが、そのおかげで虹を見る事ができました。

グアムを訪れるのは、個人的には実に20年ぶり。
前回の事はあまりよく覚えていなかったため、どこを歩いても初めての見るようでした。

ホテルのプール周りでは、ときどき何種類かのオウムが檻から放たれていました。
躾けられていて、近づいても動じなかったです。
でもせっかく望遠撮影もできるFZ300を持って行ったのですから、わざわざめいっぱい離れて望遠端で撮影(笑)

撮影した鳥は、このオウムたちの他は日本にもいるようなスズメと、黒いニワトリみたいな鳥くらいでした。ココバードは見に行けなかったです。

グアムは本当に日本語だらけ。
でも、ちょっと惜しいですね(笑)
会話も日本語が通じる事が多いですし、それが良いのか悪いのか。

前に来たときは未成年で、お酒は飲まなかった子ども時代ですが、今回は運転しないでバスメインだったため、好きなときにお酒を飲めました♪
どこのお店もそうなのかは知りませんが、ハイアットの売店ではアサヒのスーパードライとこの青いパシフィックブルーというお酒だけが、なぜか安かったです。(日本の価格とそう変わりません。ドライ約1.8ドル、ブルー約1.2ドル)

日本のポテトチップスなどスナック類は倍かそれ以上の価格(5ドルとか)でしたが、プリングルズは約3ドルと完全に逆転。

晩酌に選んだのは、日本でも用意できそうなこれらに(笑)
ちなみにレストランでもスーパードライとか選んでしまって、思い返すと、グアムやアメリカっぽさのあるビールなど全然飲まなかった気も。もったいなかったかもしれません(笑)


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-FZ300

グアム旅行ということで、海外旅行なんてほとんど行かない私は「もう行かないかもしれないから守備範囲の広いカメラを持っていかなければ」と思い立ち、今回の主役に抜擢です。他にはRX1と防水ケース入りのIXY3をバッグに詰め込んで補完しました。


 ■FZ300

パナソニックの最新ハイズームカメラです。
試し撮りもなしにグアムに持ち込んでたくさん撮影してきましたので感想を。
  • GH4と似たようなサイズだが軽量。
  • GH4と操作系はかなり似ている。
  • GH4と同等以上のAF性能で超高速。
  • GH4と同等に感じるファインダ。
  • 望遠端までF2.8というのは本当に便利。一般的な望遠端はF5.6より暗いことがほとんどであることを考えると、二段分以上の余裕をISO感度やシャッタースピードに振り分けられる。遠慮なく望遠端まで使いきれる。(オリンパスのSH-1では望遠端では暗くなりシャッタースピードが稼げなくなるため、日中の屋外の他は難しかった。)
  • EXズームと超解像デジタルズームもそこそこ使える。
  • 手ぶれ補正も優秀。
  • レンズフードが逆さ装着で収納できる。
  • サイレントモードもあるし、サイレントモードにしなくても撮影音は静か。
要するに、GH4を普段使用している私が「GH4ならアレができるのにー!」とイライラする場面はほぼ無かったです。上では、良い感想ですが、続いてイマイチな面を。
  • 結局コンデジかと思い知らされる高感度画質、暗所画質。
  • ダイヤルがひとつなので、普段前ダイヤルに露出補正を割り当てている人には操作性で劣る。
  • バッテリは普通だが、GH4の様ないくらでも撮れる安心感は無い。(ボディが小さくないので、GH4のバッテリでも良かったのではないかと考えてしまう。)
  • GH4やFZ1000と見比べるとチープ。
総じて大満足です。



2015/09/16

運動会撮影とFZ300

最近更新頻度が著しく低くなっております。
仕事の量が増えてしまって、ペースが乱れているのが一番の原因と思われます。
単純に量が増えただけでなく、仕事の種類が増えたので並行作業が多く、まだ慣れないせいか効率的にこなせなくてイマイチです。

ところで、先日の運動会の撮影は、自分で言うのもなんですがバッチリでした。
さすがに何度も実践を重ねてきて、機材・テクニック共に心配の無い状態になっています。ですが、ハラハラしないのも面白みがないなとも、同時に感じたりします(笑)

親子競技を娘と一緒に参加しましたが、順位なんてそっちのけといった様子で、ずっとニコニコしながらマイペースに動く娘の姿に、いつの間にか私もゆったりペースになってました。
順位は最後から数えた方が早かったかもしれませんが、最初はやるからには勝ちたいと思っていた気持ちも、ゴールするころには忘れていました(笑)
画像は無関係ですが、浜辺で見かけたイソヒヨドリのメス。
運動会の画像は、どうしてもいろんな顔が写ってしまいがちなのでやめておきます。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1



 ■FZ300

パナソニックから9月17日に発売予定の新しいハイズームカメラ。
FZ200の流れを引き継ぐカメラです。
レンズとイメージセンサはおそらくFZ200のときとほぼ同じで、もしかするとコーティングや駆動系には改良があるかもしれませんが、現段階では不明です。

FZ200のレンズとイメージセンサをFZ1000に合体させたような雰囲気で、クアッドコア、DFDや4Kフォトなど、FZ200のときとは別物になっています。
防塵防滴、タッチパッド等も奢られ、出し惜しみなしな感じです。
GH4とFZ1000からして、このFZ300のAFも期待してしまいます。

それから、135判換算25-600mmでF2.8通しのレンズですが、純正で1.7倍テレコン(FZ200共通)も用意され、およそ1000mmをカバーします。ちなみに、FZ1000やG3Xもフィルタねじ込みでテレコンを装着できないことはないですが、レンズ先端がヘビーで負担をかけそうなので、純正オプションとして有るのとは安心感が違いますね。
正直、600mmは鳥を撮るには足りないですが、1000mmというと印象がかなり変わります。さらにデジタルテレコンやデジタルズームが多少は我慢できるとすれば、2000mmとは言わずとも1400-1500mmくらいを実用できるかもしれません。

このブログ記事を書いている時点では、発売は明日ですので、さっそく触りに行ってみたいと考えています。



2015/09/11

カメラパパの勝負の日と運動会カメラ

首を長くして待った。
明日はカメラパパの勝負の日。

画像は水と土の芸術祭の作品です。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1


 ■運動会カメラ

明日は幼稚園に通う娘の運動会です。
近所の中学校の体育館を借りての開催です。
室内運動会はいつも撮影が大変な印象しかありません。毎年雨か曇りというのもありますし、室内ですから、とにかくシャッタースピードとISO感度のトレードに気を使わなければならないからです。
それでもここ最近のカメラは、ISO感度を上げてもノイズが目立ちにくくなってきていますから、楽になったはずです。

今回使用予定なのは
  • PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
  • OLYMPUS M.ZuikoDigital/ED40-150mmF2.8PRO
を軸に、主にムービー用でスチルのサブ兼ねて

  • OLYMPUS OM-D/E-M5
  • OLYMPUS M.ZuikoDigital/ED12-50mmF3.5-6.3EZ
  • PANASONIC H-PS45175

を持ち出そうかと考えています。ムービーはSH1でもいいかもしれませんが。
GH4とPROレンズの組み合わせは、AF追従性能にも十分な信頼をおいているので、安心してメインを任せられます。



2015/09/04

まちなかアウトドアとVelvet56

信濃川で遊びました。
誰かがドローンを飛ばしてましたよ。
新潟では珍しいので、ついつい目で追いかけてしまいます。

信濃川でカヌー。
まちなかアウトドアというイベントで、カヌー体験できました。
ツマは小学1年生長男と、私は幼稚園年中の娘と二人乗り。
どちらかというとインドアな家族なので、もちろん初体験でしたが、意外に上手にできたかと(笑)

信濃川の上からだと、いつも見慣れた風景も少し違って見えました。
怖がりな娘も、川へ漕ぎだしてみるととても気持ちよくリラックスした様子で安心。また乗りたいと言ってくれたので、楽しい思い出になったようです♪


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1


 ■Velvet56

トキナーレンズ秋冬キャンペーンです。
トキナーレンズだけでなく、レンズベビーブランドのVelvet56も対象とされています。

実はこのレンズ、発表されたときからずっと気になっていたレンズでした。
キャンペーンの双眼鏡プレゼントも、バードウォッチング用に欲しいと考えていたため、ちょうど良いです。その双眼鏡も店頭で試用させてもらうと、明るくて広い視野でとても好印象でした。売価で1万円前後だそうです。
レンズもα900で試させてもらった印象では、光学式ファインダでもピントが掴みやすく、フォーカスリングの回転角も広く、適度なトルクで回せるため操作しやすいです。ただ、高級感のある仕上げや操作タッチではないですね。
上の画像は最短撮影距離付近、絞り開放F1.6での撮影です。ここまで絞りを開けると結露したレンズかの様に写ります。スペック上ハーフマクロだそうです。
実際試した感覚としては、F2.8からF4の間くらいがメリハリがあって好きそうでした。F2.8より開けるとかなりファンタジックで使いどころが難しそう。でも楽しいです♪

気に入らないのが、少し凝った作りの被せ式メタルキャップです。落としそうなので、購入なら一緒に別のキャップが必要かなと思います。ちなみに、レンズフード・レンズポーチ等は付属してません。ミラーレス向けのはレンズフードが付属しているそうです。
α900に装着して様子を見ましたが、ねじ込みのフードをつけても、ロングフードでない限りケラレなそうです。フードも欲しいところ。



2015/08/26

我が家のひまわりとE-M10MarkII

我が家のひまわり。
撮影したのは少し前になります。

ひまわりのしべといいますか、種になるところをジーっと見ていると、なんだかいろんな図形が浮かんできます。不思議。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1

SH-1にはスーパーマクロモードというのがあります。そういったモードが搭載されたカメラは他にもありますね。ただSH-1が他と違い少し珍しいのがスーパーマクロモードでの画角です。広角端で1cm前後まで寄れるというのが多い中で、このカメラは中望遠(135判換算約70mm相当)で3cm前後まで寄れます。個人的には広角端でギリギリに寄るより使いやすいです。
ちなみに、スーパーマクロモードにしなくても望遠端(135判換算600mm相当)で40cmまで寄れるのも強みです。


 ■E-M10MarkII 

オリンパスからE-M10MarkIIが発表されました。9月4日には発売です。
プレミア会員がオリンパスオンラインでクーポンとポイントを活用して買おうとすると、ボディで5.5万円程度で買えてしまいます。

内容は、現行のE-M10から全面的に性能の大幅底上げです。上位機種にもない機能が備わっている部分があります。(上位機種にはファームアップ対応があるといいですね。)

また、背面ディスプレイがチルトです。E-M5IIではバリアングル化してましたが、こちらはチルトを継続。個人的にはE-M5IIもチルトだと本当に良かったのですが。
というのも、E-M5IIの購入を検討していた時期がありまして、店頭で何回も触らせていただいたりもしていました。最終的に購入の障壁になったのは、ムービー撮影で外部マイク入力端子を使用しようとするとバリアングルが開けなくなる構造だった事によります。
そのため「バリアングルは嫌いじゃないけど、これならチルトだったら・・・」と諦めたのです。
今回のE-M10IIは「これは!」と一瞬舞いあがったのですが、外部マイク入力端子自体がないのです。エントリーの位置づけですしね(苦笑)

なかなか自分勝手な理想通りにはいかないものですね。



2015/08/14

神戸どうぶつ王国の続きとKIPONアダプタEF-MFT AFファームアップ

ブログのペース遅かった分、神戸どうぶつ王国の画像を一気に大量放出です。

ハシビロコウ
ある意味この神戸どうぶつ王国の顔的存在かもしれません。
大きさで言えばモモイロペリカンの方が大きいかもしれませんが、ハシビロコウもなかなか巨大。
なによりこの顔の迫力が大きく見せますね。

正面顔が撮りたくて、ずっと狙ってました(笑)
車いすでは、ハシビロコウのエリアには入りにくく、エリアの外からネット越しに撮影。息子は近くに行って見てきていました。
ちょっと強面ですが、とてもゆったり動くし気性は荒くなさそうでした。
どうやって飛ぶのか、翼を広げる姿は一度も見られませんでしたので、機会があれば見てみたいです。

モモイロペリカン
とにかくでかいですね。
たまに飛ぶのですが、羽ばたきの音がヒュンヒュン聴こえます。
そして着水もズザーと大迫力

このペリカンがいるゾーンは、ハウスではなく蚊帳みたくネットのテント状になっていて、開放感のある場所でした。
他にもいろいろな種類の鳥たちがいますよ。
アフラックの黒い白鳥って実在する鳥だったのですね。それも驚きました。

コクチョウ(黒鳥)
アフラックのブラックスワンでおなじみですね。
上述の通り私は黒い白鳥(?)が実在するとは知りませんでした。てっきりCMのためのキャラだと。

余談ですが、SH-1ではAFで全然ピントが合わないのです。
この画像も後ろにピントが行ってます。
ちょっと難しい被写体かもしれませんね。
この黒鳥は1枚もピントが来てなかったので、本当に撮り直したいです(苦笑)

続いての熱帯ゾーンはとにかく賑やか。いや騒々しい。
この派手な鳥たちは、色の自己主張も激しいですが、声の主張も激しいですね!
こんな鳥たちが放し飼いされていて目の前をバサバサ横切りまくりなんです。ちょっと驚きました。
日本じゃないところにいるみたいです。

オニオオハシ
黒にオレンジの大きなくちばしの、なんとなくどこかで見たことのある熱帯の鳥の代表ですね。

シロムネオオハシ
2Pカラーの様です(笑)
オオハシというのは大きなくちばしの事なのかな?

ニシムラサキエボシドリ
エボシみたいに上にはねたくちばしだからかな?

ここにはもっといろいろいましたが、人もとても多く人気のゾーンなのかもしれません。
私はこのとき、車いすレンタルしていたので動きにくくて早めに通り抜けました。もっと見ていたかったです。

カピバラ
そうそう、足元ではカピバラも大人気でした。
普通に歩いてましたよ(笑)

実を言うと、私はそれ程可愛いと感じない動物です。
近くにいたビーバーの方がいいな♪
なんていうか、カピバラは顔の圧を感じますね(笑)

ナマケモノ
最近、個人的には働き過ぎなので怠け者になりたい。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1

神戸どうぶつ王国は、多くの建物の屋根が透き通ったハウスのような作りで、全体的に明るい場所でした。そのため、カメラには比較的やさしい条件で撮影が楽しめます。
SH-1のようなコンデジでも、まずまずな結果だったと思います。もしまた来ることができるなら、今度は大きなカメラで妥協なく撮影してみたいものです。


 ■KIPONアダプタEF-MFT AFファームアップ

【デジカメウォッチ】
「KIPON EF-MFT AF」に最新ファームウェア
歪曲収差補正などの対応 AF可能なEF→m4/3マウントアダプター

>なお、Ver.2.4にアップデートすると、Ver.2.2以下には戻せなくなる。注意したいのは、Ver.2.1での動作確認済みレンズリストに記載されているレンズのうち、動作しなくなるものがあるという点。アップデートは、読者各自の判断で行って欲しい。

怖くてファームアップできません(笑)



2015/08/13

神戸港とISOオート低速限界設定

神戸旅行記をどんどん進めましょう♪
神戸どうぶつ王国に出かけた日は、午後から神戸港ハーバーランドの方へと足を伸ばしました。

このときは、私と息子の二人旅となりましたが、娘抜きで二人だけの時間を過ごしたことが全然ないことに気づきました。
男同士の旅(といっても散歩程度)なんてちょっと特別な感じがして、松葉づえが頼りの足も軽く感じました。

さて、神戸港というのはとても大きい港です。
ポートタワーから撮影。
私の住む新潟にも港がありますが、雰囲気が全然違います。
潜水艦や他の自衛隊艦など、大人の私も見たことないものがたくさんあります。
観覧車から撮影。
観覧車を降りた後、近くまで行って「早く沈まないかなー?」としばらく見つめていましたが、メンテナンスをしている様子でした。
潜るシーンも見てみたかったです。

船や潜水艦がこんなにあるのは何故?
と思ったら、神戸ハーバーランドにはカワサキワールドがありました。ということは川崎重工ということだったのでしょうか。
私は兵器やら軍事については無知ですが、単純に大きな金属の塊には惹きつけられるものがあります♪

潜水艦救難母艦「ちよだ」
あたりを見渡すと遊覧船や貨物船とは明らかに違う雰囲気の船が。
拡大して見ると「ちよだ」の文字。

ネットで検索してみると、潜水艦救難母艦として紹介されていました。
潜水艦の母艦でもあり、深海救難艇を内包しており、沈没した潜水艦の救助もできるとか。先程の潜水艦とのセット運用がなされているのかな?とか想像しました。

遊覧船に乗ると、さらにいろいろな角度から近くで見る事ができたのでしょうね。
このときは時間的にも体力的にも限界だったので、次回があればぜひ遊覧船に乗ってみたいです。
それとヘリで神戸港を回る事が出来たみたいなのですが、あれはたまたまだったのか、それともいつもやっているのだったら、ヘリも乗ってみたかったです。

護衛艦「いせ」
これはポートタワー周辺ではなく、モノレールに乗ってホテルに帰る途中に見かけました。
この角度では見えませんが、ヘリが搭載されていて、小型の空母といいますかヘリ空母といった感じでした。

とてもカクカク四角い船で、無知な私はデザインを見て「古い船?」と考えてしまいましたが、とても新しい方の船らしく、きっと理由があっての形状なのでしょう。

モノレール走行中にちらっと見えるだけなので、いろいろな角度から見ることはできないまま通りすぎました。
日本の大きな港といえば横浜もありますが、横浜は買い物や遊びしか行ったことないです。港をよく見てみれば神戸のような発見があるのかな?

神戸港を見て回るだけでも楽しかったですし、息子と二人だけで行けたので、とても印象に残る楽しい時間でした。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1

やはり135判換算600mm相当まであると、撮れるものがグンと増える気がしますね。
自分が足を怪我しているというのもありますが、こういう海上の物理的に近づけないものを観察する目的でもとても役立ちました。


 ■ISOオート低速限界設定

遂にソニーのカメラでも可能になったのですね。
RX10II、RX100IV及びα7RIIで可能なようです。
今更ないと思いますが、α900にファームアップで追加してほしいです(笑)

この機能がないカメラばかり使用してきましたが、その代わりにシーンモードのスポーツを使用していました。
私の所持するカメラでは、オリンパスの場合1/500sの低速限界、ソニーの場合1/2000sの低速限界に近い動作をします。しかしながら、そこは自分で任意に設定したいところです。
1/500sでは、走ったり球を投げたり鳥が羽ばたいたりを止められません。だからと言って1/2000sだと画質を犠牲にしすぎてしまうケースもありますし。
いつもはスポーツモードで数枚撮って設定の落とし所が見えてきたら、MかSモードで撮影するようにしてました。

今回の低速限界設定が可能になった進化は、個人的には今後のソニー製カメラを楽しみにさせる大きな要因になりました♪



2015/08/12

フクロウズ

またまた神戸旅行、神戸どうぶつ王国の画像へと戻ってまいりました(笑)

今回はフクロウです。
ところで、フクロウとミミズクの違いはご存知でしょうか。
どちらもフクロウ目フクロウ科で、生物学上では同じ種別だそうです。
一般的には羽角(耳羽)があるものをミミズク、無いものをフクロウと呼ぶことが多いそうですが、例外もあるそうです。
というわけで、耳のような羽根がある一番上の画像の鳥は「ケープワシミミズク」、二番目の画像は「メンフクロウ」です。
このフクロウたちもオープンに飛行訓練(兼餌タイム)したりしますが、他の猛禽類も飛行訓練をしていますよ。
ハリスホークが眼前ぎりぎりを!
このとき私は車いすだったため、スタッフさんがサービスで近くを飛ばしてくれたのかなと思っています。
風を感じるほど近かったため、多少「おおー」と低いビビり声を出してしまったかもしれません(笑)


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1



2015/08/10

新潟まつり花火大会とリモコンアプリ

神戸旅行の画像もアップし終わらないままに、次から次へとお出かけしております。
そのかわり平日がいつになく忙しくペースが乱れております。

画像は毎年恒例ですが、新潟まつりの花火を観に行ったため、記録として。
カメラにかじりついて撮影しているより、家族と話しながら食べながら花火を眺めている方が楽しいので、今年はスマホのリモコンアプリを利用してポチポチ撮影していました。

枝豆とビール(ノンアル)で満足でした。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
PANASONIC H-X015
10秒 , F16 , ISO200


 ■リモコンアプリ 

GH4やSH-1等ではそれぞれメーカー純正のリモコン等アプリが用意されています。
カメラでできるだいたいのことができますから、なかなか多機能です。
難を挙げるとすれば、ハードボタンではなくディスプレイタッチなので、スマホを見ながら撮影ボタンをタッチしないと空振りしそうなことでしょうか。

それから、GH4での花火撮影をずっとそれで続けましたが、多重露出はリモコンではできませんでした。対応されるといいなと思っています。



2015/08/03

ブルームーンとiPad mini2

神戸旅行記を一時中断しまして、先日7月31日のブルームーンについての記事です。
そもそもブルームーンとは。
ひと月に満月が二回みられるときの、二回目の満月をブルームーンと呼ぶそうです。
青く光るわけではありませんが、ひと月に二回というのが少しラッキーと思えるかもしれません。

私の住む所からもよく見えましたので、せっかくですから撮影も兼ね家族と観察しました。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC DMC-GM1S
PANASONIC H-FS12032
SONY ZoomEye/VCL-FS2K(スコープ)
DEGISCO.COM TurboAdapter/30XWFA(30倍アイピース)
135判換算1920mm相当

骨折の少し前に中古の望遠鏡VCL-FS2Kを購入していました。これはニコンのEDIIIという望遠鏡のOEM製品で色違いの同等品です。
骨折治療中は重い機材での撮影はできませんでしたが、ヤフーオークションなどで安価になったデジスコシステムのパーツを少しずつ集め、三脚雲台も新調し、骨折も治療が進みやっと日常生活を支障なく送れるようになってきたタイミングで、ブルームーンでした。

このH-FS12032という12-32mmのズームレンズと30XWFA(30倍アイピース)を使用したデジスコでは、およそ1000-1920mmの範囲でケラレなく撮影できます。
デジスコとしては物足りない望遠画角かもしれませんが、そこからEXテレコン(トリミング)ができる余裕があるので、個人的には3000mmオーバーも実用範囲と思っています。

普通に2000mmまで撮影できてしまうニコンP900というカメラがありますが、ISO感度を上げるとどうも弱そうというのもあり、その点ではマイクロフォーサーズカメラを使用したデジスコの方が有利そうと考えています。
まだ鳥の観察に持ち出していないので、ケガの回復を見て計画しようと思っています。


 ■iPad mini2

今更ながら買ってきました。mini3が発売して久しい旧製品であります。
つい先日まで使用していたSonyTabletPが突然お亡くなりになってから、ポラロイドPiguで急場をしのいでおりました。
別にこれでもいいと割り切れる事も多いですが、主に2点使い物にならない場面があり、iPad mini2を買い増したわけです。

①Piguでは電子書籍を読むのが厳しい。
テキスト書籍はまだいいです。雑誌やコミックスは文字が読めたものではありません。いちいち拡大して読むくらいで、いい加減嫌になりました。

②カメラが最低。
ポラロイドというブランドながら、こんなカメラ!?と驚けます。
私のはアプリの調子が悪いのか元からこんなのなのか、AFできません。
そして、そんなことより意外なほど不便なのがQRコードが読めないことです。よほど明るい場所で大きめなQRコードなら読める事もありますが、本当にイライラします。

以上のような2点を補うために、電子書籍の読みやすそうなサイズのminiを選びました。たぶんカメラもPiguに劣るなんて事はないでしょう。

ちなみにお店によっては、mini・mini2(retina)・mini3が全て並んでいましたが、いろいろ比較して3は2に対して指紋認証の追加など小変更だったため価格差を考えてやめました。(その差額分は電子書籍買いたいし。)
2と初代はretinaディスプレイやプロセッサなど大幅変更があったのですが、現在の価格差は5000円。正直なところ初代の方で十分かと考えていて、そっちでいいかなと半ば決めていたのですが、買いに行った店には在庫がなく、別の店に戻るのも面倒だったりしたので、その場で2に変更したのでした。

ちなみに色はスペースグレイ、容量16GBです。
ケース(カバー)や保護シートはこれから調べて何か見繕おうと考え中です。

そういえば、私物としては初のiOS製品です。
もちろん用途としてはアンドロイドタブレットでもよかったのですが、そちらはもう何台も使ってきたので、新鮮味がないなと感じていて、今回は最初からiPadと決めていたため、買うまでが早かったです♪
iPadはツマの実家にあるのですが、ちょっと大きく重いのでminiにしたのでした。

【追記】
悲しいときー
(悲しいときー)

スペースグレイのカラーを買ったつもりが、開封したらシルバーだったときー
(スペースグレイのカラーを買ったつもりが、開封したらシルバーだったときー)

交換しに行くか迷いましたが、すぐ遊びたいという気持ちもあったため、交換をあきらめ使い始めました・・・。
どうせケースを装着したら見えない。そう自分を納得させてます。
ちなみに家族はそのシルバー白のカラーの方がいいと言っているのが救いです。



2015/07/28

子ヤギとハクトウワシとE-M5の暗部ディティール

神戸どうぶつ王国にはその名の通り、鳥以外にも動物がたくさんいます。
子ヤギでしょうか?
息子は「イヌ?イヌ?」と聞いてきました(笑)
確かにサイズは中型の犬くらいでしたが、息子が見たことのあるヤギはもっとずっと大きな大人のヤギだったために、すぐには結び付かなかったのでしょうね。

それからハクトウワシ。
その名の通り、白桃が主食のワシである。
というのは冗談ですが、若いうちは全身が茶色いらしいです。
成長に従い頭が白く。というわけで白頭

アメリカ合衆国の国鳥で、国章にも描かれていることでおなじみです。
そういうわけで、アメリカブランドの製品なんかにも登場する機会も多いですね。
首を動かしていただけでしたので、翼を広げる姿を見ることはできませんでした。機会があればそういう姿も見てみたいものです。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
OLYMPUS M.ZuikoDigital/25mmF1.8

神戸旅行では9割以上SH-1を使って撮影しましたが、バッグの中に一応E-M5を忍ばせておきました。


 ■E-M5の暗部ディティール

E-M5はRAWをRAW現像ソフトで展開すると分かるのですが、ハイライトを飛ばさないように露出アンダー撮影する傾向がとても強く、カメラ内現像で明るさを上げて見やすい明るさに表示しています。
それでハイライトは良いのですが、このハクトウワシのような暗い色の羽根はディティールあまり残っていません。(拡大しないと分かりにくいですが。)

今回その傾向をうっかり失念していました。
露出ブラケットなどして何パターンか撮っておけば、後から観賞するときにもっと楽しめたのにと思ったのでした。



2015/07/22

神戸旅行とBIRDER8月号

7月の連休は、神戸に家族旅行でした。
新潟空港から大阪国際(伊丹)空港へ飛び、モノレールや電車等を乗り継ぎ、ホテルはポートピアホテルに宿泊しました。
ホテルを拠点に初めての神戸を遊びつくしたい気持ちでいっぱいではありましたが、私自身が足の骨折で松葉づえ状態であったため候補を絞って、とりあえずここだけは外せないという場所だけは這ってでも行こうと(笑)
鳥たちの画像は神戸どうぶつ王国です。
タイムリーにこちらのブログ(panoramaheadの蔵さん)を見ていたため、どうしても行きたかった場所です。
一番上の画像は、神戸といえば最初に思い当ったポートタワーそしてハーバーランドです。
数回に分けてブログを書こうと思います。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS STYLUS/SH-1

全ての画像がSH-1です。松葉づえや車いすでは、大きなカメラは無理でした。
歳をとったり体が不自由になったら、私の場合大きいカメラなんて使わなくなってしまうのだろうな…と身にしみた旅行となりました(苦笑)
SH-1は今回の私にぴったりのカメラだったと確信してます。
いや、本当は同じく600mmまでカバーするキヤノンのG3Xも気になるのですけど(笑)


 ■BIRDER8月号

普段雑誌などほとんど買わないのですが、BIRDER8月号がとても気になっています。

近所の書店には置いてないので、ネット通販か取り寄せをお願いしに行こうと思っています。
電子書籍版も取扱しているところがあるのですが、私が主に利用するAmazonのKindleが対応していないのが歯がゆいところです。
どの本がどのアプリとか覚えきれないので、できれば一本に絞りたいのですが難しいです。

気になる内容は羽毛の恐竜です♪



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...