What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/03/31

E7系新幹線

軽井沢に出かけたので、せっかくですから、新潟市では普段見ることのできないE7系新幹線を見てみようと思い、息子と軽井沢駅の廊下の窓から待ちました。
滞在時間で見ることができるチャンスは一度きり、しかも通過列車だけでしたので、残念ながら、じっくり見ることができませんでした。
上り列車ということで、ある程度狙いを定めて待っていたのですが、画像左の線路ではなくて、屋根に隠れた右側の線路で少ししか見えなく、更にあいにくの雨のため、ガラスが濡れてボヤボヤになってしまいました。 残念。

青と金帯でゴージャスなカラーですね♪

とりあえず、息子と「見ることができて良かったね」と(笑)


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
PANASONIC L-RS014150
150mm(135判換算300mm)、1/800s、ISO1600
両端をカットして正方形


 ■消費税の増税

明日からいよいよ8%ということで、本日駆け込みで買うものはあるかな?と考え中です。
階段と風呂場の照明が、ちょうど切れたので、それくらいかもしれません。

価格表示が税別表示になると、慣れるまで最初は暗算が面倒そうな気がしますね。



2014/03/28

ビッ狩りマンとまたGH4

またもや、ビックリマンコラボ商品です。
今回はモンスターハンター・・・。
 すみません。全く分かりません(笑)
イラストはビックリマンらしい雰囲気で、これがビックリマンの新段だと言われれば、そう信じそうなものです。

画像では分かりにくいですが、全てプリズム(キラキラ)シールですよ。


 ■使用カメラ等 

CANON EOSM
CANON EF-M22mmF2STM


 ■またGH4の話

GH4ですが、カタログも店頭に並んでいました。
カタログの開いた最初の見開きページには、フラミンゴの群れの画像です。

なんと、4Kムービーから切り出した画像とのこと。
やはり、私みたいにムービーからスチルを切り出す時代の始まりなのでは?と期待しているのは、決して少数ではないのではないのかもしれませんね。
その画像は、見開きなので大きめですが、ちょうど限界を感じそうなサイズ感なのがいいですね。よく見ると、細部はイマイチに感じるので、プリントするなら2Lくらいまでかな?とか想像できました。
つまり、普通のLプリントなら、実用できそうに感じるのです。

それから、GH4のムービーというと4Kという解像度ばかりに目が行ってしまっていたのですが、4Kの副産物というべきか、ビットレートが最高200Mbpsと大幅に上がっていることに、今更気がつきました。何が良いかというと、フルHDムービーでも更に高画質になるのではないかと考えます。

4Kについては、正直現在の我が家では持て余しますが、とりあえずはフルHDで楽しんでも、想像以上に大きな進化が感じられるかもしれません。

GH3は確かにキャッシュバックで安くなって魅力的なのですが、調べれば調べるほど、GH4との差が決して小さくないことが分かり、惑わされます(笑)

ちなみに、ビットレートに関しては、私が現在使用しているオリンパスOM-D/E-M5については、フルHD30pで、20Mbps程度。またエンコードエラーが多い(悪いことです)のも特徴です。オリンパスはまだまだムービーは弱いといわれても仕方ありません。ただし、強力な手ぶれ補正(ムービーでは3軸)のおかげで、ハンディカムのように使えるという強みもあるのですが。
E-M5でムービーから切り出した画像は、丁寧に補正をしないと使いにくかったです。
また、GH3においてはビットレート72Mbpsです。それで十分な用途もたくさんあるでしょうけど・・・はたして。



2014/03/27

船橋ソースラーメンとGH4

最近コンビニで見かけて、気になっていた船橋ソースラーメンです。
「揚げ物と一緒に食べるとより旨いなっしー!!」
と書かれているので、ハムカツを探したのですが、コンビニ3軒ハシゴしても見つからず、コロッケを投入することにしました(笑)
コロッケそばとか、どこかの地方ではあるらしいので、たぶん大丈夫ですよね!?
 船橋では有名な食べ物かと思っていたのですが、調べたところ、船橋でもソースラーメンを出す店は、それほどないらしいです(笑)

というわけで、出来上がりました。
う・・・コロッケしか見えない・・・。

味は、意外と(と言ったら失礼なのか?)普通というか、不思議と違和感が少なく、ラーメンとして美味しく食べられました。
ぺヤングやきそばの味を、優しくしたような雰囲気もあります。

そして、やはりソースなので、コロッケにも合います!
是非次はハムカツバージョンで食べてみたいです。


 ■使用カメラ等 

CANON EOSM
CANON EF-M22mmF2STM


 ■GH4とGH3

国内でのパナソニックGH4の発売日がアナウンスされ、販売価格なども続々と判明してきています。4月24日発売とのことで、思ったほど遅くならずよかったというのが、とりあえずの感想です。
価格についても、内容を考えると、適正に感じる範囲内です。

また、同時にキャンペーンも実施されまして、予備バッテリと、4Kムービーの記録にも問題ない32GBのSDカードがもらえるようです。
さらに、GH3とGX7については、キャッシュバックキャンペーンがスタートします。なんと、GH3は3万円です!

GH4はGH3の上位機種という位置づけになり、当面併売予定だそうです。(GH2のときもそんな感じでしたっけ?)
キャッシュバックを適用すると、価格差はおよそ10万円も開きます。
GH4が高いと見るか、GH3が安いと見るかだったら、個人的にはGH3が安いと見えます。

10万円の価格差について、考えてみました。(私の用途内ですので、拡張ユニットの話などは抜きです。)
  • 4Kムービー
  • DFDという新技術の高速コントラストAF
  • 全方位の細かいブラッシュアップ
が、主だったところです。

DFDの新AFについては、パナソニックのレンズ限定など制限も多く、フォーサーズレンズは対象外かもしれないので、それほど恩恵がないのではないかと思い始めています。技術的にはα7やα7RのコントラストAFに近いものかもしれないという噂もあり、速いとはいえ、期待しすぎも禁物かもしれません。
というか、α6000のAFを見てしまうと、あれに敵うAFは無理なのではないか?とさえ思えてしまいました。すごいですからね。
だったら、AF性能については、価格差でα6000を買ってもお釣りがきます。

というわけで、私にとってのGH4の魅力は4Kムービーとブラッシュアップに絞られてきてしまいました。ブラッシュアップについては、ある意味普通だとも考えられますので、4Kムービーがなかったら、オリンパスE-M1と同価格帯くらいが、競争力ある価格だと思います。
とすると、4Kムービーの付加価値に5万円くらいと考えてみるのも一案としてありだと思います。

しかし、ここで大問題が。
おそらく、うちのPCでは4Kムービーがまともに動かせません。テレビがフルHDなので、ムービーのまま見ようとかは、現状思わなくて、スチルを切り出すために…という目的では、無駄も大きいですね。

そこら辺を考慮してか、GH4はムービーをカメラ内再生して、一時停止してカットを決めたら、そこをスチルとして切り出すことが、簡単にできるようになっています。
とはいえ、カメラだけですべてやるのも面倒そうですし、4Kムービーは保存容量も大きいので、PCの強化も避けられなくなります。

単純に「このカメラいいなぁ」では、買いにくいカメラだと思います。
なかなか難しいですね。



2014/03/25

宇都宮タワー

宇都宮市にある宇都宮タワーです。
ミニ東京タワーといえる様な姿かもしれません。
私が子どものころから、変わらぬ姿です。ということは、綺麗にしながら維持しているのでしょうね。

周りの公園は、遊具などが最近更新されたのか、綺麗で楽しそう。当然遊びに来る子どもたちも多く、賑わっていました。

私も、息子と一緒に二人乗りゴーカートを運転しましたが、峠道かと思うような、アップダウンやカーブがあり、難易度が高く面白かったです。
子どもたちも気に入ったので、また行くことになるでしょう(笑)


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
PANASONIC L-RS014150
Google+フォトの「ドラマ」エフェクト

E-M5付属フラッシュ使用で、子どもに盛大なレンズ影がでました。少し大きめなフラッシュか、ワイヤレスフラッシュがあるといいなと思いました。
ドラマエフェクトは、私の場合、空の雲を強調したいときに、よく使用するエフェクトです。空にメリハリがつくというか。あとは雪の景色でも楽しいです。


 ■車検

我が家の車は、日産のE51(先代)エルグランドです。5年前に新車で我が家に来たため、2回目の車検です。

車検のお店にお任せしていますが、今回の状態説明を聞いて、特に悪いところはなく、まだ安心して乗り続けられそうです。

悪いところはないですが、消耗するものは交換です。オイル類や冷却水など、そしてブレーキです。ブレーキはパッドだけ交換で、ローターは研磨をお願いしました。

5年間65000km以上の走行ですが、普段通勤は自転車なので、それほど距離は乗っているわけではないと思います。ただ、2トンの重量がある車なので、ブレーキは減りますね。
5年でパッド交換は一般的だと言われました。

ノーマル・スタッドレスのタイヤもバッテリも、1回更新しています。こうしていろんなところを交換し始めると、いよいよ車の状態に気をつけながら乗らなければならないな、と思うようになります。

子どもたちが一緒に遊んでくれるうちは、このエルグランドを乗っていたいなと考えていますので、大切にしていきます。



2014/03/24

イチゴ狩りとミックス光

3月22日に、実家のある宇都宮でイチゴ狩りを楽しんできました♪
最近の主流なのか、イチゴがちょっと高い棚みたいなのに植えられていて、地面にかがまなくてもよくなったので、らくちんですね。
悪い意味では、イチゴ狩りのムードというか、いわゆる畑っぽくないので、イチゴ工場で作業しているような気持ちでした。

せっかくなので、従来のイチゴ狩りでは撮れなかった、下からのアングルで。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
PANASONIC L-RS014150

そういえば、私はハイキーな画像を撮ることが少ないです。
単純な好みですが、基本的に家族の記録がメインで、どこでどんなときに撮っているということの説明性を重視しているので、背景は飛ばさないでシンクロが好きですし、ボケすぎないようにすることが、どちらかといえば多いです。
そういうわけで、今回の画像みたいなものは、複数画像をビュワーで同時に眺めると、私の画像たちの中ではとても目立ちました(笑)


 ■ミックス光

ミックス光というのをご存知でしょうか?私はつい最近まで、そういう単語を知りませんでした。
その名の通りで、単光源だけではなく、複数種類の光源からの光が混じった状態なのです。

私がミックス光という単語を調べてたどり着いたのは、先日のピアノ発表会での集合写真の画像を編集しているときです。

撮影場所では、真上から強烈なオレンジ色っぽいステージ照明、正面からはフラッシュでした。

撮影した画像の明るさなどは良かったのですが、とにかく、納得できる肌色が出ないために、あーでもないこーでもないと悩みました。

ノーフラッシュで撮影した画像もあったのですが、そちらは肌色が簡単に出せましたが、やはり真上からの強烈な照明のせいで、顔の下側に濃い影が出てしまっているので、没にしました。

なんでこんなに色に苦労するのかと、悩んで調べているうちに、ミックス光という単語を知ったわけです。
要するに、複数の種類の色の光が当たることで、単純なホワイトバランス調整では済まない状態になってしまっていたのです。

集合写真の場合、前列の人の方が、フラッシュの光の色の影響が強く、後列の人は若干弱くなります。天井からの光は、だいたい同じように当たります。
そのため、色温度が違う光が同時に当たるうえに、場所によってそれぞれの光のバランスが違うため、どこかを気持ちよく合わせると、別のどこかは気持ち悪いという、少し複雑な条件で、妥協点を探す作業になってしまいました。

ポジティブに考えれば、いい勉強になったといえますが、次回があるならもっと楽に、そして妥協が少なく済むように、対策をしようと思います。

ネット上で、少ない情報をかき集めたところ、どうやらミックス光の対策は、ミックス光にならなければいいということなので、フラッシュに色温度変換のフィルムやフィルタを装着するという方法もあるようです。色セロハンでも可かもしれません。そうして、撮影場所の光の色と、フラッシュの光の色をできるだけ近づけることで、単純なホワイトバランス補正だけで済むようになるそうです。理屈を考えると、単純ですね(笑)

厳密に機械で色温度を測る方法もあるらしいのですが、私個人にはそこまでのことはできないので、かい離している色温度を近づけることで、編集の苦労を減らす方向にもっていきたいところです。



2014/03/20

G1XMarkIIもすごい

ピアノ発表会や、娘の誕生日が続いたため、我が家のリビングには花がいっぱいです。
花瓶がないので、お酒の瓶、化粧品の瓶など総動員で、部屋中が一輪挿しだらけです(笑)

というわけで、花の香りに囲まれて、いい気分です♪


 ■使用カメラ等 

SONY Cyber-shot/DSC-RX1
SONY HVL-F43AM
F3.2

フラッシュの天井バウンス撮影です。


 ■G1XMarkIIすごいですね

とあるSNSで、知り合いの方がG1XMarkIIが気になる・・・というかポチった。ということを書かれていたので、どういうカメラだ?と情報収集しました。
これ、本当にすごいですね。

1.5インチイメージセンサですが、いわゆるマイクロフォーサーズに近いサイズで、キヤノンのAPS-Cサイズよりは、ほんの少し小さいくらいです。
これが刷新されマルチアスペクトになりました。3:2で撮影しても4:3で撮影しても同じ画角ということらしいです。

24-120mmF2.0-3.9というスペックのレンズも、マイクロフォーサーズのレンズを想像してもらうとわかるのですが、かなり意欲的なスペックです。レンズ一体型でなければ、かなり大型の交換レンズになってしまっていたかもしれません。
そして、このレンズは5cm(ワイド端)まで寄れるとのこと。すごすぎます。
また、EOSMでもできないデジタルテレコンが可能なのも魅力的です。

画像処理はDIGIC6らしく、DIGIC5のときのISO400と同レベルでISO1600が使用可能とのこと。実に2段分です。ちなみに、私が使用しているEOSMはDIGIC5だったと思いますが、それでも古いイメージセンサのデータを、よくぞここまでクリーンに処理できるなと驚いていたくらいなので、DIGIC6には期待してしまうのです。

出し惜しみなし。そんな印象を受けますね。
マイクロフォーサーズでF2.8標準ズームレンズを買うなら、価格的にもG1XMarkIIが比較対象になるかもしれません。私なら迷いますね(笑)



2014/03/19

新潟酒の陣・・・?

この間の週末は、新潟では恒例の日本酒の祭典、酒の陣が開催されました。
行こうかな?という気もあったのですが、とても混雑するであろうことと、入場料で結構上等な酒の一升瓶が買えてしまうくらいの設定なので、家飲みすることにしました(笑)
飲まなきゃ損と、無理して飲んだら体に悪いですしね。

それにしても久しぶりの日本酒です。

麒麟山はカジュアルな感じですが、今まで飲んだ麒麟山にハズレがなかったので安心して選べました。
今回も美味しく飲み干せました♪

リビングで子どもが寝てしまったので、キッチンドリンカーです(笑)


 ■使用カメラ等 

SONY Cyber-shot/DSC-RX1
ISO4000、F2.0

暗所AFは弱いですねー。このカットですが、かなり迷いました。大吟醸の「大」を狙っています。


 ■α6000

α6000出ましたね。

お昼にカメラ店で触らせてもらったのですが、凄いです。

AF-C合い続けるし、連写速いし。ものの数分で、たぶん100枚以上シャッター切ってしまいました。

この機種の店頭展示品処分だけは買わないようにしよう(笑)

これ、シャッター耐久オーバーするまで使う人、結構いるんじゃないですかね?
連写楽しいです。
連写Hiだと、結構すぐにバッファ使い切って、連写Loみたいな速さになってしまいます。
でも、それはバッファが少ないのではなくて、たぶん連写が速いからですね。

α6000かこれと同等以上のAFのカメラが出たら、運動会前にグラっときて買ってしまいそうです(笑)顔検出と顔登録を組み合わせれば、測距点なんてものはもう意識しないで、画面にさえ入っていれば、ずっと我が子を自動で追尾してくれそうです。(ただし、ほぼ正面顔にいないといけませんが。)

トランスルーセントミラーは、ソニーにとって、もはや不要なのではないでしょうか?
とにかく驚きました。α6000。



2014/03/18

SONY α7/ILCE-7 の ○ × レビュー

SONY α7/ILCE-7 の ○ × レビューです。
(2013年12月より使用中)
※使用していく中で気付いた事を随時追加していきます。
※最初は○と思っていた事も、時間が経つと×になる事もあります。そこはご容赦ください。
※私の主観的なレビューです。
※最終更新:2014/09

“ ○ ”なところ
  • 135判としてはかなりコンパクト(RX1除く)。
  • コンパクトな割には、握りやすいグリップ。
  • Aマウントレンズが流用できる。
  • α7Rと比べて、AFが速い。(特に連写時)
  • α900と比べても、AFが遅いとは感じない。
  • チルトLCDは便利。
  • ピーキングは便利。
  • 顔検出AFは便利。(瞳検出AFはないよりはいいけど、今一つ)
  • スマイルシャッターは便利。
  • α900からは圧倒的にノイズが少なくなった。RX1とは同等。
  • ムービーも撮れる。(α900は撮れない)
  • ムービーのマニュアル露出ができる。
  • 外部マイクとイヤホン端子がある。(E-M5にはイヤホン端子がない)
  • NFCとWi-Fiがある。
  • メモリカードスロットの挿しこみ向きが良い。カメラバッグに入れたまま、取り出さずに交換しやすい。


“ × ”なところ
  • RX1と比較すると、結構チープ。背面LCDとかひどい。華奢過ぎて平面が出なくて、純正のセミハードシートがきれいに貼り付けられない不具合もあった。
  • ユーザ登録が2個しかない(RX1でもα900でも3個)
  • アイセンサが使い物にならない。アイピースカップの影で反応してしまう。
  • アイセンサが使い物にならないのに、EVFと背面LCDの切り替えは、メニューからしかできない。
  • バッテリ充電器が別売り。
  • USB充電では遅すぎて半日かかる。
  • Aマウントレンズでは、瞳検出AFできない。
  • AマウントレンズをLA-EA4で装着していると、AFするとき「カチャカチャ」うるさい音がする。
  • LA-EA4でトランスルーセントミラーを介すると、どうしてもロスがある。ISOオートで撮っていると、この場面でこんなにISO感度上がるのかと、自分の感覚とずれるため違和感。(ただし、α7の高感度画質は悪くない。)
  • Eマウントネイティブで、欲しいレンズがあまりない。
  • α900と同時に使うと、α7の使用頻度が減る。(画質はα7の方がクリーンなのに)
  • シャッターボタンが、どこでシャッターが切れるか分かりにくいから、個人的に嫌い。結構深いところまで押し込んでいくと、クリックなどなしに突然切れる。RX1と同じなら良かったのに。
  • α7に限ったことではないが、スチルとムービーが別のフォルダに保存される仕様は、やめてほしい。ムービーをPCに取り込み忘れそうになったことが頻繁にある。
  • Fn(ファンクションメニュー)がカスタムできるのは、一見よさそうだが、なぜか使いにくい。RX1と同じままの方が良かった。
  • カスタムボタンやFnに、APS-C切り替えが割り当てられない。デジタルズーム代用の一つの方法としても便利だと思うのだけど。
  • 顔検出やスマイルシャッターは便利なのに、LA-EA4でAマウントレンズを装着すると、測距点が中央に寄りすぎていて、真ん中に顔が来ないと使い物にならない。LA-EA4が完全に排他的に優先される仕様ではなくて、うまく共存できないのか。
  • シャッター音は静かではない。
  • 撮影していて楽しくはない。(α900の方が楽しい)
  • FEレンズはAマウントレンズに比べて暗いものが多い。だからといってLA-EA4を介すると、若干光量ロスがあるため、シャッタースピードが欲しい撮影のときジレンマ。
  • バッテリの持ちが悪い。悪すぎる。最低。



2014/03/17

娘3歳の誕生日とピアノ発表会

まずは、3月14日に娘が元気に誕生日を迎えられたことを、とても嬉しく思っています♪
髪も伸び、昨年よりずっと女の子らしくなってきました。まだまだ私にベッタリですが、いつまで一緒に遊んでくれるかな?なんて思ってしまいますね(笑)

それから、15日はツマのピアノ教室の発表会でした。
万端な準備で挑んだので、撮影結果については合格点かなと思っています。
あとは、AdobeのLightRoomや、DxOのDxoOpticsProである程度画像を整えて、出演者の方に渡せるようにしなければなりません。

もうひと頑張りです。


画像は、発表会へ持っていったレンズたちの一部です。
この画像を見て気が付いたのですが

  • SAL1635Z
  • RX1
  • L-RS014150

には、保護プロテクタが装着されています。他はプロテクタなしです。
プロテクタを付けたレンズは、子どもにベタっと触られた事があるレンズです。しぶしぶプロテクタを買いに行きました。
これらのレンズの共通点は、広角で寄れることです。気が付けばなるほどって感じですね。
もし今度広角気味なレンズを買うときは、最初からプロテクタを買おうかな(笑)

ちなみに、全てZetaです。
理由は単純ですが、ゼータガンダムみたいで、名前が好きだからです(笑)
装着しているのか分かりにくいくらい、透過もかなり高いですよ。といっても、他の高級プロテクタを知りませんが。


 ■使用カメラ等 

SONY α900/DSLR-A900
MINOLTA AF/Macro50mmF2.8


 ■騒音

ピアノ教室発表会の撮影結果は、上でも書いたように、まずまずだったのですが、カメラの撮影音はやはりうるさかったです。

α7+200mmF2.8を軸に、α900+85mmF1.4も使って、両肩にカメラを掛けて撮影していました。
こんなとき70-200mmF2.8があれば、1本ですんできっと楽でしたね(笑)

レンズについては置いておきますが、とにかく、どちらのカメラも、撮影していて申し訳ない気持ちになるくらい、無粋な騒音です。気が気じゃない場面も多かったです。
静かな場面ではシャッターを押さないようにしたりしていたので、撮影枚数は少なくなりました。

ますます、GH4など無音に設定できる、パナソニックのカメラへの想いが募る結果となりました。



2014/03/14

春休み映画

息子は今年映画館デビューしたばかりですが、もう二本観ました。
今度はドラえもんかな?と思ったのですが・・・。
アナと雪の女王も話題ですね。魔女の宅急便も公開です。春休みということもあり、親子で観にいけそうな映画が増えて、迷ってしまいます。

ピアノ教室の発表会が終わったら、親子で観に行くつもりなので、それまでに決めようと思います。
個人的には銀の匙も気になってますが・・・実写化映画はちょっと心配ですけどね(笑)


画像は、前に映画館に行ったときに撮っておいたものです。


 ■使用カメラ等 

SONY Cyber-shot/DSC-RX1


 ■いよいよ本番

明日は、ツマのピアノ教室の第一回発表会です。
出演される方は、どういう気持ちかな?緊張しているかな?とか考えつつ、僕が一番緊張しているかもしれません(笑)
うまく撮れるだろうか。

今夜は機材準備、バッテリ充電など忘れないようにして、イメトレもしないと(笑)



2014/03/13

一馬力

津南雪まつりで、馬そりが走っているときの画像です。
一馬力って、実際に目の当りにすると、凄いパワーですね。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
TOKINA AT-X120

ムービーから切り出した後、3:2に整えています。モノクロなどの編集もしてあります。ちょっとごまかさないと、L版プリントでも不安ですね。でも、あえて大きく表示させました。


 ■V3

仮面ライダーじゃないですが、ニコンからNikon1V3が発表されますね。確定な雰囲気です。
いろいろリークを見てみると、V2と比べて、EVFとグリップが外付け式になりました。

それからNikon1マウントの70-300mmも発売されるそうで、135判換算800mm超の望遠世界が、より楽しみやすくなりそうです。

ただ、気になるのは、デジタルテレコンやデジタルズームといった機能が、あるのかないのかです。
マイクロフォーサーズカメラは、標準的に備えている機能です。単純に望遠の長さだけなら、マイクロフォーサーズに分がありそうな気もします。

デジタルテレコンがないにしても、Nikon1はAFがとても高速で優秀かもしれないので、結局は目的に合わせて選ぶべきカメラなのかもしれませんね。



2014/03/11

悲喜交々

本日は3月11日です。各メディアや私のようにブログを書いている人は、みなさんそれぞれの形で触れてらっしゃいますね。
私が、この文章を書いている今は、ちょうど14時40分ころで、まさに地震の発生した時刻に近いですね。

私もいろいろ思い出すことがありますが、娘の誕生が震災後すぐの14日だったこともあり、悲しみと喜びの入り交じった気持ちです。
あれから3年です。娘も大きくなりました。

今夜は、もし明日地震が起こったらどうする?どこへ逃げる?何を持っていく?など、家族で話し合いをしてみようかと思います。子どもたちも、そろそろ理解できるようになったと思うので。

画像は、少し前に津南雪まつりへ出かけたときに撮影した馬そりです。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
TOKINA AT-X120



2014/03/10

フラッシュのテスト

次の週末のピアノ発表会に向けて、フラッシュのテストもしました。
滅多に使わないので、動作チェックです。

SONYのフラッシュ。
ADI調光対応なので、ほとんど何も考えず使える便利なやつです。

ミノルタのフラッシュ 。
これは一般的なホットシュータイプなので、いろいろなメーカーのカメラに装着できます。
バウンスできないので、出番が少ないフラッシュの中でも、特に出番が少ないです。
この画像のフラッシュの他に、ミノルタのオートロックシュータイプのフラッシュもひとつあります。

全てのフラッシュが正常に動作したので、一安心です♪


 ■使用カメラ等 

PENTAX K-r
PENTAX DA35mmF2.4AL

SONY α900/DSLR-A900
MINOLTA AF/Macro50mmF2.8

お互いを撮影。


 ■発表会で使用するカメラ

ツマのピアノ教室発表会では、ムービーの他に、何人かの方は演奏中の姿と、全体集合写真をスチル撮影する予定です。
ただ、会場について広さや照明など分からない点が多いので、その場で対応できるように、大荷物になりそうです。整理をするために書いておきます。

ムービー

  • OLYMPUS OM-D/E-M5
  • TOKINA AT-X120
  • PANASONIC L-RS014150

会場がわかりませんので、AT-X120では長すぎるときに、L-RS014150を使う予定です。
あと、Aマウントアダプタも一応持っていけば、保険にはなると思っています。
定点で撮影するので、MFでもかまいません。


スチル

  • SONY α7/ILCE-7
  • SONY Cyber-shot/DSC-RX1
  • SONY α900/DSLR-A900
  • MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G
  • SONY SAL85F14Z
  • SONY SEL50F18
  • SONY SAL1635Z


メインで使用するボディはα7にして、できれば200mm、もし会場がによって長すぎる場合は85mm→50mm→16-35mmというように使う予定です。
コンビで使用するのは、画角が合えばRX1、そうでなければα900。
ズームレンズが(1635を除いて)無いのが、不便ですね(苦笑)きっと、こういうときこそ24-70mmF2.8と70-200mmF2.8のコンビなんかが便利なのだろうなと思います。
逆にいえば、滅多にこういう場面なんてないですが。

α900は全体集合写真のときに「撮ってますよ」アピールのために使おうと思います。どう考えたって、もはやα7やRX1の方が画質は全方位で上です。
α900で撮りつつ、もう一台は画角が合えばRX1、そうでなければα7を隣に並べて、スマイルシャッターかリモコンで操作できるようにしておこうと思っています。



2014/03/07

北斗のマン

北斗のマン

北斗の拳とビックリマンのコラボ商品で、セブンイレブン限定だそうです。
オマケ付きウエハースチョコが好きなので、見逃せません(笑)

私の昼食行動エリアには、セブンイレブンがないもので、いつもより遠くまで歩いて買ってきました。
買ったお店では、ラスト一個しか残っていませんでしたよ。人気なのですかね!?

というわけで、開封。
ジャギでした♪
ジャギのうわさ・・・ってありますね。
昔のビックリマンも「天使界のうわさ」とかあったのを思い出しました。

北斗のマンは、イラストが完全に北斗の拳で、昨年販売されたももクロマンみたく、ビックリマンの雰囲気に合わせたイラストではないので、賛否ありそうですが、個人的には悪くないと思いました。

100円は高いと思うのですけどね。


 ■使用カメラ等 

CANON EOSM
CANON EF-M22mmF2STM
周辺減光のようなエフェクト

このレンズのせいで、EOSMは、AFが遅いとかいうレッテルを貼られたと思うのですが、写りは相当いいと思っています。というかAPS-Cのカメラシステムで、これだけコンパクトな135判35mm相当のレンズは、この明るさでは他に代えがありません。そして何より安価ですし。
ちなみに、フジフイルムXマウントでは

  • 27mm相当のF2
  • 41mm相当のF2.8

ソニーEマウントでは

  • 30mm相当のF2.8

が、近い画角のパンケーキ単焦点レンズとしてラインナップされています。
示し合わせたかのように、全て画角が重複しないというのも面白いですね。
でも、いつものことですが、RX1があると出番が・・・ということで、職場に置きっぱなしカメラとなっています(笑)


 ■カメラ2台を並べる 

もうすぐツマのピアノ教室発表会があります。
集合写真の撮影を頼まれているので、準備を進めています。
機能紹介した、フラッシュのディフューザも、撮影に役立つかもしれないと思い、買ったものです。(ただ、実物を試した感じ、出番はなさそうです。)

さて、今日買ってきたのは、カメラを2台並べて三脚にセットできるプレートです。
カメラを2台並べて、1台は普通に撮影、もう1台はスマイルシャッターにしてみて、意外といい表情が撮れないかと期待してのことです。

※画像はAmazonのリンクです

スマイルシャッターは、ソニーのカメラだけでしょうか?顔認識でAFが自動で動き、笑顔を検出してシャッターが自動で切られます。笑顔もレベル設定可能で、少しの微笑みにも反応させたりできます。

カメラに自動で撮らせて、私が撮ったものよりも気に入るカットが多かったら、それはそれで少し落ち込みそうですが(笑)



2014/03/06

デジキャパ!2014年3月号付録

デジキャパ!2014年3月号付録
カメラ内蔵フラッシュ用ディフューザ
PENTAX K-r に装着してみました。
極小の風船ゴムボートみたいな形です。その部分はまずまずだと思います。
ただ、汎用ホットシューに挟み込んで使うのですが、その部分は頼りなくて、何回か付け外ししたら、壊してしまいそうです。


 ■使用カメラ等 

SONY α900/DSLR-A900
MINOLTA AF/Macro50mmF2.8


 ■ボディキャップレンズ

オリンパスから先月発売された、新ボディキャップレンズBCL-0980(フィッシュアイ)ですが、私も気になっていたのですが、α7に装着して試した方がおられました。
ぷーさんのデジカメ三昧というブログの方です。
全周魚眼に近く、なかなか面白い写りです。是非リンク先も御覧ください。

いい意味での予想どおりでした♪白いカラーのボディキャップレンズだと、白いふちが写るようですので、私だったら黒のほうがいいかなと思いました。

マイクロフォーサーズマウントとEマウントのアダプタが必要になり、それが決して安価ではないので、総合的にコストパフォーマンスは良いとは言えないのかもしれませんが、SONYにはAマウントの古いフィッシュアイしかないことを考えると、全周魚眼的な写りが楽しめるということもあって、意外と悪くない選択肢と思います。

例)Hawk's Factory製 SONY NEX Eマウント用 マイクロフォーサーズ アダプター HF-0005

※画像はAmazonのリンクです

ちなみに私は、マイクロフォーサーズのH-F008というパナソニックのAFフィッシュアイレンズを持っていて、それは小型かつ写りもお気に入りの大好きなレンズなので、マイクロフォーサーズで使う機会はなさそうなで、α7専用になるであろうことが、ある意味悩みです(笑)



2014/03/04

津南雪まつり

この前の土曜日ですが、新潟県中魚沼郡津南町にあるニュー・グリーンピア津南に出かけました。
昨日の日記の通り、息子の具合が悪い事に気がついたため、すぐ帰ってきてしまいましたが、このまま夜までいられれば、スカイランタンを見たかったです。
スノーボードのエアリアルを見ることもできたのですが、近くで見ることができないまま帰ってきてしまったのは残念でした。

オリンピックの影響で、興味が沸いていたのですけどね。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
TOKINA AT-X120
1/1250s、ISO200
シャープネス、コントラスト、彩度等高めに編集

絞り開放は、本当にモヤモヤして、昨今のレンズのようには使えないレンズですが、多少絞ればアリかと思っています。
幼稚園発表会でのムービー撮影用に久しぶりに持ち出したレンズですが、スチルも勘所を押さえればいいかもと思い始めました。
そのうち、α7で135判60-120mmF2.8として使ってみたいです。
画角も明るさもレンズの大きさも、なかなかハイバランスなレンズだと思うのですが、70-200mmF2.8なんかの主役の陰に隠れて売れなかったのか、後継もなし、他社で同じスペックのレンズもなしです。70-200mmF2.8が大きくて重いから嫌だと思っている、私みたいなタイプの人には、魅力的な選択肢だと思うのですけどね。


 ■4K時代

4Kムービー撮影可能なカメラが、これから続々と増えてきます。
私は、これに結構な期待をしてまして、いよいよ近い将来、スチルはムービーから切り出すことが普通になるのではないか、とさえ思います。

フルHDでは、1920*1080で、実際3:2で切り出そうとすると、175万画素程度なので、さすがにプリントを考えるとL版でも多少心配でした。

4Kは、約4000*2000と仮定して、3:2で切り出せば600万画素です。これならL版、はがきサイズも問題なし、2Lも大丈夫かと思います。300dpiは余裕で満たしています。
私がプリントするのは、2Lサイズまでが99%を占めているので、大体においてOKだと考えています。

また、ここ最近のカメラでは、オートホワイトバランスやノイズリダクションも進化著しく、わざわざ自分でRAW現像しなくても、満足できる画像が得られることが、かなり増えたというのもあります。
JPEGからの編集も、元が大きく外れてなければ、それほど無理なくできますしね。

ムービーのマニュアル撮影が可能なカメラならば、シャッタースピードもF値もISO感度も、意図したように変えられます。
もちろん、ここぞというときは、スチルで撮影する手もあるわけです。今持っているオリンパスのOM-D/E-M5なんかでも、ムービー撮影中にスチル撮影(RAW記録)をすることができます。(そういったスチル撮影時にはムービーの画像が一時ストップしたように記録されますが。)

まだまだ課題もたくさんあると思います。

  • シャッターの問題
  • 保存メディアの問題(スピード・容量など)
  • バッテリの問題

等、もっとあるかもしれませんが、使用法によっては気にならない場合も多そうです。
今のところ、そんな不安よりも期待が大きく、とりあえずパナソニックのGH4は楽しみです♪



2014/03/03

雛まつり

雛まつりです。
幸いにして、我が家には女の子がいますので、小さな雛飾りをリビングに置きました。
今年はにぎやかですが(笑)

官女の足元には、サメもいるようです(笑)


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS OM-D/E-M5
TOKINA AT-X120
120mm(135判換算240mm)くらい、ISO6400、1/500s、F4か5.6くらい

マニュアルレンズですし、exifもないので、画角も絞り値もうろ覚えです(苦笑)
ISO6400でも、暗所でなければ、ブログサイズくらいの表示なら、まずまずOKなのは、E-M5の良いところですね。


 ■自分に呆れる

白鳥を撮りたいと思っていた、この前の週末ですが、土曜日に息子の調子が悪いと思い、外遊びは早々に家に帰り、日曜日はその風邪(?)を私ももらい、家閉じこもりました。
息子も、ずっと家にいたら退屈するだろうと思い、土曜日に久しぶりにレンタルビデオを借りたので、日曜日は家でおとなしく過ごせました。

レンタルビデオについては、特に話題にすることはないのですが、そのレンタルビデオ店は書籍販売併設店でして、店をうろうろしていると
「3冊購入で、ポイント10倍です」
という店内放送が聞こえてきました。

せっかくなので、本も買うかと思ったまでは良かったです。ちょうどツマも欲しい雑誌があり、私もオマケ付きカメラ雑誌に目がとまったので、早々に2冊キープしました。

しかし、最後の1冊が全く決まりません・・・。

以前は自動車雑誌や楽器の雑誌、模型雑誌、マンガ雑誌、モノ系雑誌など、いろいろ興味があって、毎回ではないにしろ、それなりの頻度で雑誌を買っていましたし、雑誌以外の読み物も買っていました。
雑誌という雑誌をほぼ買わなくなって久しいですが、ここまで本を選べないとは思いませんでした。
インターネットで情報は集めやすいのもあると思いますが、雑誌を読むときは連載記事なんかも楽しみにしていたものです。それが一度途絶えてしまうと、なかなかどの雑誌を読みたいという動機も消えてしまいますね。
それから、雑誌ではない読み物は、できれば電子書籍にしたいという願望にも気がつきました。捨てない書籍は場所をとりますからね。

呆れることに、最後の1冊を選ぶのに2時間・・・。
結局、子ども撮りの作例アイディア集みたいな写真本を選びました。その本自体は、なかなか気に入りましたが、この手の本は、できれば電子書籍がよかったなと思っています(苦笑)

10倍ポイントでも、結果的に5%還元程度でした。
ムキになって頑張るほどでもなかったと、今は反省中です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...