What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/11/30

ピアノ

昨夜は、とあるホールに、ツマがピアノを練習させてもらいに行きました。
練習なので、400席程度のホールを貸し切り、30分弾きまくり。他の人がいないので、撮影しまくり♪こういう機会は、夫婦揃って楽しいです。


今回は、α7とミノルタ200mmGでしたが、α900よりかなりマシなシャッター音だし、小さくも軽くもないレンズですが、グリップでのホールドも予想よりずっといいし、なにより、ステージ撮影時はスポットライトで白飛びしやすかったりするのも、EVFなら露出を正確に決めやすく、イメージセンサ自体もダイナミックレンジが広いでしょうから、相当快適でした。

ISO感度は6400まで試しましたが、そこまで上げると、よく見れば、さすがにピアノの黒いボディに色ノイズが目立ちます。黒い部分以外は個人的に気になる程ではありません。総じて普通の観賞サイズならOK範囲です。

LA-EA4ですが、測距点配置が微妙に違うものの、AF-Sで使う分にはα900に劣る部分は感じませんでした。
AF-Cは試してません。.


 ■使用カメラ等 

SONY α7/ILCE-7
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G
ISO6400、1/200s、F2.8
JPEG:クリエイティブスタイル「クリア」

α7の露出補正ダイヤルは・・・いらないかな(笑)
RX1みたくダイヤルが後ろしかないのでしたら、大変に便利ですけど、α7の場合は前後ダイヤルありますし、私の場合には前ダイヤルに露出補正を充ててしまいます。ニコンDfと一緒で、基本ファッションかなと思います。


 ■彗星

彗星蒸発ですか・・・残念です。



2013/11/28

ニコンDfの発売など

こういう画像を撮るのに、車なしでは、公園だの整備された場所に行かないと撮影できないというのは、悲しくもありますね。
新潟市内ですが、そんなに大都会でもないです。でも、緑は乏しい場所に住んでます。
おかげで、除雪はしっかりしてくれるエリアなので、文句は言えませんが。


 ■使用カメラ等 

SONY ILCE-7
SONY SEL50F18
彩度落として、シャープネスは高めの編集です。

α7ですが、純正のモニター保護セミハードシート「PCK-LM16」を貼っていました。

ですが、どうも中心付近に油のついたような虹色に滲むような点があり、環境によっては反射で見にくく、困っていました。
お店に相談したら、保護シートを交換してくれて、解決しましたので、同じようなことでお悩みならば、購入店に相談される事をお勧めします。
カメラボディのモニタ不具合じゃなくて良かったです♪ちなみに、RX1でもこのシリーズの保護セミハードシートを使用しています。貼る事を失敗しにくいので、好きです。黒枠の所だけに粘着があり、透き通った部分には気泡ができない構造です。


 ■50mmF1.8 

ニコンDfが発売されましたね。私のよく行くお店では、シルバーが展示されていました。
ニコンFXのカメラとしては最小最軽量のカメラらしいですが、普通に考えて大型なカメラですよね(笑)隣がソニーのα99だったので、余計に大きさを感じました。いわゆるペンタ部の背が高いから、大きく見えてしまうのかもしれませんけど。
少しだけパシャパシャやりましたけど、悪くないですよね。音とか感触は。

電源のダイヤルがかたくて、更に指の引っ掛かるデザインではないため、パッと撮影したい人は、電源入れっぱなしにするでしょうね。バッテリーライフは驚異的に長いので、それでもいいと思います。

グリップはあまり良くない・・・としか私には言えません。個人的にはα7の方がしっかり握れます。比べるようなカメラではないでしょうけど。
ダイヤル類の質感は良いと思います。とても力を入れてアピールしていますもんね。

正直、実用的な操作性なら、もっともっと使いやすいカメラは、ニコンにはたくさんある気がしますが、ファインダを覗いて見えるものに集中するより、カメラ自体を見て楽しむという側面も、大いにありそうです。
何だかんだ言って、面白い外観なので、店頭にあると触ってみたくなりますよ♪

さて、そのDfには50mmF1.8が装着されていました。50mmF1.8というと、私の場合真っ先に思い出すのは、キヤノンのEF50mmF1.8IIです。あの新品で1万円でお釣りがくるレンズです。それぞれ、どちらかというと安価なレンズで、F1.4他上位のレンズをラインナップしています。

そんな親しみやすい価格のレンズですが、ソニーには用意されていないのです。最近使用しているSEL50F18は、135判をカバーしないレンズです。135判では、もう少しで発売の55mmF1.8は高価なレンズですね。しかもEマウント専用です。AマウントのSAL50F18も135判ではありません。

昔のミノルタAマウントレンズには、似たスペック(F1.7)もあったような気がします。なんでもキヤノンとニコンに倣えとは思いませんが、あってもよさそうなのにな・・・と、ふと思ったのでした。



2013/11/27

不調

ものすごーく、具合が悪いです。
いや、悪くなりそうです。腰だの肩だのがダルいです。
気をつけないと、子どもたちにもうつしてしまうので、自主的に隔離生活しないと。

天気の久しぶりにいい今日に限って、カメラを持っていません。残念過ぎます。まだSAL85F14Zを一度も装着してません・・・絶好の機会だったのに。

悔しいので、少し前に撮った画像を、無理やり彩度上げて、晴れな気分で・・・


 ■使用カメラ等 

SONY ILCE-7 α7
SONY SEL50F18

α7ですが、型名ILCE-7とも言います。私は、どちらかというと型名で表記する場合が多いのですが、だいたいにおいて、商品名が長すぎて、型名で書いた方がシンプルという理屈に基づいています。
ただし、αシリーズは別で、α7と書いた方がシンプルかつ分かりやすいので、書き方に迷います。
こういう事は統一したいのですが、うまくバランスがとれませんね。
α7をILCE-7と書くなら、α900はDSLR-A900、RX1はDSC-RX7です。微妙ですね。

脱線しますが、ILCEというのは
Interchangeable Lens Camera(レンズ交換式カメラ)Eマウントの意味かもしれません。

DSLRは
Digital Single Lens Reflex(デジタル一眼レフ)の意味でしょう。

DSCは
Digital Still Camera(デジタルスチルカメラ)の意味でしょう。

閑話休題。
-(ハイフン)後を書く法則にするなら、α7は「7」です(笑)
ILCE-A7だったら一件落着だったのかもしれませんが、やはりAはAマウントの象徴でもあるのでしょうね。そうはいかなかった。せめてILC-E7だったら、こんなことに頭を悩ませなくても良かったのですが。

でもそうすると、どことなくオリンパスのようでもありますね。しばらく悩みながらブログに登場するかもしれません(笑)  


 ■Foveonの明日

前回の記事で、シグマのSD1Merrill一式を手放したと書きましたが、なにやらμ4/3のボディを手掛けるかもしれないという噂(信憑性不明)があるそうです。
個人的には大歓迎です。そのボディでパナソニックのL-RS014150なんかを使いたいものです。
というか、既存のG-M1とかそこらへんのボディに突っ込んで、出せないものかと思います。
Foveonはテレセン性に神経質だと思うので、ボディ内手ぶれ補正のオリンパス的なボディは期待薄ですかね。

4/3のレンズがFoveonのイメージセンサで撮影出来るかもしれないと思うと、とても楽しみではあります。相性もよさそうですし。



2013/11/26

気がつけば冬

すっかり秋も深まり・・・というか、もう冬が目の前です。
新潟は何度か雪がぱらつきました。
紅葉はタイミングを逃した感が。

そういえば、新潟市万代(新潟の中心市街地のひとつ)には、ラブラ2(ツー)という商業施設が完成しました。ZARAだのH&Mだのが入っています。
ラブラとラブラ2の間の渡り廊下に屋根を付けないとか、意味不明です(苦笑)
ビルボードプレイスという商業施設も近くにありますが、ここも渡り廊下に屋根なし。
雨雪降っていたら、目当ての建物以外、見に行く気が失せます。


下の画像はお遊びですが、DRO(ダイナミックレンジオプティマイザー)という機能を使った撮影です。階調補正機能ですが、暗すぎる部分を明るく、明るすぎる部分を抑えて、明るさを整える機能とでも言いましょうか。
上の画像と見比べてもらえば一目瞭然ですが、手前の木にライトを当てたかのように見えます。
DROのレベルは最大のLV5です。
おまけで、オートHDR(ハイダイナミックレンジ)という機能を使って撮影した画像も。
ちょうど中間くらいでしょうか。
DROの方が、こんなに効果が強いとは知らずにいました。
原理的に、DROの方が暗部持ちあげの際のノイズは増えやすい予想なのですが、普段見る表示サイズでは、ノイズがあまり分からないです。ノイズ低減の技術も進歩しているのでしょうね。

DROはこの撮影をしたRX1より前から使用しているα550でもα900でもあった機能ですが、それら古いカメラの世代では、パッと見てノイズが増えている事が分かったので、使う事を避けるようになっていました。

今回比べてみて、積極的に使用してもいいかもしれないと思い始めています。
最近は陽が傾くのが早くなって、強烈な西日の中での撮影も増えてきています。そうなると、子どもたちの表情にも陰影が濃くつきやすいので、フラッシュの日中シンクロで打ち消して撮影していましたが、そこにDROという選択肢も入れてみることにします♪


 ■使用カメラ等 

SONY RX1

α7にSEL50F18を装着して使っていて、RX1に持ち替えると思うのですが、RX1はバランスいいです。同等のイメージセンサの2台のカメラですが、それだけにレンズの差を感じることが多いです。RX1のレンズは、シャープと柔らかさの加減がいい塩梅です。ボケも好きです。いい落とし所に収まったレンズですね。
一方のSEL50F18は極端です。カリカリです。変な距離で撮ると背景ボケはザワザワです。39cmまで寄れるレンズなので、ぐっと寄ってやると印象が変わります。予想していたより超個性的なレンズだったため、今のところ好きな雰囲気に撮影できずにいます(苦笑)


 ■選手交代

件のSD1Merrillですが、一式手放しました。
一応丁寧に扱う事を意識してましたが、納得の価格で買い取ってもらい、代わりに別のカメラがやってきました。追い金は、ほぼ無し。というか、買い取り金プラス、今まで貯めていたポイントを使って賄えて、ボディとレンズ3本を売りに出し、ボディとレンズ2本になって帰ってきました(笑)

これで、我が家の一眼レフタイプのカメラは、ソニーα900と、ツマのペンタックスK-rだけになり、あとはいわゆるミラーレスかコンパクトデジカメというやつです。スッキリ。
今年については、手放したカメラレンズが多い年となりました。



2013/11/21

R

一定のαユーザーの方には届いたであろう、黒い郵便物。
・あいさつ文
・黒いα7/Rカタログ(画像は表紙)
・A4サイズ作例集(実際は黒枠が大きいので、画像部分は少し小さい)
・特別キャッシュバックキャンペーン案内
等が主な内容です。

黒いカタログの内容的には、店頭カタログとほぼ同一ですが、巻末に開発者メッセージが掲載されているのが違いです。
その中から一部を紹介。
「R」って、ResolutionのRだったんですね!初めて知りました(笑)
Rというと、車のナントカRがたくさんあるので、そっちを連想してしまいます。私の場合(笑)
ひとつ謎が解けただけでも、有意義なカタログでした。


 ■使用カメラ等 

PENTAX K-r
PENTAX DA35mmF2.4L

PENTAXのレンズも、α7なら装着できるのだな・・・。


 ■オマケ

オマケに釣られて衝動買いしてしまいました。久しぶりの雑誌です♪

銀色の面なら、ちょっとした水濡れなら弾いてくれるのでは・・・と淡い期待も♪

雑誌の内容は、まだα7の項目くらいしか目を通していません。
電子先幕使用時におけるα7のレリーズタイムラグが0.02秒というのに驚きです。α99は0.05秒です。ついでにα900は0.07秒弱です。
店頭で試しても、そんなに高速には感じないのですが、モニタの表示遅延とかの要素もあるのですかね?

そして、α7Rについては、0.17秒・・・絶句です。遅すぎる。
少なくとも、激しく動きまわる子どもを撮るのには向かないですかね。
といいつつ、RX1も0.2秒だったりします(笑)



2013/11/20

亀がいない

新潟市の白山公園内にて。
池の蓮はすっかり処分されてしまいました。
子どもたちと周囲を一周しましたが、今回は亀を見つけられませんでした。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS E-M5
PANASONIC L-RS014150

日陰の紅葉の赤い部分が潰れてます。E-M5では余裕がなかったですかね。
このボディとレンズの組み合わせだと、レンズにボディが負けている気がします。このレンズとフィッシュアイH-F008は、本当に気に入っています。ボディが良くなれば、もっと楽しめる気もしています。


 ■キャッシュバック

キヤノンがEOS5DmarkIIIやレンズなど、商品に応じてキャッシュバックを行うキャンペーンを実施中です。最大3万円です。(11月22日スタート)
それから、ヨドバシカメラでは、αボディと特定レンズの同時購入で、2万円キャッシュバックを実施しています。主にツアイス印レンズが宣伝ポップに書いてありましたが、詳しくはスタッフさんに聞かないと分かりません。

ちょっとだけグラグラ来ますね(笑)ただ、冬ボシーズンなので、対象商品が高額なものばかりかもしれません・・・。



2013/11/19

雪支度

国営越後丘陵公園の噴水にて。
30分おきに音楽に合わせた噴水ショーがあります。
しかし、この寒い季節に噴水周りに来る人間はとても少ない・・・
次来るときは、きっと雪遊びです♪

雪遊びカメラは、E-M5かなと思いつつ、ふとα7のサイトを見ると・・・
「* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません。」
ちょっと弱気にも感じますが、一応使えるのですかね。

一方のE-M5は・・・
「マグネシウム合金を採用した防塵・防滴性能のボディーは、過酷な環境からカメラを守る鉄壁の防御。雨天における日常の撮影から過酷な撮影環境まで、ストレスのない撮影環境を提供します。」
やはりE-M5の方が安心して使えるのかも・・・という印象。

まぁ、α550とTOKINAのレンズで、ガンガン雪降る中遊んでいたくらいなので、どんなカメラ・レンズでもこまめに雪を払えばいいかなとは思っていますが(笑)
あとは、気温差に気をつけて結露対策さえすれば。


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G


 ■迷走

α7にマウントアダプタとレンズ1本くらい考えるなら、普通にα99が買えてしまう現実に、多少冷静さを取り戻しました。
しかし、α99の売りでもあるAF-Dに対応したレンズを、SAL1635Zしか持っていないという現実も(笑)
マクロ50mmも、たぶんSONY版しか対応しないですよね!?どうなんでしょ。

SAL1635ZでAF-D使う場面については、あまり思い浮かべられません。近距離で撮るケースが多いので、間に障害物入らないし、フレーミング外さないし。

α900より少しくらい「いい感じ」のAFを期待して、α7とか最新だからどうだろう?と興味の一端だったわけですが、AFにも期待してカメラを考えると、ヘタなものには手が出せないですね・・・。
どうせならAFが強いカメラを持っていないので、次に攻めるならそこと重視したい気持ちも、日に日に大きく・・・。
キヤノンの5D3が鉄板なのかなぁとも。ニコンのD7100はどうなんだ?とか、もう迷走気味です(苦笑)

α900でも、集中すれば中央一点AF-Cで、十分に速度的には追いかけられますが、障害物が被ったときや、少しポイントを外したときにはピンチに。もっと楽したいのですよね。

特に前に障害物が入ったときに対して、αはバカまじめに前に飛んでくるので不安です。α99はそこらへんの貼りつきはどうなのか、α900以来新しいαを買っていないため、分からないから不安です。



2013/11/18

SD1Merrill再修理戻り

表題の通り、SD1Merrillと30mmF1.4ExDcHsmが、再修理から戻りました。

結果として、SIGMAのテスト環境では、規格内との判断。
しかし、ボディのシャッターユニットの交換調整、レンズの調整を実施してくれたようです。メーカーでできる最善は尽くしてもらえたようで、その点感謝です。
あとは、しっかり直っていればOK、もしこれでダメなら、そういうカメラ・レンズとして付き合って行くしかないでしょう(笑)

まだテストという程撮影を重ねていませんが、少し撮った感想を。

・明るさが、画像の左右でバランスがとれています。
・それから、右側が若干ぼやけるのは、改善しているかは微妙です。

戻ったカメラとレンズで、1/8000s・F1.8の設定にして撮影した例

同じ場所、時間で撮影していないので参考にしにくいですが、1回目の修理戻り時です。詳しくはこちら

①右が暗くなっている状態

②左が暗くなっている状態

パッと見て、日陰だったっけ?と思うくらいの違和感があったこれまでとは、違う印象に改善していると思っています。
という事は、シャッターユニットの不具合か、もしくは規格内とはいえ、ハズレのユニットだったかを疑います。
少しの撮影で結論を出すには早いと思いますので、もう少し試していこうと思います。


 ■使用カメラ等 

SIGMA SD1Merrill
SIGMA 30mmF1.4ExDcHsm


 ■BIONZX

BIONZX(ビオンズ・エックス)はSONYのカメラの画像処理心臓部というか脳ですが、これまで、一貫してBIONZを名乗ってきて、ここにきてXです。
これまでも、ずっと同じBIONZという呼び名でしたが、中身は進化してきていて別のものというような、開発インタビューは見た事があったような気がします。

Xというと、トヨタ車でマークXという車があります。アレは、マークII(ツー)として10代目を期に、ローマ数字で10を意味するそっくり(同じ?)なXを名前にしたものです。

もしかしてBIONZもXは10代目だったりして?
と、どうでもいい妄想を楽しんでいたのでした(笑)


2013/11/15

α7/R発売

という訳で、私が気になっている、デジタルズームを試してきました。
いきなり変なレビューですみません(笑)
スタッフさんに断って、SDカードに画像保存してきました。

α7 + SEL2870
70mm望遠端で。

①クロップなし、Dズームなし
②クロップあり、Dズームなし(計1.5倍)
③クロップあり、Dズーム4倍(計6倍)

ブレがあるかもしれません、スッキリしません。シャッタースピードを上げる設定をしてませんでした。雰囲気を見てもらえればというところで。

RX1よりデジタルズーム時の画質はイイかもしれません。
RX1はシャープネスのかけ過ぎか、拡大すると、縁取り線みたいなのが出ていた気がします。
条件同じで試していないので、あくまで「気がする」ですが。

ちょっと手を抜いただろ!と思うのが、α7Rは元の画素数が大きいのだから、デジタルズームへの耐性は強いはずです。なので、6倍に止めず、やはり9倍くらいは、できるようにしておいて欲しかったです(笑)
ちなみにRX1は、もっと行けたような気がするのですが・・・やはり9倍くらい?
実際9倍とか使い物にならないくらいの画像でしたが、ないよりあった方が便利ですよ。
でも、EVFでの表示の問題かもしれません。6倍でもズタズタだったので、できるけどやめたってことで。撮影時のEVFでの表示は簡易的に拡大表示してるっぽいです。



続きまして
α7R + SEL35F28Z

デジタルズーム2倍と4倍。
2倍までは超解像ズームだと思います。(2と4だけでなく細かい倍率指定ができます。)

ブレが気になったので、SCNモードからスポーツを選び、シャッタースピードでねじ伏せました。
ISO1250とかですが、デジタルズームと相まって、4倍ではノイズが目立ちます。一般的なプリントサイズでは何とかなるかな?とは思っています。

ちなみに4倍といえば、4/3サイズセンサでデジタルテレコン2倍したのと似た感じですね♪
6倍まで行けると思うと、少しお得(笑)
ただし、オリンパスのカメラと違ってRAW同時記録不能です。

このカメラ、135判でデジタルズームが使えるから気になっているんです。
荷物持てないときに、単焦点1個でも自由度が高いので。
MINOLTAの200mmGが、超望遠のF2.8ズームとして使えるのではないかという期待が(笑)



その他気になったことは、見た目は結構違います。形は同じですが、α7はチープさが目立ちます。
ただ、α7RでもRX1に比べてチープに見えます。素材は一緒なのかもしれないのですけどね。
プレーンなデザインはいいですが、RX1くらいの密度でないと、間延びしますね。あそこまで大きくするのなら、別のデザインか、デザインディティールを増やすとかした方がよかった気が・・・。

あとAFが全然違います。
α7はE-M5を使っている私からしたら、まずまずで、悪いって程には感じません。でも特段速いと言えるほどではないと思います。
ただ、EVFがE-M5より違和感がないので、総合的にはα7を使った方が被写体が追いやすいです。E-M1とは厳密に比較してないですが、EVFはE-M1の方が初めて覗いたときに感激したかもです(笑)

α7RのAFは苦痛ですね(笑)
隣に同じ形をしたα7があるから余計にですが、RX1と同じくらいですかね。
RX1はあの形で、脳内的にはコンデジとして使っているので、別に気にしないですが、α7Rはあの形をしているので、少し期待値が高かったかもしれません。
やっぱり、α7Rにも像面位相差AFのセンサが載っていれば・・・と思ってしまいました。

あと、レンズの手ぶれ補正弱いですね!FE2870とFE35F28ですが、このくらいの店内なら余裕でビシッと止めて欲しいです。

Pモード、FE2870の70mmで1/20s
手ぶれ補正効果を3~4段見込んでいると思うのですが、こんなんではSモード以外では歩きながら撮りできません。
他にもデジタルズームの仕様とか、シャッター音は結構大きくて残念とか、不満があるのですが、それはそれとして。

いい所もありました、こんな形ですが、かなり持ちやすかったです。
私の手は、男でも普通よりは大きい方(足サイズは28cm)なのですが、意外と言ったら悪いですが、E-M5の数倍持ちやすかったです。E-M1より個人的には持ちやすかったです。

持ちやすいグリップと、悪くないファインダ、悪くない像面位相差AFで、α7には総合的には好印象です。
Aマウントレンズオンリーで使うなら、α7Rもアリかなというところ。
やはり、α7Rの個人的ネックは、私の期待した使用方法ではAFが遅いという事です。惜しい・・・。
これでは、FEマウントレンズを揃えたいと思わないし、Aマウント専用で使うなら、α99の方が安くつくし、画素数以外では上に見えます。

という訳で、私が買うとしたら、α7かなぁ・・・と思いながら帰ってきました。


 ■使用カメラ等 

SONY α7
SONY SEL2870

SONY α7R
SONY SEL35F28Z


 ■敵情視察

この女性、たぶんライバル店のスタッフさんですね(笑)


2013/11/14

バラ

新潟県長岡市の国営越後丘陵公園内のバラ
シーズンも終盤で、綺麗に咲いている花を探すことが大変でした。


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G

200mmGは寄れない(最短撮影距離1.5m)レンズなので、トリミングしています。先日の投稿の子どもが飛び跳ねている画像を撮った日なので、バラ目的ではなかったため、レンズ選択がよくなかったですね。


 ■発売間近

いよいよα7/RとRX10が、15日に発売されます。お店には届いていますが、店頭に展示するのは明日厳守っぽい雰囲気でした。ちらっとは見せてくれましたが(笑)

私の場合、α900の代わりになるかという事が、最大の関心ごとですが、果たして。
LA-EA4については、AFのポイント数こそLA-EA2と同じですが、それ以外はα99と共通するモジュールを使っているそうで、詳しくは使うまで分かりませんが、なんとなく期待しています。

ただ、ボディ内手ぶれ補正が使えない事を考えると、Aマウントレンズに頼りきれないかもしれません。既存αユーザーとしては、少しもどかしいカメラでもあります。



2013/11/13

five

長男5歳の誕生日です。
今日は帰ったら美味しいケーキが待っているハズ!?

いやー、大きくなりました。
でもまだ、おねしょしてますが(笑)

5歳って、軽くショックです。
あと5年もしたら、今みたくベタベタさせてくれないだろうなーとか、10年もしたら、反抗期かなーとか、15年も経ったら、家にいないだろうなーとか、5年の定規でいろいろ測って考えてしまいます・・・。

画像は、国営越後丘陵公園にて、ふわふわドームという遊具で、トランポリンみたく跳ねて遊ぶ長男4歳。
顔がはっきり写っていない範囲で特別出演(笑)


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G

大口径を利用して、とにかくハイスピードに。1/8000sのシャッタースピードは、時を止めたみたいな浮遊感が出るので、好きです。
一般的に1/1000sくらいでゆっくりな動きは止められて、速い動きも1/2000sくらいでだいたい止まります。それ以上の速さは、いよいよイメージを超えた世界です。


 ■誕生日プレゼントは

長男が大好きな、キョウリュウジャーのロボット玩具、ギガントブラギオーです。

プレゼントは何が欲しいか、彼なりに一生懸命考えたと思います。
少し前から何にするか、一緒に話し合って、欲しいものを手紙に書いて教えて、と約束していました。
なかなかひとつに絞れなかったり、文字を書くのが苦手だったのですが、なんとか自分の意思を固め、文字も練習してくれたようです。
買って与えてしまうのは安易ですが、やはり自分で悩んで選んだものは、子どもにとっても格別の「宝物」らしいので、悩ませて焦らせたわけです。目論見通り、しばらく楽しんでくれたら嬉しいですが・・・。



2013/11/12

冷える

今シーズンは、染まるのが遅いです。
でも昨日から冷えますので、一気に進むかなと期待しています♪
ただし、雪も被ってしまうかもしれませんが(笑)


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G


 ■アニバーサリー 

実は昨日11月11日は結婚式記念日でした。7回目の記念日でした。
同時にポッキープリッツの日でもあったので、子どもたちを眠らせた後、二人でポッキーをかじりながら晩酌♪
そして、前々から作ろう作ろうと考えていた、エンディングノートに手を着けました。
エンディングノートというのは、たぶん最近の流行り言葉なので、わからない方もいると思いますが、遺言とは違って何の拘束力もない、残された家族へのお願いやメッセージなど、ざっくばらんに書けるものです。
これから先も一年に一度、更新していけたらいいなと思っています。それから、そんな予定はないはずですが、一応遺言もそろそろ作成しようかと思うところです。
親兄弟が生きているときに、家族を残していなくなると、トラブル多いですからね。

さて、明日もアニバーサリー。長男5歳の誕生日です♪
楽しい事が続く11月です。



2013/11/11

脱穀

天日干しという名の放置を続けてきました、我が家のバケツ稲、改め牛乳パック籾です。
 牛乳パックのクチで稲穂を挟んで、ズリズリと引っ張ることで脱穀しました。
次は籾すりで殻をとります。

うちは家族4人ですが、1合ちょっとしか獲れなかったので、小さいおにぎり4つがいい所ですかね(笑)


 ■使用カメラ等 

PENTAX K-r
PENTAX DA35mmF2.4AL


 ■単焦点の罠

単焦点は使いやすくていいのですが、どうも何時間もそれ一本でいると、同じような構図を連発してしまい、画像の良し悪しとは別に、あとで落胆する事も多いです。
そう、自分のボキャブラリー貧困さ具合にです。

高倍率ズームも便利でいいですが、望遠では暗くてシャッタースピードが稼げない場合も多く、動きまわる子どもを抱える私としては、1/1000sや1/2000sを稼ぎたくても難しい場合が多く、なかなか悩ましいところでした。

RX10は両者のいい落とし所にならないかと、少し期待しています。
本音を言えば、300mmくらいは欲しいのですが、最悪デジタルズームでカバーできればいいですし。最近のSONYのオートホワイトバランスもノイズリダクションも、文句がかなり少なくなったので、RAW記録時の機能制限も目をつぶれるかもしれません。
重さだけは、目をつぶれないかもしれませんが(笑)



2013/11/08

プロジェクションマッピング

新潟でもプロジェクションマッピングを見ることができました♪

予想したより、なかなか本格的で楽しかったです。



プロジェクションマッピングと言ってはいますが、大半はただスクリーンとして投影しているだけのシーンが多かったです。時間や予算の都合ですかね?

立体錯視みたいなのは少なかったですねー。
もっと本格的なのも見てみたいです♪


 ■使用カメラ等 

SONY RX1

ISO6400、F2.0ですが、夜でも普通にバシバシ撮れてしまうのが心強いんですよね♪
あともし改善されるなら、低照度下でのAF合焦性能を上げて欲しいです。とはいえ、ほぼ弱点なしですよ。
α7/Rなんかも、同等以上の性能になると思いますが、レンズ交換式で、焦点距離も長いのや、暗いのを付ける機会があるでしょうから、あと1段2段はISO感度が許容できたら言う事なしかもしれませんね。あ、あと内臓フラッシュがあれば最高でした。
この点、RX1はやはり優れたパッケージだなと、しみじみ(笑)

α5とかで、α7のイメージセンサのままで、プラボディ・フラッシュ内蔵、EFVは外付けなんかで発売されないでしょうかね(笑)


 ■ノクチクロン

パナソニックのレンズで、ライカ印ノクチクロン銘の開発中の画像がリークしていました。
コレです。もうほぼ完成していると見て良さそうな画像ですね。
大ぶりなレンズです。
42.5mmF1.2のスペックなので、マイクロフォーサーズのAF可能レンズでは、最大の明るさです。

被写界深度に注目して135判換算してみますと、85mmF2.4てとこでしょうか。寄れれば言う事なしですが、果たして。
また、オリンパスからは、45mmF1.8というお手頃価格かつ大人気なレンズがありますので、比較されるのは必至です。この巨大な風貌ですから、オリンパスのレンズを圧倒しないと、なかなか選ばれにくいかもしれません。

個人的には、パッと見たルックスは好みなのですが、フードがどうやらバヨネットではなさそうです。
変にクラシカルなフードだと、ちょっと苦手ですが・・・どんなものが用意されるでしょう。

それから、フィルタ径はなんと67mmです!相当大きいです。135判対応のレンズでも大きい部類ですね。おかげでフィルタ類は流用しやすいので、悪いことばかりではありませんが。

発売日、価格等はまだ不明ですが、楽しみです♪
でも、10万円くらいしてしまうのでしょうかね・・・。いわゆる85mmF1.4よりは若干安い価格が妥当だと思うのですが・・・。



2013/11/07

再入院

先日の記事の通り、SD1Merrillと30mmF1.4ExDcHsmが、修理から戻ってきても不調だったため、再度修理のため預けてきました。

下の画像は、絞りF1.4(開放)でありながら、シャッタースピードが遅いため、件の片側が暗くなる現象は起きませんし、ピントを合わせた被写体が近い事もあり、超薄い被写界深度に隠れて、片側がボヤボヤする現象も判別できません。
こういう撮影ばかりしていれば、今回の不具合は、ずっと気が付かなかったのかもしれません。


 ■使用カメラ等 

SIGMA SD1Merrill
SIGMA 30mmF1.4ExDcHsm


 ■マリカー

最近、ニンテンドー3DSのゲーム「マリオカート7」をプレイしています。
3DSのゲームは、昨年購入した本体ダウンロード済みだった「Newスーパーマリオブラザーズ2」以来です。
現在ニンテンドー3DSは、キャンペーン対象のゲームソフトを2本買うと、1本別のゲームをプレゼントというキャンペーンを展開中で、まんまとそれにノセられたのでした(笑)

まだ、あと1本買わなければプレゼントがもらえませんが、たまにしかゲームをやらなかった事もあり、どれが面白そうかもわかりません。
今更モンスターハンターとか、出遅れ感があって躊躇しますし、毎日何時間も継続してプレイしている訳ではないので、RPGとかストーリーを楽しむゲームは、どこまでプレイしたか忘れてしまう・・・ということで、単純な数分でできるゲームを探しています。

マリオカートについては、小学生のときにスーパーファミコンでやっていた事もあり、Wii版やDS版は一応全ステージクリアくらいまではやってきました。今回のマリオカート7も、購入してから1カ月くらいかかっていますが、あと1ステージで、とりあえずの全ステージ入賞できそうです。

そんなマリオカート7は、発売後相当の時間が経っているので、レビューなんかしても誰も喜ばないのですが、感想を。スーパーファミコン版が一番プレイしたマリオカートなので、その比較ですが。

・やたらとアイテム攻撃が厳しい
1位を走っているのがバカみたいです。とにかく激しい攻撃の連打を受け、ゴール直前で順位を落とすことが多すぎて辛くなります。実際には1位をキープしていた時間によって、順位とは別の評価に影響するので、1位を走ることは無駄ではありませんが、それにしてもヒドイ。

・やたらと緑甲羅が当たる
これも上の内容に被りますが、直進しかしないはずの緑甲羅攻撃が、追尾弾のように追ってきます。もしかして、投げた瞬間や壁反射した際に、角度補正をして意図的に当たりやすくしてるかもしれません。

・コース攻略が簡単になった
アイテムが当たりやすいので、敵が1位を走っていても、そんなに独走を許すようなレース展開にはならないので、諦めずに走っていると、何だかんだ追いつけたり。
それから、カートのセッティングが可能になったので、加速とコーナリング性能さえ上げておけば、最高速度が伸びなくても、コースアウトしにくいです。私がプレイしたすべてのマリオカートの中で、一番コースアウトしないで走り切れるゲームです。

要するに、上手くなくてもハチャメチャに遊べるゲームだと思います。
人間同士でやるなら、うまいへたで、いつも同じ結果しか出なかったスーパーファミコン版より、がやがや楽しめるのかもしれませんが、コンピューターとレースしていると、不愉快が勝りますね。

私があまりにアイテム攻撃を当てられて、声を上げて落胆しているのを、ツマは冷めた目で見ています(苦笑)



2013/11/06

お前の実力は、まだまだこんなもんじゃないだろうっ!

SD1Merrillと30mmF1.4ExDcHsm戻ってきました。
・・・直っていません。ショックです。

高速シャッターの際に片側が暗く写る現象です。
大きい画像載せてしまうので、重かったらすみません。
画像左側が暗いです。
カメラを180度回転して持ちかえて。
今度は右側が暗いです。
やはり特定の側が暗く写ります。
更にショックなことに、これら画像の左右で木の葉を見比べてもらうと分かるのですが、片側がボヤボヤしています。

再入院決定です(涙)


 ■使用カメラ等 

SIGMA SD1Merrill
SIGMA 30mmF1.4ExDcHsm


 ■K-3みーつけた

本当は先日から目をつけていたのですが、今日初めて触りました。
驚いたのですが、グリップを握った感じ、K-5(II/s)とは、全く別物ですね。とても握りやすかったです。あと、シャッターを押したときの音も全く違います。
個人的にはK-5及び派生機の音の方が好みですが、K-3もいいです。

いまや、APSサイズのカメラでは、全メーカーのカメラで最新、最高性能かもしれません。

「どうせ、K-5をちょっとアップデートしただけでしょ?」と思っている方には、是非触って欲しいです。全然違う感触でしたよ。



2013/11/05

りす園

新潟県は加茂山公園内の、りす園を訪れました。
とてもかわいいし、すばしっこくて愛らしい動き♪
また遊びに行きたいと思いました。

ここでは、りすのオリの中に、人間が遊びに行くような感じです。近くで見ることや、エサやりもできますよ♪
また、子連れでは公園の遊具が充実していて、しかも山登りと遊びが一体になっているので、楽しくハードに遊べます(笑)
うちの子たちは、とても気に入ったようです。


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF/Apo200mmF2.8G

最短撮影距離1.5mなので、近くにいても寄り切れない事がたくさんありました。
タムロンのA001(70-200mmF2.8)なんかは、確か0.95mまで寄る事ができたので、今回のようなケースでは、活躍できたかもしれません。ただ、AFは速くないらしいですよね。少しだけ気になっているレンズですが・・・。


 ■Df

ニコンのDfというカメラが発表されましたね。
とにかく、はじめにダイヤルありきのカメラという印象です。
ニコンのプレス冒頭でも
①ダイヤル
②画質
③小型
の順に話題にしています。

せっかく、フラグシップD4と同じイメージセンサなのに「ダイヤル推しなの!?」と、なんだか違和感がありました。ダイヤルが自慢だとしても、画質を一番に謳って欲しかったというのが、正直な気持ちと言いますか。
ISOダイヤルも、そんないい所にいる意味があるのか?とか、そもそもフィルムでもないのにダイヤル?と違和感。もっと別のものに割り振れなかったのかとか。
私が頻繁にいじらないせいかもしれませんが、ISO感度は画質重視で最低付近か、シャッターチャンス重視のとき、シャッタースピード優先モード時にISOオートくらいしか使いません。皆さん細かく使い分けているのかな・・・。

まずは小言を書いてしまいましたが、やはりD4のイメージセンサが、割と手の届きそうな価格帯に降りて来たというのは、気になるところです。
ダイヤルとか外観を推しまくりに食傷気味ながらも、中身はしっかりしていそうで、気にはなります。

欲を言えば、もっと小型ならよかったです。α7やGMなど、まさに驚きのコンパクトと高性能を両立させようとしたカメラが、相次いでデビューした後なので、クラシックルックな一眼レフカメラが出たというだけに感じたのです。
ルックスだのダイヤルだので目立っているのが、もしかしたら超素晴らしいかもしれないカメラ性能の魅力を、隠してしまっているように感じています。
それが狙いなんですかね??

気になるけど、素直に単純に喜べないのは、単に私がへそ曲がりなのか(笑)



2013/11/01

沖縄で使用したカメラ

そういえば、沖縄に持っていったカメラを、少しだけ紹介。
以前IXY3のマリンケースバージョンも、RX1も紹介した事があるので、E-M5とレンズだけです。

まずは、主役級の活躍だった、E-M5とH-F008を♪
とってもルックスグッドだと感じています♪
意外に、レンズ鏡筒の色とボディの色の違いが気になりません。鏡筒も短いですしね。
レンズキャップはかぶせ式です。結構キツキツなので、自然に抜けることはあり得ないと思います。
安っぽくもないですよ。どうしても使い難いですが(笑)

正面からも。
「8」シンプルで好きです♪

オマケですが、L-RS014150を装着した姿も。
マウントアダプタも、この艶消しの格好いい黒にして欲しかった・・・。
E-M5にはヘヴィ過ぎますね。グリップを持っている人は絶対装着した方がいいです。ただ、鏡筒のギザギザと、マウントアダプタのギザギザに統一感があって、マッチングはそれ程悪くないです。
でも、このレンズの黒は質感良い塗装なんですよ。これができるなら全部この色に統一して欲しいです・・・。


 ■使用カメラ等 

SONY RX1

一枚目は、イラスト調エフェクトをかけています。


 ■11月です

先月発表されたアレやコレが、発売になりますね♪
K-3
α7/R
RX10
GM1
STYLUS1
そこら辺はじっくり見て、触ってみたいです。

RX10はハイズームレンズ一体型のカメラとしては、あまりなかった中上級路線なので、面白そうです♪
ファインダの見えも広大で、α900とE-M1よりは若干小さいですが、E-M5よりは大型で、EOS6Dと近いくらいの大きさです。
内臓NDフィルタもありますから、絞り開放も積極的に使いやすそうです。
シャッタースピードが最速1/3200と遅いですが、これもレンズシャッターかな?とすると、フラッシュ全速同調なので、内臓フラッシュもF2.8通しの明るさも活きてきますね。
詳しいところは、仕様表を見ても書いてないので、実物を見てのお楽しみです♪



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...