What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/02/28

お大事さま

お大事さまと、お雛さま。

お嫁にいらした めーざましー
よく見た 三女の 広い パオ―


昨年の

あかりをつけましょ どんぼりー
おはなをあげましょ どんぼりー

よりはマシになったかも


ちなみに五人囃子は「ボインバヤシ」ですって(笑)



Pentaxの一眼レフカメラK-rにて。
レンズはDA35mmF2.4AL。
色はPCで編集してます。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/27

気になる5014

先日SONYからアナウンスがありましたが、噂の50mmF1.4が発売決定しました。

SONY Aマウントレンズ 50mmF1.4 ツアイス印
SAL50F14Z

ですね♪

Aマウントユーザーにとっての比較選択肢は
SONY現行SAL50F14
SIGMA
となるでしょう。

という事で、3つのレンズのMTFチャートを重ね合わせて比較してみました。

10本/mmのみです。絞り開放(F1.4)時。

赤:SIGMA
緑:SONY SAL
橙:SONY SAL-Z

APSの画角では中心から15mm以内を見ればいいのですが、その場合新しいツアイス印はまさにプラナーな平たんさ。
中心点においては、SIGMAは元より、SONY現行にもやや劣ります。
それでも、周辺まで使い切れる50mmF1.4なんて他に知りません。(私の知識が狭いだけという話も。)
MTFが良ければ気に入るレンズになるわけでもないし、F1.4で使用する事ばかりではないと思いますが、一応参考までに。

製品ページの作例では分かりませんが、点光源ボケの口径食なんかはどうなんでしょうか。気になるところです。

たぶん、私がよく使うF2.8くらいまで絞ると、フルフレームでも全域キリッと写るのでしょうね。
その場合のライバルはもちろん、SONY(MINOLTA)Macro50mmF2.8です。
マクロ50mm並みにシャープに写ってしまうのでしたら、本当に理想形です。あのレンズは凄いですからね。
ただ、どうしても逆光耐性はツアイス印には敵わないので、その最新型50mmF1.4Zが、現行50mmF1.4のみならず、マクロ50mmまで内包するような性能だったらと、妄想せずにはいられません。
でも最短撮影距離が45cmと長いので、完全に置き換えできるレンズにはなりませんが(笑)

すぐ買う予定はないですが、楽しみなレンズです♪


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/26

EOS M + EF-M22mmF2STMで接写

リンク:EOS M + EF-M22mmF2STM で接写

キヤノンのミラーレス一眼カメラEOS MとダブルレンズキットのEF-M22mmF2というパンケーキレンズで接写して、大きい写真付きの感想を書きました。
ご興味あれば上記リンクをクリックしてどうぞ。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

エビスさま

■たまには贅沢家呑み。

一応、味見くらいはしておこうと飲みました。
このところ立て続けだった試験や講習もクリアできたので、ご褒美♪
薫り華やぐヱビスです。
赤いヱビスというと、長期熟成とか秋限定のアルコール度数高め・味濃い目なヱビスを連想したのですが、このヱビスは全く違う味でした。軽やかで苦みより爽やかさを感じました。
個人的にはヱビスの中では、一番好きかもしれません♪ただ、相変わらず高価ですよ(笑)

私はローソンのお得なお試し引換券でゲットしたから飲んでいるようなものです。

ちなみにおつまみは。
これはちょっと驚きました。
ベーコンを模したスナックも入っているのですが、触感はスナック菓子ですが、味と香りはベーコン。
ちょっと面白かったので、もう一回くらい食べてみてもいいなと思っています。

■スマホカメラじゃなくてDSLRで。

最近はASUSのスマホPadfone2ばかり使用して、リビング内撮影をしていたのですが、たまには一眼レフもということで。
K-r + Pentax DA35mmF2.4AL
です。嫁様カメラです。

AF性能は本当にどうしようもなく低いカメラです。
と言うと誤解を与えかねないので、もう少し詳細に書くと、暗い場面で位相差AFをすると、照明の色によって大幅に左右されるのです。
昼間の屋外とかなら問題はないです。夜の室内撮影なんて、ピンぼけ写真量産です。

ライブビューで鈍足のコントラストAFができるので、ブツ撮りするならそれで凌げました。

文句も多くなるカメラではあるのですが、Pentaxの発色なのか、K-r独特のものなのか、とても好きな発色傾向です。
紫とかピンクにいい意味で癖があるのかもしれませんが、発色に関して言えば、私が所有する全てのカメラの中で、一番好きです。

スマホカメラの便利機能は優秀な総合性能ですが、やはり「スマホにしては」と枕詞を付けるのが相応だろうという結論に(笑)
でも必要十分なので、使う機会は非常に多そうです。



2013/02/25

EOS M + EF-M22mmF2 ファーストショット

リンク:EOS Mファーストショット

キヤノンのミラーレス一眼カメラEOS MとダブルレンズキットのEF-M22mmF2というパンケーキレンズで、試し撮りしてみました。
ご興味あれば、上のリンク先をどうぞ。

★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

カメラパパ出動

■キヤノンEOS M は、購入したものの、まだ一枚も撮影していません。

この前の週末は、長男の幼稚園で「雛祭り発表会」といって、一年の締めくくりに劇や歌を発表してくれる会が開かれた為、そちらに臨んできました。

買ったばかりのカメラで、大一番にぶつけ本番なんて、怖くて絶対できませんので、今回のセットは無難に

ムービー:E-M5 + M.ZD ED12-50mmF3.5-6.3EZ
スチル:α900 + MINOLTA HighSpeedAF APO200mmF2.8G

でやりました。
スチルはオマケ程度に、ムービーを大切に撮影したつもりです。
カメラボディ、レンズのセレクトは、成果的にもベストでした。
モロ顔ばれ写真ばかりなので、他は自粛しますが、満足度の高い撮影ができました。
長男が幼稚園に入園してから、約2年。
私がカメラにのめり込んだのも同期間くらいですが、ここにきてやっと落ち着いてプラン通りに撮影できるようになりました。

三脚を立てたりすると、他の親御さんの妨げになる可能性もあるので、近くに場所取りしている方とはチームワークで、自分の子どもの出番のときだけ前に出させてもらって、別の親御さんのお子さんの出番のときは後ろに下がって、お互いがいい気持で撮影できる様、最低限のコミュニケーションも欠かせません。

また、一眼レフで撮影する方は少なくはないのですが、私のα900は中でも一番品の無い大きなシャッター音(ミラー動作音)を発するので、むやみやたらに乱写するには気が引けますから、要所要所に止めました。
ムービーだけを撮影する人にとっては、シャッター音が非常に疎ましいと思うんですよね。

そんな事に気が回るようになったのも最近です。
まだまだ幼稚園とは長い付き合いですから、迷惑なパパにならないよう気を付けつつ、気持ち良く思い出を残していきたいと思っています。


■これはお酒(さけ)です。

バナナの味を強く感じるお酒(さけ)です。
大きく、しかも平仮名で書いてあるのは、こどもがうっかり誤飲しないようにですかね。

最近はバナナ味は珍しいので、なかなか良いですね♪
さっそくリピートしてしまいました(笑)

2013/02/22

Mで蘇るアイツ

下の写真をパッと見て「!」と気が付く人は、なかなか鋭いです。

まぁ、右上にレンズは何を装着しているかメモしているので、それがネタバレなのですが(笑)

■背景結構ボケてるな・・・いや待てよ!

背景ボケているように見えて、一番手前のGX1から奥のGH3までピントを当てています。
換算画角70mm相当、絞りは開放F2.8です。
これがティルトでできる事の一例ですね。
パンフォーカス・・・と言うと、ちょっと違った印象を抱く言葉かもしれませんが、パンフォーカスのひとつのバリエーションです。
焦面を傾けて実現しています。

■所持しながら、ずっと防湿庫で眠っていたTS-E45mmF2.8というレンズ。

以前はEosKissX3を所有していた時期があり、その頃に入手したレンズです。
正直、あの光学ファインダでは使い難いレンズでした。
ライブビュー主体だと使い易くなります。一部拡大表示なんかもできるものですから、結構追い込めますし、露出計はイメージセンサなのですから、一眼レフで使用するようなオーバー/アンダーの失敗もありません。
ライブビューとか拡大表示とか、何の話をしているかといえば、キャッシュバックキャンペーンが始まったEOS Mです(笑)
実質安くなると聞けば、欲しくなってしまうのですから、現金なやつです。

マウントアダプタ、パンケーキと標準ズームの2本のレンズ、フラッシュが同梱されたダブルレンズキットが今や最安値6万円以下。キャッシュバックで実質5万円以下です。
ここまで来ると、やっと買い得感が(笑)

欲しいなーと。ぐらぐら来てます。
色は白がいいかな。

いくら欲しいと言っても、無意味に買い物する訳ではなくて、もうすぐ実家を建て替えのために取り壊すので、取り壊し前に最後の記録を残しておこうかと思っています。
2度と見る事ができなくなる前に、いろんな写真やビデオを残しておきたいという気持ちもあります。

もちろん、既所持のカメラシステムでも撮ります。
RX1とか、A900+SAL1635Zとか、SD1Merrill+18-250mmF3.5-6.3DcOsHsmも準備する予定です。
建物といえば、安直ですが、シフトレンズも持っているなら撮らない手はない訳で。

そこで、気が付けば驚く程お得に買えるようになっていたEOS Mに、急に興味が再燃したのです。
メインシステムとして、なんでもこなさせようとするには、悪い意味でいろんな問題があるカメラだと思うのですが、TS-Eレンズが一番使い易いボディとして考えるなら、正に現段階ベストかもしれないと思い直しました。

近いうちに買ってしまうかも。
買ってしまいました。白(笑)


2013/02/21

MEDIA SHIP

■新潟の新しいランドマークのひとつ、MEDIA SHIP です。

地方新聞の新潟日報が主導するビルで、下層階にはショップが入るようです。
MEDIAは新聞社のビルでもあるから。
SHIPは帆船の帆の方に湾曲したデザインから。
ASUSスマホPadfone2のカメラで撮影。
大きく表示(プリント)しても、ある程度耐えられるかもしれない画質かと確認。
個人的には2Lは余裕で、A4でも被写体次第でOKかもしれません。

なかなか発色も好みだし、キレ(ってなんだ?・笑)もいいのですが、ハイコントラストな場面については今一歩。
後ろの白いマンションなんかももう少し粘って欲しかったです。
画像の周辺部という事もありガタガタというのもあるんですが。
RX1とか、一眼レフみたいなカメラを普段使っていると、そんな些細な事が気になったり。
ちょっと過度な期待をし過ぎてますかね(笑)

でも、シャープネスも暗部ノイズリダクションも発色も、良バランスだと感じます。
空の色が嘘っぽいと感じつつも、嫌いじゃないです(笑)
ほんの少しイエロー傾向のある空色ですかね!?


2013/02/20

Lensbaby2.0

■防湿庫の奥で忘れかけられ・・・

Lensbaby2.0というレンズです。
実はAマウント版を持っていました。
1年以上前に、Amazonで8割引きくらいで投げ売りされていたので、確保しておいたのでした(笑)

数回α900に装着してみた事があったのですが、とにかくピントを合わせる事さえ難しいです。光学ファインダでは限界を感じます。
EVFやライブビューで拡大表示しないと、しっかり狙えません。
それから、ぐにゃぐにゃ柔らかいレンズ筒本体のため、ピントを保持し続ける事が難しかったのです。

そんなこんなで、防湿庫の奥の方ですっかり忘れかけていたのですが、OLYMPUSのE-M5(OM-D)とAマウントアダプタを持っているので、あのモニタと手ぶれ補正なら、使いこなせるかもと期待をして試してみました。

案の定、相性は良好でした♪

※背景はボケ処理を加えています。散らかっていたので。


■Lensbaby2.0は50mmF2.0です。

絞りは着脱式のドーナツ型円盤を装着して使います。
絞り円盤を装着しない状態がF2.0。
絞り径は、直径の半分の穴が空いているとF4みたいに、数枚付いています。
もちろん自作可能です(笑)星形絞り、ハート形絞りとかSTFのアポダイゼーション絞りなんかもできます。

E-M5で使用すると100mmと、ちょい長な画角ですが、ブツ撮りにはちょうどいいかもですね。
というか、私の腕では静止物しか撮れません。



★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/19

泡盛生チョコ

ちょっと記事にするのが遅くなりましたが、バレンタインデーのチョコレートとして、義理のお母様から頂いたチョコレートです。

泡盛生チョコ 琉球王朝 です。
泡盛と聞いて、とてもキツイ香りや味を想像したのですが、生チョコとのマッチングを優先しているのか、泡盛が主張しすぎず、柔らかく香り高い美味しいチョコレートとして食べる事ができました♪
感謝感謝です。


■カメラの話も

本日OLYMPUSのミラーレス一眼カメラE-M5(OM-D)の最新ファームウェアが公開されました。
早速更新しておこうと思います♪
それから、背面モニタの枠にクラックが入るという事例に対して、やっと対処開始するようです。
うちの子は大丈夫でしたが。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/18

開発者が語るA99+SAL135F18Z

αオーナーズマガジン
より、引用しています。

開発者の話というのは、知る機会が限られているので、貴重かと思います。
SONYのツアイス印SAL135F18Z(Sonnar T* 135mmF1.8 ZA)と、α99について語っています。

私は、SAL135F18Zについての文章に興味があるので、そちらを中心に見てみました。
このレンズは、Aマウントレンズでも特筆されるレンズのひとつで、私は使用した事はありませんが、とても気になる存在です。
それでは、以下リンク先より


■カールツァイスのレンズで最も重視しているポイントはコントラストです。

このSonnarはキレのあるシャープな描写というような評価を頂いているのですが、そのシャープな描写はコントラストへの強いこだわりから生まれます。そういう意味ではこのSonnarは、本当にツァイスらしい写りをするレンズだと思います。(白石)

カタログに載っているMTFを見ると分かりますが、周波数が高いところでも高コントラストになるよう目指して設計されているのがSonnarです。
ただ、コントラストは単純にレンズ設計を工夫すれば良くなるわけではありません。例えば、羽根枚数9枚の円形絞りを採用している理由は、もし円形でなかった場合光芒を引きやすくなり、コントラストは下がってしまうからです。
また、レンズ内でのフレアをしっかり抑えるためにレンズ後部の内壁には植毛処理を施しています。光学設計だけでなく、こうしたメカ設計の工夫ひとつ一つがコントラストにつながっています。そこにはカールツァイスレンズの特長であるT*コーティングも大きく寄与していることは言うまでありません。(大竹)


*****
前にもSONYのツアイス印の開発者インタビューで読んだ事がありましたが、コントラストを最重要に考えているのですね。ツアイスの基準に準じているという事です。
また、余談ですが、始めからツアイス印として開発を始めたものでなくても、開発の過程で相応しい性能を認められるため、途中からツアイス印にするという事もあるようです。(この135mmがそうかは分かりません。)

円形絞りの方が光芒を引きにくいというのは、そう言われればそうなのかもしれませんが、てっきり点光源ボケを綺麗に見せる事が、主目的だと思い込んでいました。

内壁の植毛やコーティングは、ツアイス印の基本スペックですかね!?
*****


■シャープな描写

という点について言えば、フローティングフォーカスを使用していることがひとつのポイントです。
フローティングの仕組みは2つのレンズが動き、焦点距離の変化でピント面が動いても、中心と周辺のバランスなどが変わってしまうのを抑えることができます。これにより、ただ単にシャープというだけでなく、距離が変化したときでもシャープさを保ち続けるような設計をしているのが特徴です。さらにEDガラスを入れることで色のにじみを抑えているのも、忘れてはならないポイントです。(大竹)

まずひとつ言えるのはSonnarを使うときこそ、α99の有機ELファインダーの強みが最大限に生かされるということです。その根拠のひとつとして、Sonnarの持ち味であるカミソリピント(カミソリのようにピントの合う範囲が狭いこと)があります。この極薄のピントを合わせたい位置に素早く合わせられるのは、有機ELファインダーしかありません。もちろん光学ファインダーでもある程度ピント位置は把握できますが、狙い通りの作品にたどり着くまでに一度撮影して仕上がりをモニターで確認し、再度調整して撮影という流れにどうしてもなります。ですが有機ELファインダーならファインダー上でピント位置を拡大し、より厳密に調整しながら撮影できます。(漆戸)

ファインダーの拡大表示機能は、中心だけでなく構図の隅々まで確認できるのも特長です。当然レンズは中心が一番解像しますが、Sonnarなどのカールツァイスレンズは周辺の解像もいいので、そういったレンズの性能をしっかり細部まで確認しながら撮影できます。そうすれば作品の精度をさらに上げられるはずです。また、ピント位置の確認をアシストする機能としてもうひとつピーキング機能がありますが、これもEVF(Electronic View Finder、電子ビューファインダー)だからこそできるアクションですね。(花田)


撮影中は作品を俯瞰して確認することもあれば、ピクセルで拡大して細部を確認する場合もあります。その両方を撮影の流れのなかでスムーズに、ファインダーをのぞいたままできるというのがEVFのメリットです。目を拡張し、ワークフローも効率よくなるという点ではプロのカメラマンの方にも非常に使いやすいと高い評価をいただいています。(漆戸)


Sonnarのピントのつかみやすさという点で機能面からお話しましたが、もちろんそれだけではα99の有機ELファインダーが持つ「見え」の良さは語りきれません。そもそもα99のファインダーは「光学」と「デジタル」の両面から進化しているので、機能を使わずともSonnarの極薄ピントがはっきりと分かると思います。基本設計はα77を踏襲しつつも、作り込みは精緻(せいち)を極めています。まず光学面では、EVFのなかに使っている光学部品のレンズの精度を今まで以上に高めました。レンズ1枚1枚を厳しく吟味し管理しているのに加え、レンズ同士の組み合わせにも最大限に気をつかっています。このレンズを組み上げる工程がとても重要で、最終的な性能は組み合わせで差がでます。高性能なOLED(Organic Electro-Luminescence、有機EL)と、視認しやすい光学部品がそろわなければいいファインダーはできません。(漆戸)


デジタル面でのファインダーの進化は画づくりにあります。特に階調性については重点的に取り組んでおり、暗いところから明るいところまでしっかり確認できるよう、あらゆるシーンで試しながら作り込みました。基本的に白とびや黒つぶれの度合いは階調設計で決まります。空に浮かぶ雲がのっぺりした白一色にならないようハイライトの微妙な階調性を維持したり、黒つぶれに配慮しながらシャドーの表現を見せつつノイズを出しすぎないなど、両者をうまくコントロールしながら最終的な仕上がりを決めました。またOLEDの特長である高コントラスト特性を踏まえ、画づくりでは感覚値を大切にしながら写真を確認するうえで最適なコントラスト設計にしています。最終的にはEVFとしての様々な利便性は享受しつつ、その向こう側に見える世界があたかも肉眼で見たかの様な質感を伴って再現できるように配慮しました。(花田)


EVFはα55ではじめて一眼カメラに搭載したのですが、それからここまで常にフィードバックを受け、我々も日々考えながら進化させてきました。ぱっとみの見ばえだけならコントラストを高くして明るくすればいい。でもそれだけでは写真は撮れません。単純な見ばえに偏った設計をせず、α99では徹底的にリアリティーを追求しました。そこには、これまで積み重ねてきたノウハウのすべてが生かされています。だからこそ、フルサイズのイメージセンサーを最大限に生かせるEVFがα99では実現できたのではないかと思います。(漆戸)



*****
フローティングフォーカスですよね。
私の実体験でも、撮影距離に関係なく安定して写りの満足度の高いレンズは、フローティングが多いです。
どれくらい色収差を抑えているのかは、このレンズを所持していないので分かりませんが、こりゃヒドイという作例も見た事がないのも事実。
*****



■Sonnarが出た当初はAPS-Cセンサーのα100しかなかったので、


それだと換算200mm相当と画角が狭くなり、個人的には使いにくいという感覚がありました。しかしフルサイズのα99に装着して使ってみると、やはりこのレンズはフルサイズで使ってこそ真価を発揮するなと実感しました。APS-Cとフルサイズのセンサーでは、画素数が同じでも表現力については根本的に差があります。さらにSonnarは画角周辺まで解像感にこだわって作られているので、APS-Cセンサーでその部分を切り捨ててしまうのは正直もったいない。本当に表現力の高いレンズだからこそ、その表現力を最大限に引き出せるボディで使用してほしいですね。(白石)

さらに捕捉すると、Sonnarのぬけの良い描写をさらに高めてくれるのがα99です。ぬけの良さというのは、実は黒を限りなく黒に近づけることで生まれます。黒が締まるというのは写りのなかでとても重要で、α99のイメージセンサーは黒を締める工夫がされているのでSonnarのぬけの良さが存分に生かされると思います。(大竹)

α99では黒のレベルを、メインセンサーから信号を受け取るデジタルフロントエンドとBIONZでの信号処理によって正確かつ高速に合わせています。有機ELファインダーの映像はメインセンサーからとっているので、当然センサーの性能の良さがファインダーの見えにも大きく影響しています。(漆戸)

さらにSonnarの魅力のひとつでもある
ぼけ味を正確にEVFで確認できることも、作品づくりにおいて大きなアドバンテージとなるはずです。それが可能なのもα99がトランスルーセントミラーを搭載しているからです。そういう意味では、おそらくファインダーで一番きれいにぼけを確認できるデジタル一眼カメラはα99だと思います。α99の有機ELファインダーにはさまざまな機能とリアリティーを追求した見えがあります。このファインダーを通して、ぜひカールツァイスレンズを使う喜びや、そのポテンシャルの高さを再発見していただければと思います。(花田)



*****
水面下ではα900のプロジェクトも動いていたでしょうし、フィルムαの延長の方もいらっしゃったのでしょう、SONY時代になってからのレンズの中では古株レンズですが、現在でも、そして過去のラインナップを合わせた中でも、第一線の憧れのレンズです。
こういった文章では、あっさり短く語られていますが、「こだわり」は並々ならぬものなのでしょうね。
Aマウントの135mmには、STFというコレまた特別かつ格別のレンズがあります。
同じ画角に、タダものではないレンズが2本ある。そして片方が淘汰されるような関係ではないというのは、その存在価値を暗に象徴しているのでしょう。

ところで、「黒を締める工夫」というのは、デジタルカメラマガジン20012年10月号の開発インタビューで読みました。エリア分割ノイズリダクションという考え方で、黒い部分には黒い部分で最適なノイズリダクションを掛けるというようなものです。気になる方は誌面をどうぞ。
おそらく、サイバーショットRX1でも同様な処理がされていると思います。黒は周辺ピクセルから予測して塗っているんじゃないか?と思う程ノイズが少なくなりました(笑・α900比)

私はEVFについては、見やすいと思った事はないのですが、光学プレビューがうまく反映できるのは羨ましい機能だと思っています。
OVFのペンタックスK-rでは、光学プレビューもできるのですが、絞るので当然ファインダ像は暗くなり、結局見づらいのです(笑)
*****



★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/16

リッチトーンモノクロ

SONYのビックリドッキリメカこと、サイバーショットの異端児RX1でひさびさに撮影したので、少し大きめな画像でアップ♪
サイバーショットDSC-RX1
ISO100 , F2.0 , 1/400s
ピクチャーエフェクト:リッチトーンモノクロ

■使ってみれば、やはり楽しい♪

最近スマホに感心してから、すっかり出番のなかったRX1です。
前の週末は、吹雪の中遊んだので、持参しながらそれこそ出番がなかったのですが、屋根のある場所があったので、数枚だけ撮っておきました。
持って行きながら、1枚も撮らないのも悔しかったので(笑)

ピクチャーエフェクトのリッチトーンモノクロで撮影。
(PC後処理でちょっとセピアに振っています。)

リッチトーンモノクロっていうのは、HDR合成の白黒版で、露出を変えた3枚連続撮影をして合成し、ダイナミックレンジを粘らせるやつです。
明暗差の激しい場面で役立ちます。
三脚無しで、手持ちでできます。

RX1を使用していて、耐ノイズも色傾向もそれ程不満がないので、ほとんどJPEG撮影しています。(JPEG撮影じゃないと、ピクチャーエフェクトのほとんどが使用できないという理由もありますが。)
中身が凄いぞっていうのを忘れて、気楽にパチパチ撮影して楽しめるカメラです♪
この形がそうさせているなというのを再確認♪

■モノクロといえばSIGMAも。

そういえば、SIGMAのSD1MerrillとかDPMerrillシリーズでは、新しいモノクロ撮影モードを使えるようになる(なった?)らしいですが、それならJPEG撮って出しでも不安なく使用できるかな?とか考えてみたりしています。RAW撮影限定だそうです。
発色の不安がなくなるだけでなく、耐ノイズでも良い方向に寄与するらしいですね。
そのうち確かめてみたいところです。


撮影場所:アオーレ長岡にて。


2013/02/15

バレンタインチョコは

バレンタインデー、皆さんは収穫ありましたでしょうか?
私は、ビックリマンチョコを自分にプレゼントです♪
バレンタインデーに限らずって話も(笑)
おかげで、いつのまにかブラックゼウスノーマルカラーも揃いました♪
気が済んだから、もう買わないかと思いつつ、ついつい(笑)

ちなみに、チョコは美味しく頂いています♪
マイルールとして1日1個までです♪


すっかりスマホカメラマンと化してしまった私ですが、久々に別のカメラで撮影してきた分があるので、明日はそれをネタにできそうです♪


2013/02/14

バレンタインデー

バレンタインデーです♪
嫁様は、昨晩チョコを溶かして、うずまきチョコを作ってました♪
がんばったね!

こどもたちも、きっと喜んでくれるでしょう。

ちなみに、私の分には冬用の上着を買ってもらいました♪ありがたいです。
ここ数年、プレゼントとか遠慮してしまっていたのですが、やはりもらうと嬉しいですね。

我が家では嫁様は専業主婦なので、結局私のお金で私にプレゼントされていると思うと「微妙だ」と思ってしまっていたのですが、プレゼントはコミュニケーション手段でもありますし、たまにはイイかもですね。


今回もスマホ(ASUSのPadfone2)で撮影していたのですが、これに搭載されているカメラが、なかなか特定できません。
SONY製1300万画素のユニットではないか等々噂は見かけるのですが、細かく見て行くと、レンズの焦点距離や動画フレームレート等で相違があったり、謎です。
1080p(30fps)、720p(60fps)はよく見かけるスペックですが、これに加えて480p(90fps)とかも選択できます。なかなか遊べますね。

もしかすると、SONYの新製品XperiaZのカメラと兄妹かもしれません。
そちらの情報も探したりしています。

あとどうやら、内部ではRAWを出力も可能らしいので、アプリケーション開発できる人なら、もっと性能を引き出したりできるのですかね。
個人的には、ユーザーメモリくらい登録できるアプリが標準ならよかったのにと思います。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/08

アドバンス

N700A出発式でしたね。
N700AAdvanceの意だそうです。
上越新幹線エリアに住まう私には、N700無印でさえ縁がない為、そのアドバンス具合を知る基準さえ持ち合わせていません(苦笑)

ところで、アドバンスと聞いて私の様にカメラが多少好きな人は、Nikon1を思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね。
レンズ交換式アドバンスカメラと呼称しています。

そんなニコンですが、デジタルカメラの利益面で苦労しているようです。
華やかで勢いのあるイメージを持っていましたが、大きなマーケットである中国の影響だけではなく、その一昨年のタイ洪水で製造に支障をきたした事を意識して、在庫をたくさん仕込んだ事も影響したそうです。完全に裏目に出ました。
過剰在庫の整理の為安売りせざるを得なく、利益を押し下げたのですね。

もちろんニコンだけが苦労している訳ではありません。
逆に期待された裏返しがニコンを際立たせたと思うのですが、日本のカメラメーカーには踏ん張ってもらって、より賑やかなマーケットをつくっていってもらいたいです。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/07

EOS Mの無料貸し出しキャンペーン!

キヤノン:Let's Try ! EOS M キャンペーン

◎機材の受取り、返却のため、ショールームにご来館いただけるお客様を対象とさせていただきます。

なるほど

◎先着順になります。

え!それってイイじゃないですか!
こういうお試しモニタ企画みたいのって、写真審査みたいのある事多いですし、それがないだけでも気楽ですね♪

私の場合、東京に出る用事をわざわざ作らない限りは難しいです。
東京の往復交通費だけで一回2万円、返却にもう一回行くとすると4万円です。
買って売った方が安上がり?


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/06

新たなカメラ

■我が家に新しいカメラがやってきました。

軍艦部モニタとはなかなか。
モードセレクトの「B」とは何でしょう??
バルブ?
ブラケット?
それとも・・・

レンズ一体型ですが、なんと12-800mmF1.0
それなのにフィルタ径52mmという超コンパクト!

イメージセンササイズについての表記はありませんが、12mmを広角端に持ってくるという事は、恐らく4/3(フォーサーズ)か1インチサイズかもしれません。
実際ボディサイズはOLYMPUSのフォーサーズE-420くらいのものです。

それにしてはレンズのスペックが破格過ぎます(笑)
どうなっているんだこのカメラ。


ネタバレは記事の最後に↓↓↓


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。

■我が家に新しいカメラが・・・って、アレっ!?

イチガンバスターというオチでした。どうもすみません。
いわゆるスーパーヒーロー戦隊(?)ゴーバスターズの武器なんです。

この間、アンパンマンのカメラを買ったところ、子どもたちが取りあいの喧嘩に発展してしまったので、もう一つカメラ型のおもちゃをと思いコレを。

ちょうど、この武器を使用する戦隊の番組がもうじき最終回という事もあり、Amazonで8割引きの投げ売り状態だった為、即ポチ(笑)

・ズームリングが回ります。(12-800mmF1.0インナーズーム)
・広角端に回すと、レンズフードがパカッと大きく開きます。(コレいいな)
・フィルタ径は52mmと表記がありますが、実際は58mmくらい。
・秒間3連射くらい。
・ハンドガンの形に変形します。

長女1歳のカメラとなりました。
お兄ちゃん4歳は興味ないらしいです。というか、ちゃんと撮れるアンパンマンカメラがイイんですね。
長女は、カメラの真似っこがしたいんだと思います。
だから形がカメラらしいこっちが気に入ったんだと思います。

さて、今回もスマホカメラ(Padfone2)で撮ったのでした。
やっぱり、撮りたいと思ったときに手の届くところに置いてあって、即撮影できる(しかも即アップロード)というのは、一つの重要な性能です。

一眼レフでは、EOS6Dがwifi対応ですが、こういった直接撮影に影響する機能ではない部分が、撮影を楽しくさせるという意味では、大きな影響力を秘めているのかもしれませんね♪
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/05

腐るのは蜜柑ばかりではない。

スマホカメラばかり使用していて、最近カメラらしいカメラで撮影してません(苦笑)
結露を嫌って、なかなか防湿庫から出せません。
こういうのを宝の持ち腐れというのですね・・・。

その中でも、いちばんの持ち腐れといえばEFレンズです。
ボディはない、マウントアダプタもないで、全く稼働していません。
TS-E45mmF2.8とEF50-200mmF3.5-4.5Lの泣き声が聴こえるようです。
マウントアダプタでMFでもいいですが、絞りが操作できないのは・・・と思い、うーん。
特にTS-Eは、絞り開放で使用するには難を感じます。

EFマウントボディを手放してしばらくしますが、このレンズ達にもそろそろ活躍の場を、再び用意してあげたいところです。
とにかく酸っぱかった、爽やかカロリ 沖縄シークヮーサー味
やっぱりスマホカメラ、Padfone2で撮影。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/04

ビックリマンノート!

ビックリマンノートブックをGETしました♪
サークルKでガーナ板チョコなど対象商品を2点買うともらえます♪
サイズはA5で小さいです。

他にもトッポ・コアラのマーチ・板チョコ等のデザインのノートもありましたが、やはり世代的にビックリマン♪

それにしても、表紙は聖フェニックス系統が多過ぎな気も(笑)


■そういえば、私は行けませんでしたが、CP+が開催されていましたね。

SIGMAの新30mmF1.4は8年ぶり(!?)のリニューアルで、期待が膨らみます♪

それから、マイクロフォーサーズのタムロン14-150mmは、発売したらおそらくすぐ購入すると思います。幼稚園カメラはE-M5に14-150mmだけで完璧かと考えています。(運動会は除く)

同じくマイクロフォーサーズ/EのSIGMA60mmF2.8は、すごい性能を秘めているのではないかと、ちょっとした興味があります。ただ、画角的に私は使わないかと思うので、興味だけに(笑)

それからAマウントの50mmF1.4SSMですが、想像以上に大きく見えるのがどうしても気になります。
やはり現行の50mmF1.4を見慣れ過ぎてしまっているのかもしれませんね(笑)
価格は1500ドルとか言う噂がありますが、これもなかなかどうして高額で、85mmF1.4とか他のツアイス印に準じますね。
売価で8万円くらいなら・・・とか、淡い夢のようです(笑)
まぁ、私が世間知らずなだけだったかもしれませんが、ちょっと欲しいレンズ像とは、かけ離れてしまいました。

あ、TOKINA70-200mmF4ですが、昨年のCP+で発表されたときは、欲しい気持ちだったのですが、あれから1年、結局発売されませんでした。それにどうやら重そうですね。
これも気持ちは冷めてきました。

今回気になったレンズ達は、どれも発売日・価格が未定です。
正式発表を首を長くして待とうと思います♪


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像

2013/02/03

ゴジラ

最近、写真撮影に出かけられていないので、以前撮影した画像を見返していました。
結構お気に入りな「ゴジラ」
新潟のサントピアワールドにある石像と、別のアトラクションの怪獣ですが、ある角度から望遠で撮ると、さながらゴジラ映画です(笑)



2013/02/02

ブーブ

ビックリマンの次は、こんなのを集めています。
変身ミニカーブーブです。
マクドナルドのハッピーセットのオマケで、長男へのプレゼントです。

画像のものは、スクールバスと消防車に変身する車で、なかなか幼児のツボを突く、ナイスなセレクトです(笑)

今回のハッピーセットの救いは、どれをもらうか選べる事と、種類が少ない事です。
4種類しかありませんからね。

前回は8種類かつ中身が見えない(つまり選べない)システムだった為、20回以上食べても全て揃わず、最終的にマックの店長さんに同情されて、最後の一種類を裏技で選んでくれました(苦笑)

今回は同情される程、毎日ハッピーセットを食べないで済みました。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。

2013/02/01

ファーストカメラ。

■こども(幼児)でも使えるデジタルカメラ。

本当に撮れる!しゃべる!アンパンマン はじめてデジカメ

子どもたちの為に、ちゃんと撮影できるデジタルカメラをプレゼント。
30万画素かつ、どうにも暗いレンズというキツイ仕様ですが、子どもが説明書も読まず使えるくらいなので、良いと思っています。

あと、アンパンマンがしゃべってくれるのがいいですね(笑)
「かわいいね」「かっこいいね」「笑って笑って」
とか
「上手に撮れてるね」「素敵だね」
とか
なんだか楽しくなってきますよ♪

室内では、昼間の日照が部屋に射し込む等、余程明るい条件でないと写りが悪いですが
「お父さんお母さんが撮ってるみたいに撮りたい!」 
という願望は満足させて上げられると思います。
単純に、声の出るおもちゃとしても楽しいですよ。

これはメモリーカード非対応なので、USBで吸い出す必要ありなのだけは残念ですかね。


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...