What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/01/31

WindowsOSのライセンス認証について

たまたま自分のミスがきっかけで気が付いただけなのですが、Windowsをアップグレードする場合、元が認証通らなくても、アップグレードを被せて、アップグレードの認証がOKなら問題ありませんでした。






yoyo memo

13:09 (編集)  -  一般公開
ライセンスなし→ライセンス認証OK。

キャンペーン最終日ですねWin8。
そういえば、この前Win8Proアップグレード版をインストールした時の事です。
対象は東芝DynabookTX/98という、2010年夏モデルでした。

ずっと使用していなかったし、今は他に使用しているPCがデスクトップとノートであるので、このPCは身軽にしてみようか等と余計な事を考えて・・・

Win7をいったんクリーンインストールし直してから、Win8にアップグレードしようと考えました。

そこでミスしてしまったんです(´<_` ;)

僕は、Win7のメディアを数枚持っているのですが、間違えて「DSP版」を使ってしまいました。
(´Д`|||) ドヨーン

これって、最初に認証したPC以外だと認証できないんですね。。。
画面の右下に「このWindowsのコピーは正規品ではありません」的な文字が表示されっぱなしになりました。
(この状態でも使用は続けられますが、更新サービスが受けられない。)

「あーあ、やっちゃったなぁ。またインストールし直すか。」と思った訳ですが

まてよ

「アップグレード版のライセンスはピチピチの正規だから、被せれば大丈夫だったりして。。。」

と、ダメだったら最初からやり直せばいいだけだしと、軽い気持ちでアップグレード。

結果

普通に認証されました(*´_⊃`)
まぁ、イイって事ですよね(笑)この投稿を折りたたむ


2013/01/30

SIGMA新製品

CP+を前に、SIGMAも発表がありました。
SD1Merrill、DPMerrillシリーズのキャッシュバックも太っ腹ですね!
SD1Merrillを持っているし、DPも1個くらい。。。って、危ない危ない(笑)

SIGMAの新30mmF1.4はイイ改良ですね♪
「もっと寄れること」「円形絞り」は、現行型所持者としては特に望んでいました♪

それから、ミラーレス用の60mmですが、これは性能良さそうですね♪
MTFチャートなんて嘘のように水平です(笑)ある意味プラナーかっ!
カッチカチのシャープには振っていないようですが、その方がバランスもいいと思います。
ボケが煩くなりすぎると嫌味がありますしね。

SIGMAもなかなかのニュースを用意してくれましたね♪





yoyo memo

9:18  -  一般公開
SIGMA新ミラーレス用レンズ

デザインが全く変わりましたね!
ボディに装着してみないと分かりませんが、E-M5のダサデザインとはマッチしなそう(´<_` ;)

60mmのMTFチャートが水平に近くてちょっとびっくり。
これってDP3Mの50mmレンズが元になっているんですかねー。

http://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_60_28/features.html
SIGMA GLOBAL VISION »
レンズの新しい考え方

Kazuya Yada さんのプロフィール写真

+1




yoyo memo

9:08  -  一般公開
SIGMA新30mmF1.4

最近安くなっていると思ったら、やっぱり新製品!
でも、思ったより早かったです(*´_⊃`)

個人的に嬉しいトピック
・30cmまで寄れるようになった事。(現行は40cm)
・円形絞り、9枚羽根。(現行は8枚カクカク)
・MTFチャートが改善。(大した参考にもなりませんが)

あれ!?
・花形フードではなくなった。
・重くなった。(400g→435g)

http://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_30_14/features.html
SIGMA GLOBAL VISION »
レンズの新しい考え方


2013/01/29

TAMRONがμ4/3用14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC(Model C001) 発売!

TAMRON|ニュース|マイクロフォーサーズ規格の高倍率ズームを開発発表 金属外装の本格派。35mm判焦点距離(画角)換算28-300mmの高倍率ズームに、独自の手ブレ補正機構VCを搭載。そして、超コンパクトで高画質。『 14-150mm F/3.5-5.8 Di III VC(Model C001) 』:

これを待っていました!!!
昨年の11月か12月に、タムロンが近々マイクロフォーサーズ用のレンズを発表すると、海外で公式コメントしていたのですが、遂に来ました!

このCP+で発表されなければ、諦めてOLYMPUSのM.ZD14-150mmを買おうかと思っていただけに、本当に嬉しいです♪

おそらく高倍率ズームを発売するだろうとは予測していましたが、てっきりNEXで発売した18-200mmを、そのまま持ってくるかもしれないと思っていました。

私個人的には、18-200mmの方が好ましかったですが、世間的には「広角端が・・・」と文句タラタラに言われるでしょうから、良いのではないでしょうか。
18-200mmでなければ、12-240mmとか夢のような高倍率も期待したのですけどね(笑)

さて、このTAMRON14-150mmですが、なんとあのM.ZDより更に軽量(280g)です。
しかも手ぶれ補正付き
OLYMPUSとPanasonicの良いとこ取りですね。
しかもOLYMPUSみたくフード別売りのケチな事はしません(笑)
TAMRONらしいと思ったのが、開放F値ですね。意地でも中途半端な数字でも明るくしようとF5.8とか、一昔前のレンズでも、F4より少しだけ明るいF3.8とかもありましたしね♪
まだ価格も発売日も未定ですが、M.ZDより安ければ迷いなく購入しそうです。

先日購入したDxoOpticsPro8も、きっと対応してくれるでしょうし、寧ろ高倍率ズームの歪曲等補正が目的で購入したのですから、対応してもらわなければ困ります。

早く発売して欲しいです♪


2013/01/28

一応ボケました。

スマホの豆粒カメラでも、こういった表現は可能なんですね!
少しですが、背景ボケます。

もっとも、絞り開放かつ最短撮影距離でこれが限界なわけですが(笑)

ISO200、1/20s(最長)、F2.4(開放)

このスマホカメラですが、イメージセンサはSONY製裏面照射CMOSらしいですね。
この手の小さなイメージセンサですから、光学ローパスフィルタは無いでしょう。

E-M5もSONYセンサと言われていますから、気が付けばSONYばかり手元に集まってしまいました。


2013/01/27

8導入

しばらく眠っていた東芝dynabook(Core i7等スペック的には十分だった)をアップグレード。

正直、現段階では使いづらくてしょうがないです(笑)
タッチパネル意識しすぎじゃないですか?
マウスで横スライドが多いのは辛すぎです。

そういえばIMEですが、「かお」で変換すると、顔文字がやたら豊富になってました。
(^_^)
ちょっと古臭いのが多いですけどね(笑)

しばらくこの古いPCで使ってみて、良さがわかったら、メインPCにも導入するかもしれません。


このWindows8、ついつい1月末までの期間限定に釣られて買ってしまいました。

私が買ったのはアップグレード版。
ポイント込みだと5000円切りました。
ヨドバシで5480円ポイント10%

ついでに1月末まで限定価格というので思い出した
DxO Optics Pro 8
も注文してきました♪忘れるところでした。

Windows8は2万円、DxO Optics Pro 8は1万円、期間限定割引で結構お得ですよ♪
こういったキャンペーンは繰り返す可能性も、無きにしも非ずですけどね。


2013/01/26

テントウムシ

こんなモノを購入しました。

実は結構前です。昨年末ですかね。
その後すぐ、RX1をメンテナンスに預けてしまっていたので、紹介が遅れました。

これが何だかすぐ分かる方は少ないと思いますが

レリーズボタン

というものです。
成り立ちとしては意味のあるものなのでしょうが、こういったファンシーなデザインの場合は、オシャレアクセサリーのひとつくらいの意味合いかもしれません。

RX1のシャッターボタンには、ネジ穴が空いているので、そこにねじ込みます。

これを購入したそもそもの理由は、私にとってはRX1のシャッターボタンは小さすぎると感じたからです。これを装着することで、個人的には改善されました。

装着すると上の画像のようになります。

しかし、ただねじ込んであるだけだし、テントウムシ部分とシャッターボタンの隙間が1mm前後浮いて隙間が空いてしまい、緩みやすいので、少し気になったためアレを買ったのでした。

そんな訳で、テントウムシのネジ部分にゴムワッシャを付けてあげて

装着してあげると、本当にピッタリ(笑)

狙い通り緩み止めにもなり、完璧でした♪


2013/01/25

ビックリマン伝説4

先日ハマっていると書いたビックリマンですが、かれこれ一カ月以上買っていました。
毎日食べている訳でも、まとめ買いしている訳でもありませんが、欲しかったシールが揃ったので、とりあえず、これにて終了にします♪

■お披露目

一応、下に欲しかったシールを、お披露目です(笑)

始祖ジュラ
欲しかったシールの中では最初にゲットできました♪


ブラックゼウス
始祖ジュラの次の日にゲット♪
ビックリマンシリーズの中でも、特に人気の高いキャラクターです!
オリジナル版当時は、これがホログラムシールで、ファンの心を鷲掴みにしたものでした。
この復刻では、ホログラムの輝き方を疑似的に表現した色使いに。否定的な意見も多いとか(笑)

簡単にレアなシールが続いたものですから、その後調子に乗って買いまくるわけですが、そこからが長かった(笑)


ピーター神子
これは最後にゲットしたシールです。
背景がある特別版シール。
本当に長かった。。。シールが出たときは、嬉しくて嫁様に「やった!!!」と報告したのですが、もちろん冷たい目で見られました(笑)


クロスエンジェル
これも人気キャラですが、この他に、上のピーター神子のような特別版があるそうです。
ただ、私はそこまでのコレクターではないので、バリエーションのうちひとつでも手に入れば満足です♪


さてこの4枚のシールをゲットするのに、たぶんチョコを30~40個も食べました(苦笑)
一個80円ですから、3000円くらいですか。。。
積もれば結構な出費ですね。

感心するのは、意外にもチョコの味に飽きていない事です。流石ロッテです。


さて、今日からは別のオマケミッションがあります。
それはまた写真付きで記事にしてみようかと思います♪


■スマホカメラ

スマホカメラの撮影にも慣れてきましたが、今回のような反射するシールは難しかったです。
シール自体も少し湾曲していたりするので、変なふうに反射してくれます。
それに、カラフルすぎる被写体なせいか、オートホワイトバランスが乱れます。
一応ホワイトバランスを指定する機能も見つけたので、次に撮るときは気をつけたいところです。


2013/01/24

スマホカメラ練習は続く

色々分かってきました。

最低ISO感度は50ですが、シャッタースピードもスロー1/20sが最長で、最高画質を目指したのが上の画像です。

ISO200、1/20s(最長)、F2.4(開放)

うちの夜のリビングでは、これ以上ISO感度を下げたいなら、どこかから照明を持ってくるしかありません。

個人的には、スマホに期待するには、もう十分満足な画質です♪


そうそう、ビックリマンにハマっています(笑)
チョコは昔のようなピーナッツ入りではなくなりましたが、何かのクランチ入りで、サクサク美味しいですよ♪
なかなか出ないレアなシールを求めて、日々食べてます(笑)


2013/01/23

スマホカメラとISO800

スマホ写真の練習は続く。

今度はJINROで。

前回のはISO1600で荒れアレでしたが、今回はISO800。
たぶん開放F値の2.4。
豆粒みたいなカメラでも、ISO800って意外と使えるなと驚いています。
被写体が明るい色だったから、よく見えるだけかもしれませんが。

蛍光灯を真上から当てるだけじゃ微妙かなと思いつつも、食卓にわざわざライトを持ってくるのも面倒なので、ここら辺が妥協点ですかね。
背景は、緑色の厚手の布です。手持ち(笑)


ところでJINRO、全然お酒飲んだ気がしないと思ったら、アルコール3%なんですね。
特徴もあまりないし、もう飲まないかな。


2013/01/22

イマドキのスマホのカメラ。

春っぽいお酒が出てきましたね♪
ダイエットを意識した低カロリー飲料って、不味いモノが多いイメージでしたが、これはマズマズ。(シャレじゃないですよ。)
味は普通のグレープフルーツでしたが(笑)

本題ですが、Padfone2(スマホ)のカメラを、試用中です。

夜間室内、ISO1600、フラッシュ(LEDライト)非発光、普通の蛍光灯下

照明の位置さえ考えれば、もう少しマシに撮影できそうです♪
結構荒れますが、ブログにちょっと載せるには便利です。
撮影すると、自動でGoogle+フォトにアップロードされるので、「PCに移してアップロードさせる」というひと手間がないのが快適です。

ちなみに、私が利用しているこのBloggerはGoogleのブログサービスなので、Google+フォトからの画像引用がスムースです。
画像に書き込んでいるサインや撮影カメラのメモなんかも、web上(Google+フォト)で済みますし、私の使用法においては、容量も無制限・(一応)無期限です。

私は、気温・湿度の急激な変化を嫌って、今の季節なら結露が怖いので、リビングにはほとんどカメラを持ち込まない(持ち込むときは布でぐるぐる巻きに包んで、じっくり部屋に慣らす)のですが、このPadfone2があると、リビングでも少しは撮影しようかなという気持ちになれます♪


2013/01/21

ピーン!

ひらめきました♪
HDD用のネジです。

これ、RX1用で使用します♪
どこに使うかは後日(笑)

この間購入した、Padfone2ですが、写真はまずまずよく撮れますね。
写真も自動でGoogle+フォトにアップロードされるし、ネタ撮影には便利そうです♪


2013/01/18

1200mm

E-M5にTOKINAのSZ-X630(60-300mmf4-5.6)を装着しています。
加えてデジタルテレコンの2倍が掛かって、換算1200mm。

夜間室内、ISO6400・1/40s
撮影距離2.5mくらい。
マスターヨーダの頭は500円玉くらい。

意外にブレなく撮れるもんです。しかも1ショット。
さすがE-M5。感心。

本当は先週末の雪山で、超望遠しようかと思って準備したのですが、結局実戦投入は無く、このテストのみで終わりました(笑)


※背景は、散らかった部屋なのでボケ処理してます。

2013/01/17

ソリフト

「ソリフト」
と、呼ぶかは知りませんが、ソリのリフトです。
動くワイヤーに、ソリを引っかけて、歩く速度くらいで登っていきます。

長男は、これがすごく楽しいらしいです♪

これも新潟県長岡市の国営越後丘陵公園にありますよ♪(期間限定)


2013/01/16

我が家にも遂にアレが来た!

ASUS Padfone2購入。
我が家に遂にタブレットとスマホがやってきたのです。

正確には、スマホに関しては7・8年前くらいから使っていたわけですが、今はやめていました。
携帯電話に求めるのは多機能ではなくて、バッテリーが長持ちする事が一番の要求だからです。
買ったと言っても、嫁様へのプレゼントです。
嫁様曰く、これがあれば「食事と育児が充実する」らしいです(笑)

レシピサイトや子どもが遊ぶアプリを使いたいだけだそう。
私は、家でも会社でもPCを自由に使えるし、通勤は自転車。
天気が悪くてバスでも、短時間だし新聞読む程度。
車は常に運転手。
と、全然使う場面がないので必要性を感じませんでしたが、嫁様がちゃんと元をとってくれると信じて、プレゼントしました。

結果
「どうやるのー?」
「変な画面になったー!」
と、かえって煩わしいだけに(苦笑)

あ、モノは意外にも(意外じゃない?)イイ感じですよ。
全然安っぽくないし。サクサクだし。軽いし。バッテリーも長く持つし。
Googleのタブレットも同じASUSが手掛けているんでしたっけ?

感心したのは、タブレット部(ステーションという名)にもバッテリを積んでいて、合体時は、スマホとタブレット部の両方からバランス良くバッテリを消費していってくれたり、なかなか考えられています。

あとSIMフリーなので、試しにBモバイルの月々980円で運用しています。
文字比率の多いニュースサイト等ならちょっと待てばOK。
地図サイトなんかは絶望的です(笑)

個人的には、スマホといえばWILLCOMのW-ZERO3初代からのユーザーなので、PHS速度に耐性があるせいか、不快には感じませんが、きっと多くの人には不快です(笑)

ゲームといえばNEO-GEO-CDも遊んでいたのが懐かしいです。
数十秒で終わる1ゲームを読み込むのに数分かかるゲーム機だったなぁ。

あ、まだやってませんがテザリングも対応してますよ。たぶん。
そういうメニュー画面はありました。


いちばんの誤算は、メモリーカードスロットとか無いんです。
PCとUSB接続してやりとりするしかないのかな?
社外アクセとかでもいいので、メモリーカードリーダ/ライタくらい無いかな?と現在物色中です。

それから、ストラップを通す穴とか無いんですね(常識?)


2013/01/15

週末は雪山。

長男も元気回復したので、予定通り国営越後丘陵公園へ二泊三日で遊びに行ってきましたよ。
それにしても、子どもの回復力は驚異的です(笑)

カメラは結局
E-M5 + M.ZuikoDigital ED12-50mmF3.5-6.3EZ
だけを使用しましたが、雪遊びが忙しくて、ほとんど撮影しませんでした。

E-M5は、いわゆる等倍観賞みたいな趣味の悪い事をしなければ、いい雰囲気に撮れるカメラです。
ただ、せっかくのチルト液晶が、可動域が狭くてイマイチなのです。
SONYのA550のチルトの方が10倍いいです。

何がと言えば、下向きに動くか動かないかです。
頭上に構えて俯瞰のアングルで撮れるのが便利なのです。

E-M5はウエストレベルやスレスレ写真しか考えてないですね。
後継機が出るときは、改善お願いしたいところです。


2013/01/14

クロスポスト

私は、Google+には直接の顔見知りは一人もいませんし、そういう場所と決めて楽しく利用しているのですが、他のSNS的なものは友達とか家族とかがフォローしあっています。

ただ、みなさんそれぞれ「facebook」「mixi」「twitter」だの居場所が違うので面倒でした。

そういった複数SNSに一括同時投稿(クロスポストとかマルチポストとか呼ばれてますね)するツールで、自分に合うものはどれかなー?と、たまに漁っていました。

最近使って気に入っているのは「taberareloo」(たべられるー)です。
chrome用の拡張機能として使用してます。

コレの何が気に入っているかというと、写真付き投稿が簡便な事です。

私は、Google+フォト(Picasaウェブ)に、自動で写真がアップロードされる環境なのです。画像ファイル自体は持ち歩いていません。
ウェブ上にアップしてる写真にコメントして投稿するのがほとんどです。

Google+は、そこが便利で個人的には使いやすいのですが、他のSNSではだいたいにおいて、ローカル上の画像ファイルを選択してアップロードしてコメント付加投稿なので、写真なしでつぶやく事がほとんどになっていました。

そこで「taberareloo」です。
これの画像付き投稿では、chromeで表示された画像の上にカーソルを持ってきて、右クリックをするだけで、その写真付きの投稿を簡単に作れるのです。
もちろん複数SNSに同時投稿できます。

私の場合は、各SNSの写真の表示され方がいい感じになるように、taberarelooからはNAVERの「pick」というSNSに投稿し、pickの連携機能でmixi・facebookに流しています。

pickは、こんな事を言うと怒られそうですが、大陸のナルシストっぽい人がたくさん写真投稿しまくっているイメージで、あとは全く知り合いでも無い人からpickされる(イイネされる)ので、どうも居心地はよくないのですが、mixi・facebook・twitterとの画像付き投稿の連携については、かなり良いと思っています。
なので中継局にしていると言うだけなんですが(笑)

写真は全く関係ないです。


2013/01/13

2012年のカメラライフを振り返る。

2012年のカメラライフはどうだった?
SD1Merrill、E-M5やRX1というボディを揃えた年でもありましたが、頼りになったカメラシステムはというと。

■A900 + MINOLTA AF Macro50mmF2.8

撮っていて気持ち良い。
50mmと言うと、少しタイトに感じる画角ですが、その分主題がはっきりした写真が多くなる気がして、印象に残る写真も多くなりました。
あと、重量バランスも良好で、持ち出しやすいというのも好きです。
何の目的もなく「ぷらーっと写真撮りたい」と思ったときは、このシステムを持って行きたい。

■A900 + SONY SAL1635Z

35mmで使用する事が多いです。
16mmの方は飛び道具的というか、インパクトもあるのですが、周辺にあるものは歪むので、応分のリスクを感じます。
でも、このレンズの逆光への強さと、癖のあるトーンはやっぱり好きです。
重いから、持ち出すのに気合がいりますね(笑)その点マイナスですが、その見返りはきっちり画像に記録されます♪
期待を裏切らないシステム。
※画像は若干トリミングもしています。

■E-M5 + OLIMPUS M.ZD ED12-50mmF3.5-6.3

2012年を語る上で外せないシステムです。
超強力な手ぶれ補正と高ISO感度でも粘ってくれるおかげで、暗所もムービーもカメラに求めるワガママをたくさん詰め込んだ、コンパクトなのにすごいヤツ。
本当に一台で何でもできてしまいそうなので、面白みはありませんが、頼りになります。
A900+Macro50mmとは逆に、なんでもやらなきゃいけないときに持って行きます(笑)
E-M5のシステムは撮っていて全然気持ち良くないですが、よく写せますし、なんでもできます。

でもなんか、可愛げがないんですよね。


■SD1Merrill + SIGMA ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsm

問答無用で「スゴイ写真が撮れる」オーラを発するシステム(笑)
実際凄味のある写りをしてくれるわけですが、扱い辛さもあります。
メチャクチャシャープな副作用として、背景ボケがかなり固めなので気を使う事等、このレンズとカメラのご機嫌に合わせて撮ってあげる感じです。
意のままにならない奴ほど可愛いと(笑)

SD1Merrillのシステムは、常に頭を使うと言うか、疲れるシステムです。
バッファ残弾管理や、「きっとこう撮れている」と思い込む想像力(笑)
撮ったときは半信半疑。家に帰ってPCで見てニヤニヤ。
撮影がストレスですが、画像データを見て楽しいです。


■RX1

これを購入してからというもの、一番使用頻度が高いカメラです。
フットワークも兼ね備えた135フルフレーム。明るいレンズだし静粛だし、場面を選ばないという魅力もあります。
本気モードで撮るだけではなく、ゆるーく楽しめる懐の深さも気に入っています。
自分でも不思議ですが、コンデジの形をしていればコンデジの楽しさなんだなと。
もうRAWで撮ることをやめてしまいそう(笑)

RX1は、意外な程フツーなカメラです。
A900で撮影するみたく「カメラで撮ってるぞー」という盛り上がる気持ちこそないですが、携帯で撮影するように気楽に、そして結果は確か。
「なんかイイ感じに撮れちゃった♪」と無邪気に遊べて新鮮です。


■その他

その他特殊用途として、
雪山セットA550 + TOKINA SZ-X630
スポーツセットA900 + MINOLTA HighSpeedAF APO200mmF2.8G
何故か大好きA900 + SIGMA 70-300mmF4-5.6DgMacro
なんかも、ときどき活躍してくれた一年でした。

■まとめ

パシャパシャ気持ち良く、カメラで「撮影したい」と思わされるのは、やはりA900のシステムです。
理由はいろいろあるでしょうが、馴染むんでしょうね。
特にMacro50mmはいちばん気楽。
距離が稼げるときや花を撮るかもしれないときは、SIGMAの70-300mmでもいいです♪
少し体力に余裕があればSAL1635Z。持ち出した甲斐を感じる事ができます。
撮っていてテンポもいいし楽しいです。

でもまぁ、自分が気持ち良ければ、お気に入りの写真が撮れるわけではありません。
カメラで遊びたいだけなのか、ちゃんと意図した写真を撮りたいのか、当たり前ですが使い分けですね。


2013/01/12

レンズクリーニング

カメラのレンズの表面についた汚れ、自分で掃除してキレイにしてますか?

「そんなの当然」
くらいの事かも知れませんが、私はつい最近まで上手くできませんでした。
クリーニングする度に
「うまくできないなー。」
と若干しょんぼり(笑)

でもです。
最近はコツをつかみました!
いやウソです(笑)
上手くできるクリーニング液を見つけただけです。

上手く出来なかったのは私が悪いのではなく、道具が悪かったのだ!(←最低)


■クリーニング液

あまりに上手くできないので、いろいろ調べたりもしたのですが、驚くほど情報が少ないですよね。
色々な情報を集めてきてみると

指紋のような脂汚れ水滴跡みたいな汚れでは、適したクリーナーも違うらしい。

前者は脂を浮かす様な界面活性系(洗剤みたいな)の成分が含まれているもの、後者にはアルコール系の揮発性に優れたもの。

「よしわかった!」
とお店の用品コーナーへ。

・・・

成分表示なんてないんですが(苦笑)
出直すことに。

帰って調べてたどり着いたのが

HCLデジタルクリーナーの文字の下に、親切にも無水エタノールと書いてあるではありませんか!
なんでこの前に気が付かなかったんだと(笑)

無水という事で、水で薄めていないエタノールという認識でいます。(たぶんいいんですよね?)

これで拭くとアラ不思議!拭き跡が残りません♪

それまで使用していたのは、たぶんいちばん安かったクリーニング液とペーパーのセットで、クリーニング熟練者がやればキレイにできるのかもしれませんが、私はいつも拭き跡が残ってしまいました。
早くこの無水エタノールに出会っていれば。。。


成分は謎なのですが、これまで使用していたクリーニング液は、指紋はスッと取れるので、脂汚れには適しているのだと思います。
分かっている界面活性系のクリーニング液としては

コレなんかがメジャーらしいです。

指紋を付けてしまったら、まずそっちで脂をとり、仕上げに無水エタノールでサッと仕上げ拭きしてあげることにしています。

オリンパスEEクリーナーという汚れも落ちて、拭き跡も残りにくい定番商品もあるようです。

■それからペーパーです。


これは定番商品ぽいですが、私は全然ダメです。
薄過ぎて扱い難く感じました。
たぶんサッと撫でたら捨てて、ひと拭き毎に新しいペーパーを使用する様な使い方だと思います。
大口径レンズには酷です。
人によるかもしれませんが、初心者はもう少し弾力性のある厚手のペーパーの方が使い易いと思います。
私は、頂きもののHCLのペーパーを使用中です。
それがベストとは言いませんが、フジの物より使い易いです。


あとは、レンズやフィルタの表面コーティングによってもキレイにし易さの印象は違います。
クリーニングも練習あるのみですね。


2013/01/11

今週末はまた雪国

前回行ったのと同じ越後丘陵公園です。
ただ、今回についてはA550が修理中なので、雪山装備をどうしようかと考え中です。
防塵防滴なE-M5+M.ZD ED12-50mmEZセットだと、望遠がもの足りない。

どうしたものか。。。
たまには写真撮影なしで一緒に遊びに専念するのもいいのかな。


2013/01/10

a yeti

RX1、ISO125、F4、1/2000s

このコートを着せると、どうも笑ってしまうのですが。
ほとんど小さな雪男にしか見えない長女。

2013/01/09

ミニ動物園の続き。

ひつじのおしりもキュートでした♪
アルパカはエサやりに夢中で、写真がありませんでした(笑)


ポラロイドのレンズ交換式カメラIM1836

つぶやきから拾ってます。見にくかったら申し訳ありません。



yoyo memo

9:06  -  一般公開
ポラロイドネタをひっぱってます(笑)

この写真の赤いカメラの下のテーブルには、別の形のモデルがあります。

ニュースで二種類の写真が出回っていたのは、2タイプリリースされるって事なのかもしれないですね。

黒い方は背面液晶が180度回転し自分撮りできるカメラのようです。

http://www.dpreview.com/news/2013/01/08/Sakar-Polaroid-im1836-im1232W-im1030-interchangeable-modular-system-camera
Sakar launches Android-based, modular, Polaroid-branded camera system: Digital Photography Review »
Digital Photography Review: All the latest digital camera reviews and digital imaging news. Lively discussion forums. Vast samples galleries and the largest database of digital camera specifications.

コメントを非表示

yoyo memo9:07編集

Further bodies and adapter modules are promised to allow use of Pentax K, Nikon F and Micro Four Thirds lenses.

アダプターでK、ニコンF、μ4/3にも対応

yoyo memo9:11 (編集)編集

Details are scarce - with the company able to give little information (and some of that being improbable), but the first model is said to be an Android-based, Wi-Fi-connected camera with Ricoh GXR-style interchangeable modules with the sensor built into the lens.

GXRスタイルのようにレンズ+イメージセンサのモジュールのタイプがあるということ?

yoyo memo9:15編集

However, as with the Ricoh GXR system, the body doesn't contain a sensor, instead the company says there will be an 18MP 1" sensor in the lens module that mounts on the front. This 10-30mm module (that again looks lawyer-pleasingly similar to Nikon's 1 System kit zoom), will offer a 27-81mm equivalent range.

1800万画素1インチセンサ、Nikon1キットズームみたいなレンズ側についているってこと??

確かにレンズのコネクト側のデザインがだいぶ特殊で、後玉を覆うようなユニットになってる。
このコメントを展開 »

yoyo memo9:18編集

Adapter modules are promised that will allow the use of Micro Four Thirds, Pentax K or Nikon F-mount lenses however, we are told these will also utilize 1" sensors - giving an effective 2.7x crop. We suspect Sakar is mistaken when it refers to the iM1836 as having a 'Compact Micro 4/3 body' on its website.

1インチセンサで2.7倍クロップ。
これは、K・F・μ4/3でも変わらない?

yoyo memo9:20編集

英語は全然得意ではないので、テキトー翻訳です(´<_`  )

コメントを追加...Reply to Author



yoyo memo

昨日 21:16  -  一般公開
興味津々(´∀`)
最初に Oden Kung さんが共有した投稿:
センサがレンズ側?
となると、4/3使う場合マイクロ4/3アダプタ側にセンサあるのかしら?
動画:ポラロイドの Android ミラーレスカメラ iM1836、マイクロ 4/3 アダプタ有 - Engadget Japanese »
デジカメ市場における昨今のトレンドといえば、レンズ交換式の小型ミラーレス、もしくは Android

コメントを追加...Reply to Author



yoyo memo

昨日 17:04  -  一般公開
え?マイクロフォーサーズ???

どう見てもイメージセンサが小さいですし、1インチ以下にも見えますが(´<_` ;)
レンズは10-30mmって。。。

いろいろ「?」

http://getnews.jp/archives/282623
CES 2013:Polaroid、Androidベースのミラーレスカメラ『iM1836』を正式発表、価格は$399 - ガジェット通信 »
米Polaroidは1月7日、米国・ラスベガスで開催したCES2013のプレスカンファレンスにおいて、Androidを搭載したミラーレスカメラ「iM1836」を発表しました。iM1836はAndroid4.1(JellyBean)を搭載したWi-Fi対応のレンズ交換型デジタルカメ…

コメントを非表示

Oden Kung昨日 17:41
+
1
0
1


前のリークとはデザインもかわったのですね。
ギズモードさんだと、マウントアダプター使用で
マイクロフォーサーズレンズが使用可能とあるので
センササイズ4/3じゃないかもしれませんね★
http://www.gizmodo.jp/2013/01/_ces2013_polaroidandroidim1836.html

Kimihiko Watanabe昨日 19:10
+
1
0
1

どうもです、正直N社の感じそのままですけど、どうなんでしょう、、、

yoyo memo昨日 21:14編集

+Oden Kung さん、こんばんは。
謎が謎を呼び興味津々です(笑)

yoyo memo昨日 21:15編集

+Kimihiko Watanabe さん。
一体何なのか、ちょっと面白いですよね♪

Obara Yuta昨日 23:01

ポラロイドのミラーレス!ってことで色めきだってしまいましたが、いくらなんでもデザインが凡庸すぎるような気が…。やはりあの象徴的なラインは入れてほしいところです。

コメントを追加...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...