What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2012/12/31

良いお年をー。


もうじき日付が変わってしまいますが、一応年末の御挨拶を。
良いお年を。

※これRX1の写真じゃないですね。。。A550+TOKINA SZ-X630の誤りです。

2012/12/30

champagne tower

巨大シャンパンタワー。

さすがに空のグラスでしたが(笑)
地震とかで揺れたら大変だから、何かで接着していたのかな?

あまり近寄ってみていないので不明です。
でもスゴイ事考えますね。

@国営越後丘陵公園


RX1、ISO6400、F2.8、1/2000s
シーンモード「スポーツ」で撮影すると、暗所でもまずブレないシャッタースピードを選択してくれます。
ISO6400が常用だと、カメラは本当に楽ちんです(笑)

この「スポーツ」のアルゴリズムですが。
①シャッタースピード1/2000s
②絞りF4.0(?)
③ISO感度
の優先順位ではないかと考えています。
シャッタースピード1/2000sをできるだけキープするために、まずはISOオートなら感度を上げて対応、ISO感度上限に当たったら、絞りを開ける、それでもだめならシャッタースピードを遅くし始める。
実際にはもう少し複雑なのかもしれませんが、そう見えます。

オートやPモードだとシャッタースピード1/80sという、結構気を使わないとブレてしまうような設定を選びがちなカメラなので、このシーンモード「スポーツ」を軸に使用しています。
残念なのは、シーンモードのときは露出補正ダイヤルが無効な事ですね。
結構重要な部分だと思うんですけどね。


2012/12/29

RX1のピクチャーエフェクトを重ねがけ。


RX1では、ピクチャーエフェクト(以下PE)が使用できるのですが、その中でも大まかに2系統に分類できます。

撮影時だけに設定できるPEと、撮影後のデータにも適用可能なPEです。

上の画像は
①撮影時にPE「リッチトーンモノクロ」(モノクロHDR合成のこと)
②撮影後のデータにPE「水彩画調」
を組み合わせました。


2012/12/28

frozen snowmen


ここ数日、本当に寒いです。
雪だるまも氷ダルマになりそうです。


2012/12/27

Nikon 1 に「J3」「S1」!?

ニコンが2013年1月8日にNikon 1 J3、Nikon 1 S1などの新製品を発表? - デジカメinfo
デジカメinfoさんから。

J3は早いですね!
S1って初めて聞きますが、ポラロイドが発表していた、外見がJシリーズに似ていて裏面はスマホライクなアンドロイド搭載機だったりして。


雪装備

やっぱり雪山にはこのレンズ。

A550に装着したのはTokinaSZ-X630。
60-300mmF4-5.6の直進式ズームです。

A550もこのレンズも、もちろん防塵防滴なワケがありませんが、雪が降っていてもお構いなしで使いまくりです。(使用後はケアしますよ。)

写りはそこそこイイです。
逆光的な条件では絞り開放のときはモアっとしてしまいますし、雪のときはAEをアテにしてない為、F8.0通しでMモード撮影する事が多いです。

でも、そんな些細なことはどうでもよくて、雪山でこのレンズを使用する理由は「直進式ズーム」だからです。
分厚いグローブをしていても操作しやすいですから(笑)

ついでに、A550にはガングリップリモコンを装着しています。
こちらは、カメラボディの三脚穴に鉄砲の様なグリップを装着して、リモート端子と接続すると、トリガーで撮影できるというだけのものですが、これも分厚いグローブでも操作しやすいのです(笑)
更に言えば、左手でもシャッターボタンが押せる訳で、右手で雪合戦しながら左手で撮影できます。

かなり奇妙な外見になりますが、意外に役立つ雪山グッズですよ♪
美意識の高くない方にはオススメ(笑)


2012/12/26

コレジャナイロボジャナイ

もうひとつのQ始動!PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデル開発決定

そっちに行きましたか(笑)
てっきりコレジャナイロボモデルが出ると思い込んでいたのですが。

でもアレですよね?
アクセサリシューには頭部がのっかるんですよね?(笑)


サンタは大人にもプレゼントをくれるらしい。


yoyoサンタがやってきた。

はい私です。
相手はオトナですから、サプライズではなく希望を聞いて実用重視で(笑)

幼稚園のママ友さんが使用しているのと同じシリーズのミシンです。
ブラザー LB800 Pu(紫色) 19,800円也
裁縫だとか全然やった事のない嫁様ですが、ママ友さんに教えてもらいながら上達してね。

上手くできるようになったら、カメラケースやレンズケースを作ってね(笑)


あまりにも散らかった背景なので、2回もソフト処理をかけてぼかしまくってしまいました。

ついでに嫁様もスリムにレタッチしておけばよかったかな。


RX1の点光源背景ボケ。

この距離感で、こんな感じです。
F2.0、1/80s、ISO100、フラッシュ発光

歪曲収差補正と周辺減光補正はオフにしたのですが、倍率色収差補正はオンになってました。


2012/12/25

雪と晴天と絞り開放と。

雪遊びしてきました。
この三連休は雪国へお泊り。
ゲレンデとかではないですが、音楽フェスとかできる公園で遊びまくってきました♪

Tokina60-300mmを付けたA550と、RX1を持って行きました。
この写真はRX1です。(カメラデフォルトJPEG)

ISO100、F2.0開放、1/2000s
ND4フィルタを装着して、なんとか日射しのある昼間でも絞り開放可能。

何が写っているかは分かる、こういうボケ量は好きです♪


2012/12/21

RX1を縦に釣る。

RX1のレビューという程ではありませんし、実はE-M5も同様にしている事ですが、このテの小さいカメラを普通に釣ると、右手がストラップを邪魔に感じるのです。とても。
大きめな一眼レフなんかだとそう感じる事はほぼ無いです。
個人的な手の大きさや指の長さなんかが関係しているのだと思います。


そのため、写真のように、カメラの左手側にストラップを逃がしています。
最初はコンデジの様に一点釣りしていたのですが、それだとクルクル回って邪魔だったので、考えた挙句こうなりました。

三脚穴に、ケンコーのハンドグリップの基部を使用。

それにストラップの片方を通しています。
これで右手の邪魔ものがいなくなるので、個人的には使いやすいです。

ただし、充電はサイドの端子からUSB給電で良いのですが、メモリーカードの抜き差しにバッテリのフタを空けるのは面倒です。(全部USBでやってもいいんですが)

E-M5の場合はバッテリフタに干渉しないのでOKです。
ちなみにメモリカードスロットがサイドにあるので何の問題もないです。

RX1もメモリカードスロットがサイドだったらよかったのに。


2012/12/20

a rookie


最近我が家に迎えたルーキーのRX1。
少し先輩のE-M5で撮影しました。
(22mm(換算44mm相当)、ISO6400、F4.3、1/6s、PCでクロスプロセス)

どちらもよく写せるカメラです。
ISO6400でもちょっとアップするには十分な画質だと思うので、重宝します。

話は戻ってRX1。
純正フードやオプション類は、高くて買う気持ちにはなれなかったので
・フードはエツミのドームフード49mm。
・ケンコーのひも付きキャップ37mm。(ダサイですがキャップよく無くすので(笑))
・ストラップはzkinのすぐ緩むイライラストラップ(笑)で縦釣り。

レリーズボタンを何種類か取り寄せ中です。
やっぱり穴が空いたシャッターボタンがなんとなく気になります(笑)


2012/12/19

ゴーイングマイホーム最終回。

大好きだったドラマが最終回でした。

ゴーイングマイホーム。

視聴率が低いだの言われたらしいですが、一番好きなドラマでした。
納得の最終回。
また、こういうドラマが見てみたいです。

知ったつもりで、実は何も知らない身近な人の事。
それを安易な謎解きドラマにしないで、知る事ができなかった事への少しの後悔、でもそんな後悔も悪くない、相手の事を知らない部分もあると理解して一緒に生きていくのも尊いなと。
私の心には響きました。


写真は、RX1のマクロモードで接写。画像では明るく見えますが、実際は相当暗いです。
ISO6400、F2.0、1/80s
トミカのデミオのノーズにAFを当ててますが、フロントガラスは既にボケ始めています。


2012/12/18

あと一週間でクリスマス。

下のが何か分かったら、なかなか凄い。たぶん30代の方でしょう(笑)
ビックリマンチョコのパッケージのブラックゼウスです。
RX1のピクチャーエフェクト「イラスト調」を強烈に効かせると、ここまで(笑)

パートカラー(緑)で撮影すると、とても不味そうに見えるJINRO。
本当にまともな作例がなくてスミマセン。
ついつい遊んでしまって。

JINROの写真はISO6400になってますが、まだ余裕を感じます。
F2.0レンズの明るさもあり、間接照明ひとつあれば暗い室内でもラフに撮影できます。
暗いと迷ったりしますが、意外とAFも当たりますし。それ程いらいらしませんね。
RX1は、まじめに撮影すれば凄いカメラなんですが、遊びを許してくれる優しい雰囲気があります。

ところで、来週はクリスマスです。
子どもたち用にプレゼントを仕込みました。
喜んでくれるといいな♪


2012/12/17

2012年の「歴史的カメラ」11機種

JCII 日本カメラ財団が2012年の「歴史的カメラ」11機種を選定

私個人の意見ではありませんので悪しからず。


■どうでしょう?納得のラインナップですか?

SD1MerrillやDPMerrillは入ってません。
SD1Merrillについては実質昨年に発売されたSD1そのものですから、異論はないです。
それに歴史的というにはちょっと違いますね。初めてFOVEONイメージセンサを搭載したときのモデルは歴史的だったかも。

K-01は歴史的だったかと考えると少し疑問ですが、安直なようで、ここまでやり過ぎにできるというのは、すごい事なのかもしれません。カメラとしての中身にも抜かりはないようですし。

D800はフルサイズ3600万画素というのは、新たな地平だと感じます。
D800Eというのは、光学ローパスフィルタの効果を打ち消してバリエーション展開すると、そこには市場があるという事を証明した意味で歴史的かもしれません。光学ローパスフィルタの無いイメージセンサのカメラというのはコンパクトカメラやずっと前からあったわけですが、バリエーションとして両方出すという事が面白いですよね。

フジのX-pro1については、フジフィルムらしいイメージセンサへの工夫ですよね。これは確かに発明なのだと思います。
ちょっと古いですが、スーパーハニカムCCDを思い出しました。私が初めて手にしたデジタルカメラは確かスーパーハニカムCCDのFinepixでした。懐かしい。

D4やEOS1DXについては、縁が無さ過ぎて分かりません(笑)

EOS6Dはコンパクトな一眼レフでWifi等、ユーザーフレンドリーな仕様等、こういったカメラを求めている人も多そうだと思います。歴史的なのか?と考えると、どうでしょう。

A99は2種類の位相差AFを駆使したAF-Dは発明と呼ぶに相応しいと思います。。。が、センセーショナルな触れこみとは裏腹に、このAFシステムを駆使し賞賛する声はそれ程聞こえてきません。
まだ使用者が少なかったりするのかもしれませんが、そこは是非、スポーツカメラマンに無償で貸与するとか、SONYさんが精力的に布教活動して現場に問うて欲しいところです。
このAF-Dのレベルによって、トランスルーセントミラーの価値というのが問われると思うのですが。

RX1は、最近私も使用中です。
イイですよ。仕事用の小さいカバンの隙間にこんなカメラが入っている。
これは奇跡です。多くを語る必要なしです。

coolpixのS800cですが、一見歴史的という言葉が似合うかもしれませんが、少々ツメが甘いような印象も。
アンドロイドも最新ではないですし、スマホに本格的カメラを付けるのか、カメラにスマホ的機能を付けるのかというだけで、新しいようで新しくないような。
無線通信でスマホと画像のやりとりができるカメラだって溢れている訳で。発明というより隙間商品?
持ってもいないのに酷評して申し訳ありません。
でも、こういうカメラこそ次のステップを期待しています。諦めずに後継機を開発してアッと言わせてほしいです。

E-M5は、個人的には今年一番の驚きが詰まったカメラでした。
その手ぶれ補正機能だけでも、歴史的と言うに相応しい。
総合的に見ても、欠点が少ない可愛げのない機械です。


■選ばれなかったカメラ

EOSkissX6iとEOSM。選ばれてもよかったんじゃないかと思ったり。
像面位相差AFのハイブリッドAFは、一眼レフでは初めて。
EOSMについてはEFレンズ互換性は、他社ミラーレスの互換とは一味違います。
でも、華やかさに欠きましたかね。

PanasonicのFZ200も全域F2.8の高倍率ズームレンズ搭載カメラというのが驚きでした。歴史的だと思うのですが(笑)
ちなみにライカ印のバージョンも出ましたね。

ライカといえば、ポールスミスエディションX2。歴史的というには弱い?というか日本のカメラではないから選考外でしょうか。

NEX-VG900は。。。カメラではないですね(笑)一応。
NEXシリーズは、歴史的というキーワードでは合致しないまでも、充実・熟成が進んだ1年ではないでしょうか。新しい「5」「6」といったナンバーズは私も多少気にしている存在です。

PENTAXも堅実。来年こそメジャーアップデートに期待したいですが。


■番外編

Nikon1V2。個人的にはツボなデザイン。迷彩カラーとかだしてくれたら買います(笑)
歴史的とも言っていいんじゃないかと思うゴツゴツデザイン。こういうデザインジャンルも残して欲しいです。


2012/12/14

RX1のピクチャーエフェクト。

楽しいですよ♪
まだ全部試せていませんが、まず「イラスト調」で
しばらく遊べそうです♪
しかしSONYは以前からそういう傾向があるのですが、こういった楽しい機能を使う場合、JPEGオンリーでの撮影に限定されてしまうのが残念です。

ピクチャーエフェクトの他に、デジタルテレコンやズーム機能もそうですし、HDRも。
元RAWも同時記録しておいてくれればいいのに。



ビックリマンを「イラスト調」にしても、あまり変わりません(笑)


2012/12/12

DSC-RX1のRAWから。


最近使用を始めたRX1です。
カメラJPEGとRAWから各種補正を極力カットした現像の比較等やってみました。

個人的には、カメラJPEGでもまずまず好印象です。

それでは画像をクリックで続きへどうぞ。


2012/12/10

DSC-RX1でのファーストショット。

RX1で初めて撮った写真がコレです。
しょーもない写真でスミマセン。

新潟は昨日の大雪で銀世界と化しました。
長靴daysの始まりです。

オシャレとかそんな事どうでもいいんです。
滑らない事。濡れない事。
私のはお魚市場レベルです。とにかく滑りません。

写真ですが、これ、Pモードで撮ったのですが、ISOオートで100になり、F9.0、シャッタースピードは1/80sを選択してくれていました。

余裕で手ブレです。
「えっ!1/80sで手ブレするの?」

いくら片足上げているからとはいっても。。。E-M5の手ぶれ補正という、ぬるま湯に慣らされていた事を痛感。

子どものスナップするには、Pモードやオートは使えなそうです。


2012/12/07

相対的画角区分。

広角・標準・望遠

レンズ交換可能なカメラを使用していると、こんな用語を使う事があると思いますが、たぶん人それぞれその感覚って違いますよね。それに、縦位置か横位置かでも違って当然ですよね。

もちろんどこかに定義みたいなものがあるのかもしれませんが、感覚で語られることが多いのではないでしょうか?


私の場合

35mmは広角と標準の境界
70mmは標準と望遠の境界

と感じながら使用しています。

ヒトの全身または半身を収める為に、自分が心地よい距離感にいていいのが標準、前に出て近づかなければならないのが広角、後ろに下がって距離をとらなければならないのが望遠という感覚になります。
それを背景の調整の為に使い分けているだけです。

これって、撮影者の主観や体格にもよりますし、被写体との関係性や、そもそも何を被写体とするかによっても変わってくるので、相対的画角区分といったところでしょうか。
50mmが見た目に近いという説もありますが、私は少し窮屈に感じます。ただ、A900で50mmレンズを装着してファインダを覗きつつ両目を開くと、ファインダ越しと直接見ているもう片目からの画が、ほぼ同じ大きさで見えます。それから50mm標準説ですかね?
みなさんの「マイ標準画角」はどうですか?(笑)


ところで、先程SONYのDSC-RX1の支払いを済ませてきたのですが、このカメラは35mmです。
35mmというと、私の中では広角と標準の境界で、家族と程良い距離感で、家族と背景である景色をバランス良くどちらも写し込める画角です。
A900+SAL1635Zの35mm端で慣れ親しんでいる好きな画角です。

とても楽しみです♪
ハード的な部分では、A900から大幅進化したであろうイメージセンサや、A/Eマウント現行ラインナップにはない35mmF2.0というレンズ、そしてフラッシュ内蔵で全速同調。それがE-M5より軽量というのだから、たまりません♪
あ、NDフィルタ買うの忘れていました(笑)
絞り開放でデイライトシンクロするために買うようなものなのに。
ISO拡張50までできるみたいだからNDフィルタいらなそうですね♪

まだ試験勉強中なのでお預けですが、バッテリ充電だけしておこうかな(笑)


2012/12/06

RX1のイメージセンサへのゴミ付着懸念。

さて、先日ブログでつぶやいた、「RX1のイメージセンサへのゴミ付着が気になる」について、早速回答を頂きました。

やりとりを直接掲載するのはルール違反なので、簡単にまとめます。

ちなみに、私の質問は以下。(要約)
-----ここから-----
RX1はイメージセンサへのゴミ付着というのはあり得るのでしょうか?・・・・・
・・・・・レンズの交換できないRX1の場合は、そもそもクリーニングは不要なのでしょうか?

レンズが基本的に伸縮するわけではないので、確率としては少ないのかもしれませんが、マクロモードに切り替えるとレンズ先端が繰り出しますのでそのときに吸い込んだりもするのではないかと心配もしてしまいます。

もしゴミ付着の可能性がある場合、クリーニングは保証修理なのでしょうか?
また、有償の場合、いくらくらいの料金でしょうか?・・・・・
-----ここまで-----


回答の要約
・イメージセンサに埃が入る可能性はある。
→やはりそう。というか当然ですよね。

・埃が入って気になる場合、修理預かりになる。
→自分でメンテナンスする方法はないようです。

・保証期間内かつ使用上の誤りがない場合は無償での修理対応もあり得るが、実際預からないと判断不能。
→ちなみに案内された修理料金の目安を見ると、Rシリーズは2万円弱ですね。結局分解しなければならない為、分解手間賃がほとんどなのでしょう。


だいたい予想どおりでした。
回答を踏まえて考えると、保証は結構大きな意味を持つことになりそうです。
ソニーストアは3年・5年やそれぞれにワイド保証というのを選択可能ですから、魅力が大きいですね。
私が買おうと思っているカメラ店は残念ながら、延長保証にかけても、5年間とはいえ1回目しかサポートされない上にサポート率も年々下がるタイプです。(この記述で分かる人もいるでしょう(笑))

悩んでもしょうがないですね。覚悟を決めて買っておきます。
保証のあるうちはしっかりサービスのお世話になって、保証が切れる頃その後の付き合いを決めようと思います。


2012/12/05

いいこと。

いやー。
合格してました♪
宅地建物取引主任者。通称「宅建」の試験。
自己採点でも余裕はあったので、割と安心して結果を見る事ができました(笑)

それはさておき、今週末も資格試験です。
こっちは、今のところ、ちんぷんかんぷん。
もう時間もないのに危ないですね。追い込みかけないと。


ところで、SONYのRX1を予約しておいたのですが、なかなか入荷が無いそうです。
でも、試験が終わるまでには入荷している予定なので、試験の帰りにでも受け取って帰ろうかと思います♪


それまで勉強勉強!


実はバッテリーが貧弱な他に一点気になっているところがありまして、SONYに問い合わせ中です。
それはイメージセンサのゴミ付着についてなのですが、レンズ固定の上ズームで伸縮しないので確率としてはかなり低いと思うのですが、完全にゴミ対策がされているのかどうか気になりますよね。
また、もしクリーニングとなると保証なのか、有償なのかいくらなのか等、まとめて問い合わせ中です。

そちらもリアクションあればブログのネタにでもしようと思います。


2012/12/04

【モニター記】SIGMA18-250mmF3.5-6.3DcMacroOsHsm #7「沖縄旅行完結とズバリ買い!?」


WillViiさんから、レンズモニターで貸してもらいましたSIGMAの新型18-250mmです。
Macroの名を冠した最短35cmまで寄れる高倍率ズームとなっています。
旧型と比較して一回り以上小型化しています。

沖縄旅行記の後編とレンズモニター記のまとめです。

それでは画像をクリックで続きへどうぞ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...