What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2012/08/31

大地の芸術祭をHighSpeedApo200mmF2.8Gで撮る #5

大地の芸術祭の有名作品の一つですね。
「棚田」
イリヤ&エミリア・カバコフ
(是非、写真クリックで拡大して見てください♪)
棚田側のシルエットと、展望台の文字が重なって、作品を形成しています。
これはズームレンズを持って行って、シルエットと文字をうまく合わせて撮影したかったところですね(笑)

実際に棚田の縁を歩いて回る事ができます。
中には、棚田でかかしを演じて、作品と一緒に写真に撮ってもらっている人もいましたね♪
そういうのも面白そうです。


2012/08/30

大地の芸術祭をHighSpeedApo200mmF2.8Gで撮る #4

作品名不明
建物の壁には無数のヤモリ?とハエが!
実物よりは二回りくらい大きいサイズですよ。
少しディフォルメされていてなかなか可愛いと思います♪

HighSpeedApo200mmF2.8Gですが、絞り開放で撮影すると、軸上色収差がバリバリ出るレンズです。ただし、近距離を撮影するとその傾向は目立たないですね。

それから、絞り開放で金属的な反射物を撮ってもフレアっぽく滲まないのは、少し驚きでした。

やはりGレンズの印は、伊達ではないという事ですかね。


2012/08/29

大地の芸術祭をHighSpeedApo200mmF2.8Gで撮る #3


「星の詩/数えられなかった星たち」
稲葉友宏
ハリガネのヒツジ。
帰ってきてからネットで調べて初めて作品名を知ったわけですが
「ひつじが一匹~。 ひつじが二匹~。 ひつじが・・・」
の世界観なのでしょうか。

どことなく、ひつじの体が星の集まりの様にも見えてくるから不思議です♪

同氏の「キミが眠りにつくために」

という作品に似た作品というか、同じシリーズですかね!?
星々がひつじの姿を借りてやってきたのでしょうか。

「キミ」は眠りについてしまったので、数えてもらえなかった羊たちは、ここに集まったのですかね?

そんなストーリーを妄想するのも楽しい事です。


さて、A900と200mmf2.8で撮影していますが、何か不思議というか、色味というか雰囲気がいつも使用しているMINOLTAやSONY等のレンズと少し異なって感じます。
コントラストのバランスがいいというか、高すぎない感じです。
クリエイティブスタイルはいつも通りのスタンダードのデフォルトにしました。
スッキリ爽やかな印象になりやすいです。

この印象はどちらかと言えば、EosKissX3とEF50-200mmF3.5-4.5Lだとか、私が抱くCanonのデフォルトに近い印象です。

コントラストが高くないからと言って緩慢にならず、ボケ方も硬くなくていいですね。

軸上色収差製造機というイメージが頭に定着してしまっていましたが、少し見直しました(笑)
いや、むしろもっと出番を増やしてやりたい気持ちですね♪


2012/08/28

大地の芸術祭をHighSpeedApo200mmF2.8Gで撮る #2

撮る人を撮る。
一眼レフカメラ女子
携帯シューター男子
一眼カメラを首にかけている方が多かったですね。
OM-DやPENのシリーズの方も、男女問わずよく見かけました。

望遠だと、相手に気付かれずに撮影できるので、ファインダを覗くのが楽しいですね♪
あまり趣味の悪い事をしないように自制しつつになりますが(笑)  

ちなみに、この200mmf2.8ですが、単焦点の為、それ程重くないレンズです。
700gくらいだと思うので、SAL1635Zより実際軽く感じます。
コレくらいなら、何とか片手で振り回せています。

70-200mmf2.8だとかズームを選ばなかったのは、実はその重さです。
私の片手は、子どもの手を握っている事が多いので、片手で撮影できる事が、レンズ選びの重要事項です。


2012/08/27

大地の芸術祭をHighSpeedApo200mmF2.8Gで撮る #1

新潟県は十日町市まつだい駅付近。
大地の芸術祭のメイン会場の一つです。
A900 + MINOLTA 200mmf2.8 (HighSpeedApo200mmF2.8G)
駐車場から撮影
 越後松代城(長野には信濃松代城があるそうですね。)の城址公園が、橋を渡り山道を登った先にあるそうです。

今回は、十日町に旅行するついでに、嫁様が見てみたかったという
草間彌生」さんの作品や、その他の有名作品を見に立ち寄ったのでした。

作品撮影した写真や周辺の様子等いくつかを数回に渡ってアップする予定です。

今回はMINOLTAのHighSpeedApo200mmF2.8Gだけです。レンズをそれしか持って行かなかったというのが理由ですが、広大な農地に作品が展示されている為、普段出番は少なめだった望遠単焦点が楽しみやすいシチュエーションだったと思います。

本当は、来月の幼稚園の運動会の練習のつもりだったのですけどね(笑)


2012/08/25

900!

ソニーがEマウントのフルサイズカムコーダー「NEX-VG900」を9月中旬に発表? - デジカメinfo

デジカメinfoさんより

NEX-VG900

ですか!A900ユーザーとしては、生まれ変わりのようで、なんとなく惹かれるネームです(笑)
VGシリーズということで、私が持つには、見た目が少しだけ大げさで恥ずかしい気もしますが、動画にはまってきたら後々考えることにするかもしれませんね。
ちょっと楽しみなハンディカムです♪


2012/08/24

X-E1とズームレンズのリーク

富士フイルムX-E1とXF18-55mm F2.8-4 R OISの画像 - デジカメinfo

デジカメinfoさんより。

いきなりしっかりした写真がリークされましたね!
こういう路線のカメラは、もはやFUJIの独壇場でしょうか(笑)

色々不明な点が多いですが、ズームレンズが似合っていないと感じます。
F2.8始まりなので、便利に使えそうではあります。
あとは、写真に絞り関連のスイッチみたいなものが見えますが、実絞りでプレビュー可能という事ですかね?
具体的な数値は記入がないので、本体側で自分の好きな数値に設定できるかもしれません。
だとしたら撮影前にボケの状態を確認できるので、使いたい人はいるかもしれないですね。


2012/08/23

ビデオ撮影用カメラを注文しました。

ずいぶん前に、ビデオ撮影用途にμ4/3のカメラを買おうと思っている旨を、ブログに書きました。

それをやっと注文してきたわけです。

そうそうPanasonicのLumixGH2についてですが、ビデオ撮影用途としては未だにこれを凌ぐカメラ(ハンディカム等の専用機除く)は無いとの評判ですし、申し分ないです。

フリーアングル液晶ですし、タッチパネルです。
ファインダは、想定する用途では正直不要です。GX1みたくすっきりした形の方が良かったなとは思っていますが、選択肢はなかったので、受け入れておきましょう。

重要なのは、外部マイクの使用に対応するかと、発熱で録画不能にならない事(SONYやPENTAXのカメラではその点が不安で手が出せません。)そして動画のマニュアル撮影モードがある事です。
あと希望としては、有線リモート端子がある事です。左手でシャッターを切りたいのと、片手での安定したグリップの為、UNのSTグリップを使用したいからです。

レンズは子どものお遊戯会をビデオ撮影する分には、マニュアルで十分追えるので、既に所有しているマウントのレンズをアダプタを介して使用するつもりです。
ただ、AFが動くレンズが一本もないのは寂しい気もするので、一応レンズキットを注文しました。
少し前にEosを友人に譲ったので、EFマウントのボディがなくなっていた為、ちょうどいい母艦にもなりますね。(EFマウントでは絞りが動かせないですが、しばらくは良しとします。)

レンズキットではなくて、OLYMPUSのED12mmF2.0でも買おうかと最後まで悩んだのですが、換算24mm相当というのは、私はあまり好きではないので、今回はパスしました。
ScheiderがAFのSUPER-ANGULON14mmF2.0を近々発売するそうですから、どうせなら画角が好みなそちらを待って比較してからでもいいかなと思った為でもあります。



カメラの他に、マイクやビデオ三脚やブラケット等撮影用品も揃えてもらうため、今日は持ち帰りませんでしたが、近々我が家にやってくるでしょう。


E-M5(銀)が


え?
GH2じゃなくなっているって?

あああ、買ったとたんに後継が発売されるとか辛いのと、ある点が気になってトーンダウン気味でしたから。
それは、外部マイクとリモート端子が何故か共通で、どちらかしか使用できない事です。
30フレームか60フレームかとか、ハッキングがどうだとかより、個人的な重要事項を満たす項目がより多かったのですよ。E-M5の方が。

デジタルテレコンの動作仕様が好みな事や、E-M5の新しい手ぶれ補正が歩き撮りにも少し有利というのもあり、総合的に考えてE-M5に変えました。

それにしても、あまり好きなデザインではないのですよね。録画用にブラケットやらグリップやらマイクやらをゴチャゴチャ付けるので、気にならないとは思っていますが、どうせゴチャゴチャするならとツートーンカラーの銀色を選びました。
あと、炎天下でも銀色なら熱くなりにくいのかな?という期待も多少あります。

とりあえずE-M5を使用していき、GH3が発表されてGH2が値崩れしたら買い足すかもしれませんが、今年の運動会のビデオは、これで決まりです。
あと一カ月で使用に慣れておくことにします。
かなり熟考して選んだカメラビデオですから、もう機材のせいにはできないので、嫁様に買った意味あるのかと言われないよう、万全にして臨みたいと思います(笑)


2012/08/22

Nikon新製品発表

色々発表されましたね。

アンドロイドが搭載されたコンデジとか、P7700とか。
あまりにNikonに縁遠くて、新製品が発表されても、そもそも前のモデルを知らない訳で(笑)

大して知りもしない事を、つらつら書くこともできませんから「新製品発表がありましたよ♪」くらいに留めておきます(笑)

ところで、アンドロイドが搭載されていると言っても、最新ではない上にSIMを挿せる訳ではないので、無線LAN環境の整った状態でないと楽しめないのかなと思ったり。
家でやるならそれ程メリットは無さそうに感じるのですが、どうなのでしょう?

テザリングを前提に考えられているのですかね?

そこまでするなら、カメラが本業でない携帯電話メーカーとかとコラボすればいいんじゃないかとか、素人目には思ってしまったり。

Panasonicとかが、アンドロイドLumixフォンとかで本気を出したら、この製品の立場は。。。


変な妄想していても仕方ありませんが、これから先、デジタルカメラと通信機器の融合が進んで行けば、直接オンラインストレージとやり取りできるのが普通になるのでしょうね。

もしかして、アプリ開発によっては、面白い機能が後から追加されたりするのかな?


2012/08/21

一眼(特に「レフ」)カメラのイメージセンサクリーニングについて。

G+につぶやいたネタですが、当たり前すぎて怒られそうなのですが、たまーに私の様に知らなかった人もいる様ですので、書いておきます。

一眼(特に「レフ」)カメラのイメージセンサクリーニングについて。

以下、転載。


意外に知らない人もいるのかも?
というか説明書なんて最初から読む気の無い僕みたいな人(笑)は、知らない可能性がある事なのですが。(実際、僕が正しいクリーニングモードの使用法を覚えたのは、一眼レフカメラを買ってから一年後の事w)

もちろんメーカー送りもいいと思いますし、クリーニングキットを使用するのもいいと思います。

僕の場合はSONYとPENTAX(A900・A550・K-rの場合)ですが、備忘録程度に。


①カメラのメニューからクリーニングモードを実行する。(事前に充電オススメ)

②激しく「ブルブルカパッ」って音がします。
僕はこれでクリーニングできたんだ!と当初は勘違いしてました(笑)
※まだこの時点で電源を切ってはいけない。

③レンズを外すとミラーが上がって、イメージセンサが剥き出しになっている。

④ブロアでプシュプシュ

⑤レンズとか戻して電源再投入
※この時に初めて電源を切り入りする。

⑥空とか、ゴミが写りやすい試し撮りでまだゴミあれば②に戻る。


て感じでやっていて、今まで写るゴミはちゃんと取り除けていました。
こんなの誰でも知ってるよ!って怒られそうですが、僕は結構ずっと知らずにきた事なので、一応書いておきます(笑)


yoyo memo さんの投稿を表示、コメント »

2012/08/20

白鳥の湖。蓮の湖。

新潟県は、瓢湖(ひょうこ)を訪れました。
私は冬にしか来た事がなかった為、夏の姿というのを想像した事もなかったのですが。

瓢湖は、白鳥が飛来する湖として有名なのです。

そんな冬に訪れると、観光客の多さにも驚くのですが、やはりな白鳥の数に圧倒されます。

今回は、出かける途中に瓢湖の付近を通るという事で、急遽立ち寄ることにしたのでした。
A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
驚いたのは一面の蓮です!
蓮に埋め尽くされた広大な湖は、冬とは違う圧倒的な存在感を放っていました。

早朝の優しい光の中で見てみたかったですね。

訪れたのは午後3時過ぎ、生命の危機を感じる炎天下(笑)
とにかく日射しを避けて歩いて、しょこら亭で美味しいかき氷でリフレッシュして戻りました♪

A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
   
湖には、まだ数羽の白鳥が。
こんなに暑くても、残っている白鳥がいることに驚きました。
てっきり冬にしか見られない鳥だという思い込みがありました。
固定観念にとらわれていてはいけないなと、なんだか妙な機会に感心(笑)


あまりの晴天、あまりの日射に、A550と30mmf1.4では苦労させられました。NDフィルタを持っていこうか、家を出るときに頭を過ぎったのですが、防湿庫まで戻る手間を惜しんで失敗でしたね。
こういうとき、A900みたくシャッタースピードが1/8000sまで高速に切れると楽だなーと思いつつ、A550の「1/4000sで勘弁して」という声を無視できる訳もなく、開き直って日中シンクロ撮影(もちろん低速)を楽しむことにしました。(というより、そうでもしないと撮りたい家族か背景かのどちらかが吹っ飛んでしまう日照条件でしたから。)

f16(30mmf1.4の最大絞り)まで絞って、ISO200(A550の最低感度)でやっとA550のシンクロ速度範囲(1/160s以下)にギリギリ設定できました。
やはりNDフィルタを持ち歩くのがベターだったのでしょうね(笑)

一応ハイスピードシンクロできるHVL-F43AMも持っているのですが、そもそも身軽に撮影したい為にA550をセレクトしている訳で、そんなに大きい外部フラッシュを付けるのも本末転倒というか、いつも悩みの種です。

話は脱線しますが、Nikonのカメラを使用していない私ですが、とてもうらやましく思っている事があります。
D800/Eはフラッシュを内蔵している事です。
A900もCanonの5Dシリーズもフラッシュは外付けです。

最初から大きいカメラなんですから、変な様式に拘らず内臓してくれればいいと思います。
「内臓フラッシュなんて・・・」とか言う人は使わなければいいだけです。
ポートレートとまでは言わなくても、人物撮影や晴天時野外での撮影では、絶対フラッシュやライトがあった方が便利ですし、発色の調整にも使用できるわけです。
高いカメラを買ったのに、安いコンデジにも付いているフラッシュがないなんて手抜きかとか、言い過ぎではないと思うのですけどね(笑)

まあ、自分の機材に対する愚痴はそれくらいにしておきます。


夏の瓢湖もよかったですよ♪


2012/08/14

summer vacation

こんな短い休みでは、バケーションという感じにはなれませんが、十分な休暇にはなりました♪
実家の前は、宅地造成中で、重機が配備されていました。

格好いいですよね(笑)
A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
  この休暇中は、新三郷のららぽーと・コストコ・IKEAのトリオに遊びに行ったり、宇都宮のインターパークに行ってみたり、那須のアウトレットに行ってみたり、割と混み合うはずの場所に出かけたのですが、日頃の行いが良かった(?)のか、渋滞も混雑もなく楽しめました♪

それらの写真は家族スナップばかりなので、ブログはネタなしという事で(笑)


2012/08/09

Real Size

先日の続きの、リアルサイズガンダムです♪
先日アップした写真は、ガンダムを遠くからダイバーシティと一緒に写るように撮影したものだったのですが、今回は逆に「ガンダムに接近して見上げると、こんな感じですよ。」という写真です。

撮影したカメラシステムは、全部A550とSIGMAの30mmf1.4です。

それでは、ダイバーシティのフードスタジアムの出入り口から出て、ガンダムの後ろから近づいてみます♪
なかなか大きいです!
ガンダムって、大体人間の10倍で、18m前後あるんですよ♪
足元まで来ました。
ランドセルのバーニアの中も色々詰まっているんですね!
脚部に視線を落してみます。
たくさんのコーションマークが付いているのですが、拡大してよくよく見ると
ボルト/ワッシャサイズの記述が多かったです。
右手側に回り込んでみます。

そして正面に!
アニメの中のガンダムっていうのは、もちろんこんなにディティールなんか無くて
のっぺりと描かれていたりするわけです。
パネルを細かく分割してみたり、このサイズに合った解釈を現実に展開しているのは、とても面白いです。
ちなみに、このお台場のガンダム以外にも例えば栃木県のおもちゃの町なんかにも
実物大サイズのガンダム(の胸像)があったりします。そちらはアニメに近いイメージです。
少し後ろに下がってみました。
真下に来てしまうと、ガンダムの顔は全然見えないのです(笑)
ガンダムの大きさやディティールを堪能できて満足です♪


2012/08/08

SONYの新レンズの噂

Hmmm….an impossible lens rumor? | sonyalpharumors

以下のレンズの噂ですね。
以前から流れている噂もありますが、Eマウントの16-50mmがF2.8だとか、少し内容が変わってきていたりします。

・E16-50 F2.8 OSS
・E35/1.8
・E11-18 F3.5-4.5
・A50/1.4 SAM with all time manual focus
・A50/1.2 ZA Planar SSM
・A70-400 GII

個人的にはEマウントは所有していないマウントなので、割とどうでもいい(笑)のですが、Aマウントの50mmは、本当に2つも登場させるのですかね!ずっと一貫した噂なので、現実味が増してきました。

50mmf1.4はSAMですか、最近のSAMらしく、フルタイムマニュアル可能ですね。
SAMって聞くだけで「フルタイムマニュアルできないのかよー」みたいなネガティブ発言をする人を某掲示板等でも見かけますから、SAMっていう名前を変えてあげた方がいいんじゃないかとか思っていたりして(笑)SAM2でもいいと思いますし。

もう一つの50mmf1.2はSSMのプラナーですね♪これは期待しています。
絞り開放も使い物になるのか?そこはSONYだけでなく他メーカーのカメラユーザーの方も気になる点ですよね。f1.2というと、絞り開放はアマアマなレンズばかりですしね。

ところで、ツアイスの基準には、いわゆる「解像度」を評価する項目は無いそうです。ソースは忘れましたが、ソニーとツアイスの対談みたいな記事だったようなうろ覚えです。
「コントラスト」の基準はあります。コントラストが見た目の精細感に与える影響についての哲学があるような事を何かで読みました。うろ覚えばかりですみません(笑)
この50mmf1.2はどう見せてくるレンズなのか、やはり気になるわけです。

あと、最後の70-400mmは、もしかして現行型が新品で安く買えるチャンス!?という事で少し気になります(笑)
大きいし、銀色が目立ちますけど、いいレンズらしいですもんね♪

2012/08/07

diversity

東京出張してきました。
最近更新が少なかったのは、この出張の為の追い込みがあったから。。。という事にしておきます(笑)
あとは、家族スナップばかり撮っていたので、ブログにアップするネタがなかったというのもありますが。

東京出張は、荷物もそれなりに多かったので、カメラは最小限に考えて、SONYのA550とSIGMAの30mmf1.4の組み合わせだけをカバンに放り込んで行ってきました。

たまたま宿泊したホテルからの交通の便が良い事もあり、夕食ついでにお台場へ。
夕方6時くらいでしたが、まだ明るく、また日曜日だったので人の引きも早かったようで、リアルサイズガンダムを満喫できました♪
以前お台場に初めて建ったときにも見たのですが、明るい時間に見たのは初めてで、ディティールを楽しめたのが良かったです。
A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
A550 + SIGMA 30mmf1.4 (30mmF1.4ExDc)
ご飯を食べに来たのが主目的だったので、サラサラっとスナップシュートして退散。
というか、一眼レフでパシャパシャ撮っているのがなんとなく恥ずかしくて(笑)

それでもネタはもう少しあるので、今回はダイバーシティを背景にイラストっぽいイメージで、次回はもう少しガンダムに焦点を当てた写真をアップしようかと思っています。


2012/08/03

マーケットから見たデジカメの世界(コデラノブログ4さんより)

コデラノブログ4 さんの記事より
マーケットから見たデジカメの世界《第1回》
マーケットから見たデジカメの世界《第2回》
マーケットから見たデジカメの世界《第3回》
マーケットから見たデジカメの世界《第4回》

これは読み応えがあったのでご紹介です。

個人的には第3回の女性とカメラについての話は、特に面白かったです。
まさに、我が家の場合、私はカメラという機械が好きだし、撮るのが好きです。
モニタで見るのと現像したモノでは印象も違うので、現像してもらうのも好きです。
嫁様は、どう飾りたいとか、どういうアルバムにしたいというイメージまで持っていますね。機械とか撮影法についてはそれ程でもないです。

なので我が家では、私が撮りまくって、写真をセレクトして現像して、嫁様がアルバムつくりや額装する分担が自然にできています。

アルバムやフレームも、高額なものこそ買いませんが、シリーズで統一させたり、写真のイメージに合わせたり、拘りを持っているようです。
私の場合、味気ないファイルに綴じて終わりだったろうなと思うので、その点はとても感謝しています。

女性とアートフィルターというのは、マッチした機能なのだなと納得する部分でもあります。
やはりどういう風にアウトプットしたいというイメージを最初から持っているので、私の様にRAWで撮って後でいろいろいじって楽しむ何ていう作業は、必要性が低いのかもしれませんね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...