What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2012/02/29

センササイズシミュレータのその後

「センササイズシミュレータ」

と聞いても、ピンとくる人はほぼいないはずです。
私が過去記事で一回そう呼んだだけですから(笑)

A550の事です。
A550のライブビューは「クイックAFライブビュー」といって、原理的には他社のライブビューとは全く異なる方式です。(他者と似た方式の「MFチェックライブビュー」というライブビューもできます。ただしこちらはAF不可能。)

クイックAFライブビューは簡単に言えば、ファインダの近くにもう一つ小型の撮像センサーを搭載して、ファインダ像をモニタに映すライブビューです。
そのため、メインの撮像センサの幕は閉まったままですし、ミラーも降りたまま撮影スタンバイ状態です。
シャッターボタンを押せば、そのまま普通に撮影できます。

他社の方式は、メインの撮像センサに写る像をモニタに映すライブビューです。
見える画像はもちろんこの方が美しいです。比べようもありません。
ただし、メインの撮像センサ(一つしかないのにメインというのもおかしいですが)を使用するため、ライブビューするためには、ミラーアップ状態で幕を開けなければなりません。
そのため、シャッターボタンを押すと、一度ミラーが降りてスタンバイしてから、またミラーをキックアップという二度手間になり、ワンテンポ遅れたタイミングでの撮影になってしまいます。
とてもじゃないですが、これでは動く子どもを撮影するのはキツイです。
また、同時に起こる問題として、メインのセンサを常に使用し続ける事で、発熱(バッテリーの消費)が大きいです。

要するに、A550のライブビューはファインダを覗いたときと同じ感覚で普通に使えるライブビューだと言いたかっただけです。

そして、冒頭で出てきた「センササイズシミュレータ」というのは、このクイックAFライブビューのときに使用できる「スマートテレコンバータ」の別名です。その辺は過去記事を参照。

これがなかなかつかえる!

要するにトリミング撮影ですが、想像していたよりも役に立つ機能だったのです。
何が一番便利に感じたかというと、やはり被写界深度のコントロールです。

F1.4のレンズあたりを使うと如実ですが、何もボカしたいがために、いつでもF1.4を使用したいわけではなく、単純に明るく撮影したい場合というのもあると思います。そしてF1.4とかだと50mmのレンズでも被写界深度が浅すぎて少し困る場面も私はありました。

そこでスマートテレコンバータです。
「1.4倍モード」でだいたいフォーサーズセンサに近い被写界深度、「2倍モード」でNikon1に近い被写界深度を理論上は得られるわけです。(もちろんワーキングディスタンスが長くなる前提です。)

シャッタースピードはそのままに被写界深度を深くできます。
少し暗めな室内での撮影では、本当に役に立ちました。

感覚的にも
  • 「1.4倍モード」でF値1段分くらい上げた被写界深度
  • 「2倍モード」でF値2段分くらい上げた被写界深度
が稼げているように感じます。理論的にそうなのですから間違いはないはずですが(笑)

「35mmフィルム換算」という用語はよく見かける方も多いと思いますが、あれは画角だけにかかっていて、被写界深度も換算してあげるとすれば(30mmF1.4を例にします。)
  • 135フィルムサイズセンサ : 30mmF1.4
  • APSフィルムサイズセンサ : 45mmF2相当
  • 1.4倍モード : 60mmF2.8相当
  • 2倍モード : 90mmF4相当

※換算F値は厳密ではなく近い値で置き換えています。また、被写界深度から見た換算F値は以上のようですが、シャッタースピードから見たF値はF1.4のままです。

これを利点としてとらえるかは各人に任せられると思いますが、私個人的には有用でした。
こんな使い方もあるよと、頭の片隅に置いてもらえると、非常時に役に立つかもしれません。

Nikon1をわざわざ買う理由もなくなりました(笑)


今日は雪の降らない雪国

A550 + SIGMA 30mmf1.4
GIMPの油絵エフェクト
雪だるま弁当
普段キャラ弁なんて作らない嫁様なので、ちょっと感動♪
私の住む雪国で雪は降っていませんが
関東では少し降っているようですね。

雪に不慣れな方も多いでしょうから気を付けてください。
自分が大丈夫でも、もらい事故というのもありますからね。

知ってか知らずか、今日の子どものお弁当は
「雪だるま弁当」でした(笑)

おなかの飾りは。。。豚の鼻じゃなかったけw
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

液晶保護フィルムを買い漁ってみました♪

SD1Merrill用に、SD1の液晶保護フィルムを2枚(予備含め)
DP2の液晶保護もぼろぼろなので1枚
K-r用も1枚

ドバシドットコムで注文しました(*´_⊃`)
何故だかどれも75%前後お安くなっていて、送料も無料だったので、迷わずポチ♪

yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

CANON EosKissX3 の ○ × レビュー


CANON EosKissX3 の ○ × レビューです。(2011年11月より使用中)
※使用していく中で気付いた事を随時追加していきます。
※最初は○と思っていた事も、時間が経つと×になる事もあります。そこはご容赦ください。
※私の主観的なレビューです。
※最終更新:2012/02/29

“ ○ ”なところ
  • 社外アクセサリーが豊富(さすが高シェア)
  • ムービーが撮影できる。
  • シャッターを押したときの一連の音が割と静粛(対A550、K-r)
  • まずまず小型軽量(対A550)

“ × ”なところ
  • コントロールダイヤルが個人的には回しにくい位置。
  • バッテリーが短い(対A550)
  • メモリーカードとの相性問題が多い。書き込みエラーを出しやすい。
  • 液晶が固定式。(X5でバリアングルになりました。)
  • 明るいレンズだとカマボコ型のボケになってしまう事も。
  • ライブビュー撮影は動体に向かない。(K-rと同程度)


SONY A900 の ○ × レビュー

SONY A900 の ○ × レビューです。(2011年8月より使用中)
※使用していく中で気付いた事を随時追加していきます。
※最初は○と思っていた事も、時間が経つと×になる事もあります。そこはご容赦ください。
※私の主観的なレビューです。
※最終更新:2012/02/29

“ ○ ”なところ
  • ファインダ(私の感性では、Eos5Dmk2、D700との比較で格段に上です。)
  • バッテリーがA550と互換。(A77とA65とも互換らしい。)
  • バッテリーが残量パーセント表示かつ信頼できる。
  • 意外とホワイトバランスが信用できる。
  • 操作性がとても良い。快適。撮影していて煩わしさを感じない。
  • グリップは太いが、とても持ちやすい。
  • アクセサリーシューのカバーが付属
  • リモコンが付属
  • 縦位置グリップもとても持ちやすく、操作系も横と違和感がない。
  • インテリジェントプレビューは実は凄い発明だと思う。
  • Dレンジオプティマイザーの効き具合も絶妙。
  • 高画素数が写す密度の高いデータは迫力があると思う。
  • 20年以上前のMINOLTAレンズもサポート。しかも手ぶれ補正可能。
  • ファイルサイズが小さい「cRAW」が選べる。

“ × ”なところ
  • ライブビューができない。
  • ムービー撮影ができない。
  • バッテリーの持ちがA550と比較してしまうと短い。
  • MSProDuoとCFのダブルスロットは微妙。
  • メディア間のデータ移動ができない。
  • 2つのメディアに並列書き込みできない。
  • シャッターを押したときの一連の音がとてもうるさい。
  • ユーザー設定登録が3個では、個人的には少なく感じる。
  • フラッシュは内臓があってもいいとおもう。(ファインダを犠牲にしなければ)
  • 個人的には上の液晶はあまり必要ないと思う。違うボタンが欲しかった。
  • ユーザー設定で記録メディアの選択も記録できたら最高だった。
  • 他のαシリーズとファイル名が同じ「DSC~」で、併用していてファイル名が被る事があるのは重大な欠点。ファイル名はある程度選択できるようにすべき。


PENTAX K-r の ○ × レビュー

PENTAX K-r の ○ × レビューです。(2011年7月より使用中)
※使用していく中で気付いた事を随時追加していきます。
※最初は○と思っていた事も、時間が経つと×になる事もあります。そこはご容赦ください。
※私の主観的なレビューです。
※最終更新:2012/02/29

“ ○ ”なところ
  • 発色が好み。
  • ボディーカラーとグリップカラーのオーダーが可能。
  • 単三電池に対応できる。(別売オプション)
  • 小型だしレンズも小型なモノが多く、システムとして小型。
  • ムービーの撮影が可能。
  • 背面液晶は見やすい。
  • 背面液晶の明るさや色合いの調整が可能。
  • AF微調整が可能。

“ × ”なところ
  • ライブビュー撮影はとてもじゃないが動体は追えない。
  • バッテリーの持ちが短い。
  • 残量パーセント表示ではない。
  • 光量不足な条件だと発色がおかしくなる。
  • 背面液晶が固定。(A550はチルト)
  • 暗所では被写体の色温度によりAFが特にずれやすい。
  • 「AF測距点選択」と「ISO/WB等」のメニューが長押し切り替えは微妙。
  • シャッターを押したときの一連の音がうるさい。
  • コントロールダイヤルが初期不良だった。(事例も多いらしい。)

SONY A550 の ○ × レビュー

SONY A550 の ○ × レビューです。(2010年11月より使用中)
※使用していく中で気付いた事を随時追加していきます。
※最初は○と思っていた事も、時間が経つと×になる事もあります。そこはご容赦ください。
※私の主観的なレビューです。
※最終更新:2012/03/01

“ ○ ”なところ
  • ライブビュー撮影の快適さ、ラグが無い(対EosKissX3、K-r)
  • バッテリーが長持ち。1000枚以上余裕。
  • バッテリーがA900と共通(A77やA65も共通らしい)
  • バッテリーが残量パーセント表示で、しかも信頼できる。
  • MSProDuoとSDカードのダブルスロット。
  • 背面液晶は見やすい。(対A900、EosKissX3、K-rも同等)
  • 背面液晶がチルトする。(対A900、EosKissX3、K-rではリード)
  • スマートテレコンバータ(スマートズーム)は非常に役に立つ機能。
  • 20年以上前のMINOLTAレンズもサポート。しかも手ぶれ補正可能。
  • ライブビューを続けても熱上昇しない。(センサが別だから)
  • Dレンジオプティマイザーは効果が絶妙。

“ × ”なところ
  • シャッターを押したときの一連の音がうるさい。
  • ムービー撮影不可。 (EosKissX3、K-rは可能)
  • Pモードでプログラムシフトできない。
  • 背面液晶の色がPCでの色と違う。(私の環境の問題かも。)
  • ちょっと大きい。 (対EosKissX3、K-r)
  • あまりユーザーに解放されたパラメータが無い(対K-r)
  • MFチェックライブビュー時はAFできない。
  • とても便利なカメラだが、使用していて楽しい感じではない。
  • 他のαシリーズとファイル名が同じ「DSC~」で、併用していてファイル名が被る事があるのは重大な欠点。ファイル名はある程度選択できるようにすべき。



2012/02/28

長男の攻撃力

A550 + SIGMA 30mmf1.4
ワニワニパニックです!

懐かしい。私が小学生の頃、コレのミニチュア版(家庭用)を持っているくらい好きでした。
これも、一連の写真と同じように大型ショッピングセンターの遊具施設にて利用できます。
他には太鼓の達人などもありました。
入場料を払えばこれらのゲームも無料で遊べるというのが良心的♪

話はワニワニパニックへと戻ります。
長男はワニワニとの初対決です!

奥のワニを叩きつつ、視線は正面のワニへと向かっています!
マルチロックオン状態です!
初戦にしてこの冷静さ。。。
そして、叩く力も最初は力いっぱいでしたが、ワニのスピードが上がるにつれ、自分もスピードを重視して必要十分な力で叩くようになっていきます。。。

恐るべき適応能力です。

ワニが明日の我が身か。。。


長男の好奇心とタフネス

A550 + SIGMA 30mmf1.4
初めて見る遊具で遊ぶ長男。

これも少し前までは好奇心より不安が勝ってしまって、初めての遊具やおもちゃではなかなか遊べなかったのが嘘のようです。

幼稚園でいろんな友達とコミュニケーションをとるうちに、タフネスさを強化したのかな?

「少し前までは。。。」と連呼していると、自分が親になったのだなと身にしみます(笑)
私の親がよく言うセリフですから。


長男の手

A550 + SIGMA 30mmf1.4
大きくなった手

ボールを片手で2個つかんだりできる器用さと握力も身につけてきました。

ボール投げも少しずつ上達して、前に飛ばせるようになってきたね(笑)


長男の美的感覚

A550 + SIGMA 30mmf1.4
ひとつ前の記事で長男がブロックを持っていましたが、完成品がこちら。

少し前までは、ブロックを上に重ねていくだけで満足していたと思ったのですが、何かしらのテーマ性を持った作品を作るようになってきました。
また、テクニカル面(三角ブロックの使い方)にも拘りが見えます。
後ろのツインタワーの屋根の向きや、シンメトリカルなバランスも何度も修正していました。

この点、嫁様の性格には似ていない。。。

親バカ的な作品解説でした(笑)


長男の一年

A550 + SIGMA 30mmf1.4
ひなまつり発表会後に大型ショッピングセンターの遊具施設にて
先週の土曜日は、子どもの幼稚園で「ひなまつり発表会」があり、ずっと練習していた劇を見せてもらいました。

私の子は「うさぎ」の役で、ぴょんぴょん跳ねたり、誰より大きい口を開けて歌を歌ったり、最後の退場では何故か誰かれ構わず手を振って愛想を振りまいていました(笑)
とても楽しそうにしている我が子を見て、幼稚園がマッチしていて良かったと思ったのでした。

昨年4月に入園して、その時はまだ2歳半にも満たなくて、写真で見返すと背も低く、言葉もほとんどしゃべれませんでしたが、それが今では普通に会話もできるようになり、1年という歳月の密度や貴重さを再確認させられます。

私は逆に、子どもたちが産まれてからというもの、あっという間に時間が消費されてしまっているなと感じていて、まさに転がるように過ぎゆく日々です。
子どもの急速な成長を見せられると、自分も同じくらいのスピードで成長し続けたいと、競争心みたいなものが沸々と(笑)

仕事のスキルアップもしたいし、写真のスキルアップもしたい、子どもたちともっと一緒にいたいし、嫁様も大切にしたい。
やりたい事はたくさんあるなと再認識しました。



2012/02/27

CFを持っていない!

SD1Merrillの予約をしたのは良いのですが

CFを持っていない事を後から気が付きました!
SONYのA900を使用しているくせに、ほとんどメモリースティックでした(笑)
これからはSD1Merrillとも共用可能になりますから、CFを買おうと思います。

色々情報を探してみると、400倍速でも600倍速でもSD1ではCF書き込みスピードがほとんど同じらしいので、Merrillでも同様でしょうから、とりあえず400倍速を選ぼうかと思います。

た、1枚のファイルサイズが最大でRAWで60MB前後、JPEGで10MB前後にもなるらしいですので、私の場合RAW+JPEGで撮影すると思いますので、64GBを用意すれば1000枚くらい撮影できるはずですから

64GB、400倍速 (ただし安いモノw)

を準備しようと思います♪
トランセンドとか。。。使った事ないけど大丈夫かな(´<_` ;)
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

物欲2012年

2012年に購入したモノの記録 (随時追記)

カメラ関係
  • SIGMA SD1Merrill
  • SIGMA 150mmf2.8 (ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsm) 【SA】
  • SIGMA 18-250mmf3.5-6.3 (18-250mmF3.5-6.3DcOsHsm) 【SA】
  • SIGMA 35-135mmf3.4-4.5 (ZoomαAF) 【A】
  • SONY HVL-43AM (フラッシュ)
  • SONY DSC-RX1
  • SONY ECM-CG1
  • OLYMPUS E-M5
  • OLYMPUS M.ZD12-50mmF3.5-6.3ED
  • MINOLTA A7000
  • HAKUBA モノスタンド10シルバー
  • VLASHER (カメラストラップ)
  • CIESTA (カメラストラップ)
  • ZKIN (カメラストラップ)

家電
  • PRODIA PRD-LH132B (FullHD 3DTV)
  • BUFFALO HD-CL2.0TU2/N  (2TB HDD USB2.0)
  • SONY VAIO Cシリーズ VPCCB4AJ (2012年春 15.5型 カスタマイズ)
  • HITACHI BW-D7MV (洗濯乾燥機)
  • HITACHI HD-N5600 (ヘアドライヤー)
  • BROTHER LB800Pu (コンピュータミシン)
  • NINTENDO 3DSLL (限定マリオデザイン3DS)

その他
  • フジテレビ アナバンカレンダー2012
  • エルグランド用夏タイヤ4本 (走行43000km程度、アライメント調整もした)

ベストバイ2011年

2011年ベストバイ

第1位 SONY A900    
第2位 DYSON DC26   
第3位 Eye-Fi ConnectX2


第1位:SONY A900
 このカメラの購入をきっかけに、写真を撮るという事にハマりました。 まさに私のライフスタイルを変えた、文句なしに2011年ベストバイ1位です。 ファインダを覗くだけで感動したのはこのカメラだけです。
 SONY16-35mmf2.8と同時に購入しましたが、レンズとカメラの組み合わせと、撮りたいモノがマッチするとこんなにも素敵な写真が撮れるのかと、後のレンズ収集のきっかけにもなりました。


第2位:DYSON DC26
 これは掃除機です。たまたまそれまで使用していた掃除機のパワーが落ちてきたため買い替えたモノです。これもまた、私のライフスタイルを変えたという意味で、ベストバイ堂々の第2位です。
 正直掃除とかは好きではありませんが、DYSONは違います!これこそまさにオトコの兵器(笑)
 騒音はかなりのものですが、その大音量と吸引力がオトコ心に火をつけます!掃除をしているうちにテンションが上がってきて「もっとやる!」「もっと吸ってやる!」と軽いトランス状態!楽しくなりますよ。
 全てのオトコはDYSONを使うべきだ!(女性でもいいですけど(笑))


第3位:Eye-Fi ConnectX2
これは、今やよく知られるところとなったSDカード型のデジカメ写真自動送信機です。ある意味ライフスタイルを変えたというか、生活を楽にしてくれたアイテムです。
 それまでは、PCに移すのが面倒で、溜め込んでいて忘れるなんて事もあったデジカメデータもカメラの電源さえ入れておけば、自動で転送。日にちでフォルダを自動作成してくれたり、非常に便利です。
 私の場合は、リビングでの子どもたちの撮影も日課ですので、撮影してすぐにPCに転送されて、その日に子どもたちを寝付かせた後に観賞するのが毎日の楽しみです♪

総括
 2011年は、本当に 散財 良い買い物をたくさんできました。このベストバイの3位内には入っていなくても、買ってよかったと思える物は多かったです。では、選ばれた3つのモノは何が違うかと言えば、私のライフスタイルに大きな影響を与えたという事です。
 レンズやカメラもたくさん買いましたが、それはA900の購入をきっかけに、たくさんの写真を撮影するようになりましたし、様々なレンズに興味を持つようになった結果です。逆にA900を購入していなければ、それまで通りA550で「なんとなくブレないで写っていればいいやな写真」を撮っていたに違いありません。 DYSONを購入していなければ、こんなに隅々まで掃除していなかったと思います。 Eye-Fiを購入してなければ、劇的に撮影枚数が増えた写真にうんざりしていたでしょう。
 本当に、この2012年2月現在の生活は、これらの製品なくしては語れないと言えます。
 2012年も「買ってよかった」を探していこうと思います。




2011年に購入したモノの記録(思い出し次第追記)

カメラ関係

Aマウント
  • MINOLTA A7000(故障中)
  • SONY A900
  • MINOLTA Xi28-80mmf4-5.6 (パワーズーム)
  • MINOLTA 35-80mmf4-5.6 (レンズバリア)
  • MINOLTA 35-105mmf3.5-4.5 (故障中)
  • MINOLTA 50mmf2.8macro
  • MINOLTA 70-210mmf4
  • MINOLTA 200mmf2.8 (HighSpeedApo200mmf2.8G)
  • SIGMA 30mmf1.4ExDc
  • SIGMA 50-200mmf3.5-5.6DcHsm
  • SIGMA 70-300mmf4-5.6DgMacro
  • SONY 16-35mmf2.8 (SAL1635Z)
  • TAMRON 28-105mmf4-5.6
  • TAMRON 28-200mmf3.8-5.6
  • TOKINA 60-300mmf4-5.6 (SZ-X630AF)
EFマウント
  • CANON EoskissX3
  • CANON 45mmf2.8 (TS-E45mmF2.8)
  • CANON 50-200mmf3.5-4.5 (EF50-200mmF3.5-4.5)
  • SIGMA 15-30mmf3.5-4.5ExDgAspherical
Kマウント
  • PENTAX K-r (18-55mm kit PINK)
  • PENTAX 35mmf2.4 (DA35mmF2.4AL)
  • TOKINA  60-120mmf2.8 (AT-X120)
  • TOKINA  28-70mmf2.8 (AT-X270)
その他のカメラ
  • SIGMA DP2
  • MINOLTA X50
カメラ周辺等
  • 防湿庫 (HAKUBA)
  • カメラバッグ x3 (SIGMA、TAMRON、HAKUBA)
  • カメラアーマー (EosKissX3用)
  • 一眼レフストラップ (A900用、K-r用)
  • Eye-Fi ConnectX2 (4GB)  x2
  • ガングリップ (α用)
  • その他フィルター 
  • その他メモリーカード 
家電
  • 掃除機 x2 (DYSON、PANASONIC)
  • ノートPC冷却台
その他
  • フジテレビ アナバンカレンダー2011

2012/02/24

ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsmを選んだ理由

Sigma AF 150mm f/2.8 EX DG HSM APO Macro OS (Canon EOS) - Review / Test Report -

このリンクのテストレビューがダメ押しとなりました。

元々SIGMA社のSD1のフォトギャラリーの萩原 和幸さん、森 健児さんのポートレートで使用されている、ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsmの作例を見てかなりグラグラ来ていましたが、上のリンクのレビューでも
super-apochromat
という表現が使われている通り、超APOな印象(←なにそれw)だったのです。

とにかく紫や緑の縁取りもほぼ見られないくらい少なく、MTF曲線についても最高レンズクラスの特性を数値的には発揮しているようです。
どうせSD1Merrillを使用するなら妥協したレンズ選びはしたくなかったので、一番好きな作例がたくさんあって、なおかつ数値的なスペックでも最高なレンズを選びたかったからです。
これでダメなら自分の腕が悪いだけだな、と逃げ道を失うだけかもしれません(笑)

超ロングなレンズフードも個人的には格好いいと思っています(*´_⊃`)


ただ、不安が無いわけではありません。
一番は画角です。150mmで単焦点ですから、被写体との間合いがうまくとれるかなということです。
私の場合は子どもたちの撮影が99%ですから、今まで70-300mmでズームを利用して撮影していた場面を、全て自分の足でかせがなければならないですからね。
あとは動きながら撮影したら、やはり手ぶれはどうかという事など、いろいろ使用してみないと分からない事がたくさんあると思います。

今までDP2で撮影するときは、歩きながらスナップできなくて、足を止めて体を安定させて、とにかく気を使って撮影していました。
150mmのレンズは手ぶれ補正のOS付きを選びましたから、それがどの程度許容範囲なのか探っていかなければいけませんね。

という訳で、当面はSD1Merrillは150mm専用で、標準域が必要なときはDP2を使うようにしようと思っています。

メインのAマウントの使用機会が減ってしまいそう(笑)


SD1Merrillとレンズを予約してきました♪

発売日前に予約して買うのは、実は初めてです(笑)

放出レンズ候補は
MINOLTA 200mmF2.8G
SIGMA 50-200mmF4-5.6
SIGMA 15-30mmF3.5-4.5
TOKINA 28-70mmF2.8

これでSD1MerrillとApoMacro150mmが入るくらいのスペースはできるかもしれません。


むふふ(*´_⊃`)

SD1Merrill
ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsm

予約&入金してきました♪
発売日が楽しみです♪

それまでに、防湿庫の中で眠ったままのレンズをいくつか整理しなきゃですが(´<_` ;)
オークションかなぁ
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

長男の幼稚園「ひなまつり発表会」の撮影機材

明日は、長男の幼稚園での発表会です(*´_⊃`)

何で撮影するか迷いどころなのです

ムービー:PENTAX K-r + 18-55mmキットレンズ
写真:SONY A550 + TOKINA 60-300mmf4-5.6

を二刀流でやろうかというのが、暫定的なプランです。

ムービーはHDクラス以上の高画素・高画質のカメラを持っていないため、ムービーまで一眼で代用しないと満足な画質で撮れないのが悩みです。
と幼稚園が照明は明るくないのに、窓から横向きの光が激しく射し込むのも、撮影難易度が高いです。

がんばらねば(´<_` ;)
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

2012/02/23

DP2S WHITE

파크의 오디오 & 공방 :: SIGMA DP2s 크림색으로 도색 및 리폼하기.

ハングルのリンクで分かりにくいかと思いますが、SIGMAのDP2Sを分解して白く塗装しています!

なかなかカッコイイと思いますし、こんなに内部の分かるサイトも他にないかもしれませんね。


SIGMA SD1 Merrill 発売日決定!値段も裏切らない!

SIGMA SD1 Merrill 発売日決定のお知らせ | 株式会社シグマ



ヨドバシ

SD1 Merrill [SD1 メリル ボディ]

特価:¥198,000 (税込)
10%還元 (19,800ポイント)

定価: オープンプライス
予約受付中
発売日にお届け
販売開始日:2012/03/09



キタムラとビックはまだ売価出てませんね。
予想通りの売価かと思います。
安いところは17万円台で売るかもしれませんね。

ApoMacro150mmf2.8ExDgOsHsmと合わせて換算25万円にしてくれるなら、予約してこようかな
(*´_⊃`)

本当に嬉しいニュースです♪


※追記
フジヤカメラ店 178,000円(ボディ)


DP2とSPPで遊ぶ♪

DP2
f4
トリミング無し
前回の記事のリンクでSPP(SigmaPhotoPro)の活用というか楽しみ方を少し勉強したつもりですので、自分でもトライしてみました♪

要するに「Fill Light」のパラメータを-2(-max)にして、コントラストと彩度は飽和しないギリギリに上げています。

何気ない牛(←全然何気なくないw)のスナップもちょっと作品風に際立ったかと思います(笑)
これは面白いですね(*´_⊃`)

リアルな発色とは全然違うのですが、その世界と切り離してイメージを膨らませると、面白い写真が作れそうですね♪


2012/02/22

SIGMA Photo Pro の楽しみ方

Colors of Seasons : SIGMA Photo Pro の楽しみ方☆

このリンク先がとてもわかりやすいです♪

TwitterのSIGMA社長さんのリツイートから発見しました。
まさに社長さんの太鼓判(笑)

正直SPPについては使いこなせていなくて、いつも困っています。
このページを見て勉強しよう。

それにしても作例もカッコイイです。


DP2の解像感レビューみたいな。其の二

撮影日も違ければ、条件や拡大率も別ですが、トリミングで見える範囲を揃えています。揃える程度なので極端な切り出し倍率ではありません。
EosKissX3 + TS-E45mmf2.8
f8

DP2
f5.6
実物の見た目の色はCANONの方が近いです。

たぶんL版に現像したところで、撮影した本人以外には、そんなに違いは分からないんだろうなとも思いました。
「どっちがDP2?」とクイズを出されたら、比較すれば分かる人もいると思います。

写真をクリックして拡大表示してもらうと差が分かります。
TS-E45mmf2.8はピントがあってない事もバレます(´<_` ;)

DP2は発色の調整については難しいのですが、色の分離は良いですね♪


2012/02/21

DP2の解像感比較レビューの補足

どのくらいトリミングしていたか分かるように、トリミング前の写真も上げておきます。
DP2
f2.8(開放)
やっぱり凄いカメラですね。


秋葉原に泊まるんだったら。

メイド喫茶へ。。。
ガンダムカフェのハロラテ
EosKissX3 + TS-E45mmf2.8
は行きません(´<_` ;)さすがに恥ずかしいし。

「ガンダムカフェだって恥ずかしいでしょ」という話はなしで(笑)


DP2で解像感比較レビューみたいな

先日、東京に出張した時に
  • EosKissX3 + TS-E45mmf2.8
  • DP2
を持って行ったのですが、東京は雪が降る程天気が悪く、晴天の日が一日もなかったため残念ではありました。
宿泊したのは秋葉原の「ヴィアイン秋葉原」という新しそうなホテルで、施設もまだまだ綺麗。そしてなんと浴室の窓からはスカイツリーが望めました。贅沢な気分を味わえましたよ♪

せっかくなので、その浴室から(窓が開かないため窓越しに)スカイツリーを撮影してみました。
とても小さく写ってしまうため、厳密ではありませんが、同じような大きさにトリミングしています。

EosKissX3 + TS-E45mmf2.8
f2.8(開放)

EosKissX3 + TS-E45mmf2.8
f8

DP2
f2.8(開放)

DP2
f8
DP2に関しては、若干シャープネスを上げています。
まだじっくりRAW現像する時間がないので見やすいコントラストや明るさにしてトリミングしただけです。それにしてもDP2の方の色は酷い(笑)というか安定しません。

TS-E45mmf2.8は換算画角71mm程度
DP2は換算画角41mm程度

KissX3は約1500万画素
DP2は約500万画素

という事になりますから、DP2の方が圧倒的に拡大率が高いです。(たぶんこのブログ表示でも100%に近いです。)シャープネスいじっているとはいえ差が歴然ですね。

今回本当に久しぶりにDP2を持ち出したのですが、はっきりクッキリは素晴らしいです。
そして色の調整が本当に難しい。少なくともSigmaPhotoPro4では、私はまともな色にする事ができません。何かの色を合わせると、別の色が犠牲になるというか(笑)経験知不足ですかね。



SD1レビューを漁りまくる。150mmf2.8macroがスゴイ!

SIGMA SD1 フォトギャラリー 萩原 和幸 | 株式会社シグマ

とにかく上のリンク先の作例を見て驚きました。

中でも150mmf2.8ApoMacroExDgOsHsm(長いw)の作例には、驚き過ぎて、引きました(笑)

うぶ毛、毛穴、カラーコンタクトレンズの模様。ここまではっきり写ってしまうと、スゴイを超えて

「悪趣味」

ととられかねない。などと思ってしまいました(笑)


このページには80mmf1.4や50mmf1.4等の作例もありますが、150mm程の解像感と言いますか、はっきり感というのは無いように見えると思います。恐らく誰が見ても分かるレベルです。

ちなみに、SD1のカタログでは、85mmと70mmの作例がほとんどで、一部小さな写真で50mmの作例という3種類のレンズと組み合わせた作例しかありません。
初めてカタログを見たときは、それでも驚きでした。

リンクで紹介したフォトギャラリーでは、文脈からおそらく手持ち撮影であることがうかがえます。

もしかすると、150mmだけOS(手ぶれ補正)付きなので、その効果が大きいかもしれないとも思いますし、85mmと50mmは紫や緑の縁取りが見られるのに対して、150mmでは少なく感じます。これはAPOの効果なのでしょうか?

カタログ写真の85mmや70mmは、もちろん三脚など万全の固定をしてブレを抑えて撮影していると思いますから、甘い感じはないです。
また、SD1フォトギャラリーで、このポートレート以外の作例では150mmを使用したネイチャー写真もありましたが、そちらはポートレートほどの強烈なはっきりクッキリ感はないです。
これはシャッタースピードが稼げなかったからというのと、おそらくOSを切っているのだと思います。(三脚使用時は切るものですかね?)

また、70-200mmf2.8(これもハイレベルなレンズの代表だと思いますが)のネイチャー作例もありましたが、150mmと比べてしまうと一段落ちるというか、単焦点とズームの違いなのかと感じる部分かもしれません。

なんだか、重箱の隅をつつくような事をしていて恥ずかしいのですが、レビューや作例を漁っているうちに、SD1Merrillを買うなら、どんなレンズを組み合わせたいかという方向性がやっと固まってきました♪
  • APO
  • OS
  • 単焦点
これらがキーワードになりそうです。あとは自分の好きな画角域に落とし込めるかどうかですね。


2012/02/20

IXY3レビュー記事発見♪「黄金比デザイン」

デザインの根本に「黄金比」を意識しているとか
そういうの好きなんですよね(*´_⊃`)
基本図形の集合で構成されるデザイン♪

ここ最近で言えば「黄金の回転」とか。。。って違うか(笑)ジョジョネタでした。

この手のデザインはPENTAXのK-01に期待した路線だったのですが、モードダイヤル等若干うるさい小細工が多いのが気に入りませんでした。

コンパクトデジカメってあまり興味が無い分野ですが、今度見に行ってみようかな。


【新製品レポート】
究極の四角形を実現したボディが話題のキヤノンの新型コンパクトデジカメ 「IXY 3」をご紹介!
光学ズーム域を超えたデジタルズームでも、解像感をキープして撮影できる『プログレッシブファインズーム』など真新しい機能が満載です!
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=679/?cid=all_gplus_kakaku
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

「あ、阿部礼司」の選曲

私、「あ、阿部礼司〜」っていうラジオ番組が好きで、よく聴きます。
(と言っても録音して欠かさずってわけではなく、聴けるときは聴く感じです。)

先日の劇中挿入歌

M1:春一番/キャンディーズ
M2:まちぶせ/荒井由実
M3:SPY/槇原敬之
M4:BAD/Michael Jackson
M5:プラスティック・ラブ/竹内まりや
M6:I Will Always Love You/Whitney Houston
M7:グローリー・デイズ/中西圭三
M8:ガッツだぜ!!/ウルフルズ

プラスティック・ラブ♪やられました。大好き(*´_⊃`)
たまにこういうツボにハマる曲も流れるからいいんですよねー。

yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

2012/02/19

東京に持って行ったカメラたち。

結局、荷物が多くてEF50-200mmf3.5-4.5Lは持って行く事ができませんでした。
仕事がたまっている為、撮影した写真も整理できてません。
 天気にも恵まれず枚数も全然撮れませんでした。残念。 曇天ばかりでしたが、ホテルの部屋の窓からスカイツリーが見えた事が本当に嬉しかったです。

下のGoogle+のつぶやきは、携帯のカメラで撮ってみた写真です。
携帯のカメラと言っても、意外に暗所でも撮影できるのですね!ビックリしました。

東京に持ってきたカメラたち。

SIGMA DP2
CANON KissX3 + TS-E45mmF2.8

重い思いをして持ってきたのに、全然撮ってないです。
まぁ仕事で来てるわけですからね。

明日こそは(*´_⊃`)とるぞー
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

2012/02/10

SONYを深読み

『CP+ 2012』レポート:C-TECバックルーム3:So-netブログ

ソニーストアの方のブログです。当然のようにSONYを中心にCP+のレポートをされています。
今回、話題性ではSONYは完全に存在感を失っているかのようにも感じてしまいましたが、500mmf4て、すごいレンズだと思いますし、オリンピックイヤーだから、とても真っ当な新製品の発表だったはずですよね!?

ですが、この方の記事を読んで気になったのはそこではなくて、Eマウントレンズのロードマップ更新についてです。

今年、2012年に新しい標準ズーム、高倍率ズームレンズが発売されることになっています。すでにSEL1855やSEL18200があるのになぜまた同じ様なレンズを!?というところですが、こういうタイミングって、新しいボディが出るタイミングなんですよね。


あ、そうか!そういう見方があったんですね!
なぜまた同じ様なレンズを。。。というところで思考が止まっていました(笑)
そういう深読みもあったか。

A900も大好きですが、それを完全に超えて「A900なんてもういらない」と言わせてくれるカメラを期待してますよ♪


価格.com PRODUCT AWARD 2011

どうでしょう?
おもに「カメラ」ですが、私の趣味が悪いのか、かなり予想外に感じました(笑)

【お知らせ】
2011年にユーザーから高い支持を受けた製品を、カテゴリ別に表彰する「プロダクトアワード2011」を大発表!
http://kakaku.com/productaward/?cid=all_gplus_kakaku
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

何しばり?

明日から雪山へ、週明けからは東京へ、一週間程度外出してきます。
よって、持って行く機材を選びました。

【雪山編】

A550 + TOKINA 60-300mmf4-5.6(SZ-X630AF) + ガングリップ

前回も使用したこのセット一発で行こうと思います。雪山でレンズ交換なんて絶対しないので決定。
しかも、今回はクローズアップレンズNo.1もポケットに忍ばせていこうと思っていますので、休憩時間等でのテーブルフォトや、プライベートディスタンスでの撮影もバッチリこなせるはず♪

宿泊施設では光量不足が予想されますし、外部フラッシュを持っていくか、SIGMA30mmf1.4を持っていくかと言ったところですが、最近SIGMA30mmの発色に飽きてきてしまったので、フラッシュの方が楽しめるかなと思っています。ちなみにHVL-F43AMです。


【上京編】

KissX3を軸に
  • EF50-200mmF3.5-4.5L
  • TS-E45mmF2.8
オマケでDP2を持っていこうと思います。SD1Merrillを手に入れるまでにFoveonセンサの出力する画像を思い出すためです。(なんか、色空間が特殊過ぎて苦行を味わいそうですけど)
SD1Merrillをすっかり買う気でいますが、DP2のダメな部分に懲りて、欲しい気持ちがしぼんでしまったらどうしよう(笑)
また、上京は仕事で行くので、撮影を楽しめるのは主に夜になるかと思いますので、こちらも適当な外部ストロボを持っていくかと思います。


さて、ここまで読んでお気づきの方もいるかもしれませんが、広角系の持ち出しが一本もありません。
今回は、機材を縛って使いこなしの練習をしたいために、あえて持って行きません。
いや、本当はカメラ以外の荷物も大量なので、これ以上は無理という話でもありますが(笑)

上京したら、久しぶりに子どもたち以外のモノを撮影するので、楽しみです。
考えてみると、私の写真の99%以上は子どもの成長記録なので、ブログに載せる様な写真が全然ないのでした。ブログを始めた今、ネタ仕込みにも丁度いいかも♪


EFマウントとSAマウント

GANREF | なんちゃってマウントアダブタ

こんな手もあるんですね。

EFマウントとSAマウントのフランジバックが同じなのは知っていましたが、SIGMA製のレンズならそのままお手軽に交換可能なんですね。

大量に販売の見込めるマウントとほぼ同一で、一部差し替えでバリエーションとして生産できるなら、SIGMAが独自マウントを持つ事にも妙に納得がいきます。
果たして最初から狙ってやった事なのか、それとも何かの副産物として結果オーライなのかは知り得ませんが、こういうカラクリでSAマウントレンズがラインナップできるのですね。

これで、ある程度CANON用とSIGMA用のレンズが共用できるなら、SD1Merrillも買いやすいです♪


CP+2012のレポート記事を読み漁る

行きたいですが予定があるんです。
月曜日には上京するんですが、イベントは週末まで。
レポート記事を読み漁って満足するしかないですね。

【イベントレポート】
大盛況!カメラと写真の総合展示会「CP+2012」に行ってきました!
注目の新作の中から、ニコンの新型デジイチ「D800」「D800E」などなど、特に見逃せない6大展示をご紹介します!
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=670/?cid=all_gplus_kakaku
yoyo yoyo さんの投稿を表示、コメント »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...